交流している団体のリンク

  • 流山市立博物館友の会
    ブログ主が所属する千葉県東葛飾地域で活動する文化団体。発足から50年近く郷土史の掘り起こしを中心に、様々な活動を展開している。
  • ダムダン空間工作所
    建築家石山修武氏が創設した建築設計事務所。那須のセルフビルドでは多大なご支援をいただきました。
  • 開拓工務店
    自宅のリフォームでDIY作業に協力してくれました。カナダで修行してきた棟梁のユニークな感性が光ります。
無料ブログはココログ
フォト

書籍・雑誌

2023年11月16日 (木)

地元の出版社がある幸福や安心感は、崙が消えて初めて分かった。

11月12日の朝、朝刊を開いたら、ちば版のページに「ひとりの出版社 世界を変えたくて」と見出しが目に飛び込んできて

堀郁夫さんという若手の編集者が流山で出版社を立ち上げたという記事を発見した。

郷土出版の崙書房出版が消えて4年あまり、地元の本屋や古本屋も次々に閉店している。

コロナ禍が始まってからは、東京に行くのが億劫になり、サラリーマンを卒業して定期券もないので、池袋ジュンク堂通うこともなくなった。

そうだ!応援する会メンバーとして経営会議にも参加していた那須ブックセンターも2021年末に閉店したんだった。

ぼくが那須から引き上げたのは、それも大きな理由のひとつ。

先日、参加した東葛出版懇話会では、暗い話題ばかりで、ため息をつく老人の会といった雰囲気が漂う。

こうして、ぼくの回りの本を取り巻く状況は、寂しくなるばかりだ。

そんな状況だっただけに、流山おおたかの森で図書出版みぎわさんが開業したというニュースに心躍った。

記事によれば、今後は千葉や流山に関する本の出版も計画するという。

図書出版みぎわ

試しに、3冊ネット上のみぎわ書店から購入したら、「こんな本が作りたい!」リストがあって、僕の好きな本も2冊選ばれている。

そして、本の装丁のセンスがいいことに驚いた。

Photo_20231116182101

平野甲賀が大好きで、大枚をはたいて彼が開発したコウガグロテスクまで購入したくらい、ぼくは装丁にこだわりが強いのだ。

ぼくの私設図書館本とカタツムリでは、これから図書出版みぎわさんの本はすべて、読めるように揃えてゆきたい。

自分なりに応援はしていたけれど、ぼくたち読者(著者でもある)が崙書房出版を守りきれなかったことを、いまも後悔している。

地元の出版社がある幸福や安心感は、崙が消えて初めて分かった。

だからこそ、今度は後悔しないように、みぎわさんを応援してゆきたい。

今日はロックロックした曲が聴きたいので、だいぶ古いけど、ザ・ローリング・ストーンズの「ジャンピン・ジャック・フラッシュ」

 

 

 

 

 

2023年9月 5日 (火)

『ヘリテージマネジメント』という本を読んで、目から鱗が落ちました。

夏が終わりますね。

年々、暑すぎる夏が苦手になってきて、ブログを書くのも億劫になります。だから夏の間はブログはお休みしてました。

冬は寒くて辛いので、最近は、夏になる前の梅雨時が一番好きだったりします。実に不思議です。

それはさておき、大好きなバスケットボールのワールドカップも終わってしまい、仕事に頑張る季節が到来しました。

現在、たくさんの仕事を抱えていて、バタバタしていますが、前回も書いたように、流鉄およびその周辺地域の研究はライフワークとして、細く長く取り組んでゆくことにしました。

この夏は、割と多くの本を読みましたが、

松本茂章編著『ヘリテージマネジメント』(学芸出版社、2022)

Photo_20230905203101

に一番刺激を受けたかな。

サブタイトルが「地域を変える文化遺産の活かし方」で、まちづくりやエリアリノベーションと、文化遺産の継承は別物と考えていた自分の浅はかさに気づかされ、目から鱗が落ちました。

ヘリテージマネジメントという言葉だけは、けっこう昔から聞いていましたが、海外の事例ばかりでした。

それが、やっと、日本各地でも事例が出てきて、日本初のヘリテージマネジメントの教科書が昨年出版されたというわけです。

あまりに身近すぎて、気がつかずにいたのですが、流鉄およびその周辺の景観まで含めて、立派な文化遺産なのです。

前回紹介した流山駅におけるmachiminの活動も、ヘリテージマネジメントだと思います。

いままで、地域史や産業遺産や建築まちづくりについて、個別に趣味的に勉強してきたけれど、東葛地域に戻ってきて、流鉄と再会したことで、一気にそれらが一つのテーマとして、目の前に立ち上がってきたような気がしています。

もう少し勉強を進めて、近い将来、それらをまとめて、発表する機会を持ちたいと考えています。

このブログでも、少しずつ、発表したいと思います。

今日の音楽は細野晴臣の「僕は一寸・夏編」です。

夏の終わりにぴったりな曲で、アルバム「hochono house」で、一番好きな曲です。

 

2022年5月 7日 (土)

奥市川Tree-Bさんとコラボで、新しいリトルプレスを作ります。

那須高原で、今夏「きつねまちとしょかん」を始めることにした矢先、近隣の那須塩原市高林という町で、閉店した駄菓子屋を復活させて、ロッカーサイズ4個分の小さな空間を貸し出すので、お店を出さないかとの話が舞い込んできました。

「きつねまちとしょかん」は別荘地のルールで、営利目的の活動は出来ないから、その場所をライブラリーショップとしようと決めて、5月から開店しました。図書館が開館するまえに、ライブラリーショップだけ、一足先に開店するわけです。しかも、クルマで15分くらい離れた、場所です。日本初の分離派図書館と、ひとまず、言っておきます。日本初じゃなかったら、ごめんなさい。

ということで、「きつねまちとしょかん」の開館向けて、いろいろ準備中ではあるのですが、地元の松戸市を含む奥市川エリアにオープンして、12年目になるカフェTree-Bさんから、以前作ったリトルプレス「懐かしき未來 その1」が完売したので、増刷して欲しいとの、ありがたいオファーをいただきました。

 

増刷は、大変ありがたいのですが、刊行後6年経過して、版元も青空公房からオオコバコに名前が変わって、少しだけど実績を積んでいます。

そして、何よりも主役のTree-Bさんや、そのTree-Bさんを取り巻く環境が、大きく変化しており、全面的に内容を見直す必要を感じます。

 

そこで、Tree-Bの星さんご夫妻と、久しぶりのコラボで、改訂版というよりも、新しいリトルプレスを制作することになりました。

一昨日、目の前で最後の店頭在庫が売れましたので、ボヤッとしている暇はありません。急ピッチで仕事して近々に発表します。

どうぞご期待下さい。

 

下の写真は、江戸川沿いの空き地にある「サクラベンチ」。

何気ない日常風景が、ちょっと見方を変えるだけで、生き生きしてくる。

Tree-Bさんらしい発見です。

この桜もリトルプレスで紹介するかもしれません。

Sakura-bench

今日の1曲は、自分と同年代のロックヒーローポール・ウェラーが、1980年代に作ったスタイルカウンシルの”My Ever Changing Moods”

還暦を過ぎても枯れない姿に、心打たれます。

 

 

 

 

2022年1月23日 (日)

思えば、ぼくは小さい頃から二拠点居住で、茨城の農村と東京を行き来して、都会の暮らしを相対視してました。

こんにちは。今年最初のエントリです。

夏からフリーになります。そこで、新しい活動を始めるために、年末年始のお休みを利用して、学生時代以来、何十年かぶりに、ノートをとりながら、一日一冊ペースで、せっせと読書に励みました。いろいろ読んだ中でも、特に面白かったのが、

歴史学者青木真兵さんの『手づくりのアジール』(晶文社)

 

人類学者松村圭一郎さんの『くらしのアナキズム』(ミシマ社)

 

ぼくが下手な説明をするよりも、だまされたと思って、読んで頂くのが何よりなのですが、ひとつだけ指摘します。

この2冊に共通するのは、世の中のあらゆることが市場経済の中で行われるようになって、財やサービスが産業化されて、お金で売り買いされるような社会で、生きづらさを抱えている人が、どんどん、増えている状況の中、そこからどうやって脱却するのか。

人々の心に新自由主義のルールが骨の髄までとけこんだ社会を相対的に見る視点を獲得するという課題に対して、具体的な処方箋を示していることです。

白井聡さんの『武器としての「資本論」』も問題意識は共有しているけど、具体的な処方箋が弱くて、マルクスの言葉に寄りかかっているのが、ちょっとマイナス。

旧来の左翼系の人にはウケるのかもしれないけど、真っ赤な表紙も可愛くないし。白井さんはマルクスを研究してきた社会科学者だから、仕方ないのかもしれない。

じつは青木さんや松村さんの本で、人文知のもつ意味を再認識しているのです。とかく、理工系や経済学、法学のような社会科学に比べて、役に立たないと、邪険にされている歴史、哲学、文学、人類学といった人文知ですが、今のような世の中の大転換期には、大変有効です。というか、それを学ばずして、未来のことを考えられないと思います。

思えば、ぼくは小さい頃から二拠点居住で、茨城の農村と東京を行き来して、都会の暮らしを相対視してました。それなのに、東京の学校を卒業し、都内で働いて、ずっと長い間、東京育ちの都会人だと勘違いしていました。

けれども、明治生まれの祖父の生活哲学のようなものが、自分のバックボーンになっていることに気づいて、2017年に「懐かしき未來」というリトルプレスを作り、祖父に捧げました。

幕末に建てた古民家に住む霞ヶ浦の漁師で、何でも手づくりし、工場で作った加工食品は食わず、冠婚葬祭すべて自宅でやった、かっこいい祖父が、次々と打ち寄せる時代の波に翻弄されて、家も仕事も何もかも失う前の古き良き世界をほんの少しでも取り戻すことが、自分のミッションかなと改めて思う2022年なのです。

今日は、那須高原のキャニオンで出会った人たちにジョニ・ミッチェル「レイディズ・オブ・キャニオン」を捧げます。

 

2020年8月23日 (日)

最近発売された「CASA BRUTUS」の「大人も読みたいこどもの本100」という特集は、出色のできばえです。

去年までは一度しか行ったことのなかった「那須平成の森フィールドセンター」に、今年は足繁く通うようになりました。

これも、コバコのメンバーになったお陰で、つながりが出来た訳でして、有り難いことです。

フィールドセンターは那須の森にすむ動物や植物について、あらゆる情報が得られるスポットなのですが、それだけにはとどまらず、美術書や絵本の蔵書が充実しています。

蔵書が置いてあるだけじゃなく、インタープリターの若林千賀子さんは、絵本や美術に関する造詣が深く、たくさんのことを教えてもらいました。

インタープリターは自然と人との橋渡し役。

コバコのメンバーには、絵本作家のしのづかゆみこさんも参加しているので、もともと、絵本には関心がありましたが、若林さんとの出会いもあり、コバコメンバーのなかで、絵本への関心がさらに深まっています。

そんな状況のなか、最近発売された「CASA BRUTUS」の「大人も読みたいこどもの本100」という特集は、出色のできばえです。

Img_0789

正直言って、「CASA BRUTUS」って、表紙や特集に惹かれて買ってはみたものの、イマイチという場合もあるのですが、今号は素晴らしいですよ。

どのページも気合いが入っていて、文章も画像も手抜きなし。読み応え十分で、本体900円はお値打ちだと思います。

このブログでは、アマゾンにリンク張るのやめたので、「CASA BRUTUS」はぜひ新刊本の本屋さんで買ってください。

嬉しかったのは、平成の森フィールドセンターで教えてもらったビアンコ作、酒井駒子絵・抄訳の『ビロードのうさぎ』が紹介されていること。さらに、コバコが憧れているインドの手作り本出版社タラブックスの『夜の木』も掲載されています。

 

最近、コトリンゴが在籍していた時期のKIRINJIというバンドが気に入ってしまい、繰り返し、YouTubeで見てしまいます。コトリンゴのソロもいいのですが、腕達者なバンドサウンドならではの味があって、KIRINJIの方がおすすめです。

KIRINJI「うちゅうひこうしのうた」

 

 

 

2020年6月21日 (日)

真鶴出版同様、小さな出版社ミルブックスが作った相場正一郎『山の上のイタリアン』が面白いです。

那須ブックセンターで買った真鶴出版の『小さな泊まれる出版社』について、先月書きましたが、その後、那須ブックセンターに行って見つけたのが相場正一郎『山の家のイタリアン』という本。

Photo_20200621203401
なんとなく、その名前が記憶にあったので、調べたら筑摩書房から出版された『世界でいちばん居心地のいい店のつくり方』を書いた人でした。
『山の家のイタリアン』(ミルブックス)は代々木の人気レストランLIFEのオーナーシェフが、東京と那須高原との二拠点生活を始めたいきさつについて書いた本です。

Shozocafe
そこで、ほとんど読まずに積ん読だった『世界で』を改めて読み返すと、相場さんご夫妻は、二人とも栃木県生まれで、SHOZO CAFEの菊地省三さんに深く影響されたということで、那須に来るのは、自然な流れだったのかもしれません。
真鶴出版同様、ちいさな出版社のミルブックスですが、調べると藤原康二さんという方がひとりでやっている出版社で、なんとなく真鶴出版と共通する匂いがして、面白いのです。

ミルブックス主宰:藤原康二さん


こうして、那須ブックセンターのお陰で、またひとつ、ミルブックスという発見がありました。
面白い本を見つける、谷店長の嗅覚、いつも驚かされてばかりです。

今日はニール・ヤングが聴きたくなったので「アウト・オン・ザ・ウィークエンド」などどうでしょう。

 

 

2020年5月17日 (日)

昨日に引き続いて、『小さな泊まれる出版社』のこと。

昨日、真鶴出版のことを書いたのですが、本を読んでいて知ったのは、真鶴という町には1993年に制定されたまちづくり条例「美の条例」の中に、真鶴の良さを定性的に定義する、独特な『美の基準』を盛り込んでいるということです。

美の基準について、ウェブマガジン「コロカル」に「真鶴の暮らしの風景に表れる『美の基準』とは?」という記事があり、詳しく書いてあります。
ぼくはまだ、未見ですが、そこには景観だけでなく、コミュニティにまで、言及しているとのことで、『小さな泊まれる出版社』の写真を担当したMOTOKOさんは本の中のインタビューに答えて、こんな話をしています。

「真鶴は『美の基準』をつくることにより、経済こそ回すことができなかったけど、なんとかコミュニティと自然、生活環境だけは守った。しかもそれが関東圏に唯一残されているのは奇跡だと思います。」

「いまは経済第一主義からようやく変わってきて(中略)”そこにしかない風景”、希少性が価値を持つようになってきた。ようやく「グローバリズム化に抗って良かったね」と、生活風景を守り続けているのが真鶴の価値だし、知性なんです。」

写真家のMOTOKOさんだけじゃなく、建築ユニットのトミトアーキテクチャのお二人も、すごくいい話をしていて、「コトづくり」「モノづくり」という、ある意味、相反する課題の中で、深い苦悩を抱えていた建築家を、間近に見てきたから、トミトの話は、スッと腑に落ちました。

そういう小難しい話は、書き始めると長くなるから、ひとまず、終わりにしますが、『小さな泊まれる出版社』って、小さな本だけど、最新の、たくさんの知見が織り込まれた労作で、意外に射程距離の長い、幅広い層に読んでもらいたい、好著です。

このブログのタイトル「面白い人が作る町は面白い」には、ぴったりな作品で、繰り返し読んで、勉強したいと思います。

本日の音楽は、自宅から那須に向かう車中でいつも聴いてる小野リサ「シ・ア・ワ・セ」。

 

2020年4月21日 (火)

制作者集団コバコが出来るまで

この1年で、いや正しくは今年に入ってから、3ヶ月ちょっとで、不思議なくらい偶然が重なって、ブログを復活させることが出来ました。

いちばん大きな出来事は、那須湯本在住のグラフィックデザイナーのみのりさんと出会ったこと。

DIYによる本作りに興味があって、まちづくりに関心のあるグラフィックデザイナーを、かれこれ25年間探してきて、とうとう見つからず、仕方なく「懐かしき未來」という小冊子の制作を、5年前にひとりで始めた訳です。

でも、でも、平凡な人間の脳って、ひとりで考えるようには出来てないってことも、イヤというほど痛感させられて、どういう方向に進もうか、途方に暮れていました。

そんなさなか、去年の夏に、拙著『ぼくたちの野田争議』を発行してくれたローカル出版社崙書房出版が解散して、東葛飾でローカル出版の火が消えたことも大きな出来事で、自分の中で、ローカル出版社を始めたいという意欲が芽生えました。

崙書房出版の49年の出版活動で東葛飾や千葉県をテーマにした本は数多く出版されているので、これからボクが屋上屋を架すような仕事をするよりは、那須町で見たり、聞いたりしたこと、出会った素敵な人たちをテーマに出版活動をしてゆくことになったのは、自然な流れでした。

ただ、たくさんの想いや、アイデアはあっても、それを実現してくれるチームがないと、何も出来ません。

ローカル出版社として活動を始めたい。最初に作る本のテーマとして児童書の古本屋さん「おひさま堂」を取材させてもらうことにしたのですが、そこから先の展望が見えなくて、悶々としていた矢先、今年の1月に、偶然の出会いでみのりさんに会うことが出来ました。

それも、なんと、なんと、那須高原ではなく、自宅から50メートル先のピアノの先生のお宅で。

「渡りに船」って、こういうことなんでしょう。そこからはトントン拍子で、いまは「制作者集団コバコ」というチーム名も出来ました。

長い間、名前のなかった山小屋もオオコバコという名前をもらいました。

Img_0421_20200421140501Img_0418

 

コロナ禍で、世の中が揺れています。ボクも今日はお休みをもらって、自宅でこのブログを書いています。

皆さんも、感染防止のため、くれぐれも気をつけて、おうちの生活をエンジョイしましょう。

本日のオススメ本は、以下の通り。

本屋さんを応援したいので、アマゾンのアフィリエイトプログラムを使うのはやめました。

リンクをたどって、内容を確認して、近所の本屋さんで買って下さい。近所の本屋をこれ以上消滅させないように、協力してください。

持田叙子『荷風へようこそ』慶応義塾大学出版会

サントリー学芸賞受賞の名著ですが、色町を散歩する人というイメージが強い、永井荷風が実は、偏奇館という住居にこもって、美しい庭、手作りの原稿用紙、温かい紅茶といった自分の好きなモノたちに囲まれて、心安らかに暮らしていたことを発見した本です。

本日紹介するミュージックは、4月10日から特別公開された大貫妙子と坂本龍一の「UTAU LIVE IN TOKYO 2010」です。

 

 

 

 

2018年3月 3日 (土)

そして何よりも今のボクにとって、宮本常一に深い共感を覚えるのは、左右のイデオロギーから無縁な、日本の庶民の世界をひたすら歩くことによって「イデオロギーの虚妄性を摩滅させていった」ということ。

前回のエントリで「養父志乃夫さんの『里山里海』を読むことで、問題の所在がはっきりしてきた。」と書いた通り、いままでスルーしていたことが急に気になり始めている。

たとえば宮本常一の存在。
以前読んだ佐野眞一さんの本で、紹介されていて気になっていたし、代表作『忘れられた日本人』は結構好きな作品なのだが、今までは何となく西日本の人ってとらえ方をしていて、それほど興味が持てず、その膨大すぎる著作とも相まって、手つかずの巨人という感じで見てた。

今回『里山里海』で『家郷の訓』が紹介されているのをみて佐野眞一さんの『宮本常一が見た日本』を読み、民俗学者というより、高度成長期以前の日本を記録したジャーナリストであることを知った。
そして何よりも今のボクにとって、宮本常一に深い共感を覚えるのは、左右のイデオロギーから無縁な、日本の庶民の世界をひたすら歩くことによって「イデオロギーの虚妄性を摩滅させていった」ということ。

宮本常一の自伝とも言える『民俗学の旅』の最後にこんな一文がある。

私は長いあいだ歩きつづけてきた。そして多くの人にあい、多くのものを見てきた。(中略)その長い道程の中で考えつづけた一つは、いったい進歩というのは何であろうか、発展というのは何であろうかということであった。
(中略)進歩に対する迷信が、退歩しつつあるものをも進歩と誤解し、時にはそれが人間だけでなく生きとし生けるものをも絶滅にさえ向かわしめつつあるのではないかと思うことがある。
進歩のかげに退歩しつつあるものをも見定めていくことこそ、いまわれわれに課せられているもっとも重要な課題ではないかと思う。
少なくも人間一人一人の身のまわりのことについての処理の能力は過去にくらべて著しく劣っているように思う。物を見る眼すらがにぶっているように思うことが多い。
多くの人がいま忘れ去ろうとしていることをもう一度掘り起こしてみたいのは、あるいはその中に価値や意味が含まれておりはしないかと思うからである。しかもなお古いことを持ちこたえているのは主流を闊歩している人たちではなく、片隅で押しながされながら生活を守っている人たちに多い。

この一文に激しく共感する。
読んだ瞬間、宮本常一こそ理想的日本人だって、こころの中で叫んでしまった。

20数年前に、建築家の石山修武さんが中心になって、早稲田大学で開催された日本生活学会の「宮本常一を勉強する会」に行ったことがある。
石山さんの仲間達が那須の山小屋作りも手伝ってくれた縁で、その時、谷根千の森まゆみさんを紹介してもらったのだが、一番気になったのが仙台の町作り仕掛け人結城登美雄さんだった。宮本常一のいう世間師になりたいという結城さんに憧れた。また、石山さんが宮本常一への共感を繰り返し語っていた意味が、やっと分かった。

長くなったので、今日はこのへんで。

矢野顕子と忌野清志郎の「ひとつだけ」

2017年11月18日 (土)

電子機器とちがって、絵本は大人が橋をかけてあげないと、子どもの中に入っていけない。だけど、というか、だからこそと言うべきか、自発的に絵本と子どもの間に「橋をかけること」、その行為がカギになる。「橋をかけること」が未来を開くと言うべきかな。

久しぶりに風邪をひいてしまったらしく、咳も鼻水も止まらない。
検温してないけど、熱も普段より高そうだ。
高血圧症になってから医者から絶対に風邪をひくなと、強く注意されていたので、この5年ほど風邪をひかないようにしていたから、何となく新鮮な気分。
体は少し重いけど、普段低体温で苦しんでいるので、意外と風邪も悪くなくて。
頭はいつもよりクリアで、ブログを書く気分になってるのも不思議だけど、面白い。

日頃、オーバーワークだから、神様が休めって、言ってるのかもな。
そんな感じで、今日はブログを書く気満々なのですが、
それもNHKのドラマ「この声をきみに」 が気に入ってしまったからかもしれません。
数学研究者が朗読教室に参加するという地味な設定が、興味津々です。

お陰でこのところ「絵本」と「朗読」がマイブームになりつつあります。

「紙の絵本を、自分で声に出して読む」

子どもでも、おしゃべりするスマホを操る時代に、なんと悠長なことを言ってるんだろうって、
自分でも感心するくらい、時代遅れなことに感動している。

「子どもに本を読んでやるとき、その声を通して、物語といっしょに、さまざまなよいものが、子どもの心に流れ込みます」
児童文学研究者松岡享子さんの『えほんのせかい こどものせかい』を読むと、スマホに育てられた子どもたちと、両親に読み聞かせされて育った子どもたちと、大人になって大きな差になって、現れてくるような予感がある。

電子機器とちがって、絵本は大人が橋をかけてあげないと、子どもの中に入っていけない。だけど、というか、だからこそと言うべきか、自発的に絵本と子どもの間に「橋をかけること」、その行為がカギになる。「橋をかけること」が未来を開くと言うべきかな。

茨木のりこの詩集なんて、仕事の帰り、疲れ切ってひとり夜道をトボトボ歩いている時、無性に音読したくなる。そんな時はスマホの出番。読書装置は、多種多様がいい。
そして、それだけで、自殺したくなるような辛い状況だって、乗り切れるような気がする。

11月10日の朝日新聞「天声人語」にこんな記事があった。

明治期の列車のなかは、けっこうにぎやかだったのかもしれない。人々が音読をする声で。汽車に乗れば必ず二人か三人の少年が「雑誌を手にして、物識(ものし)り貌(がお)に之(これ)を朗誦(ろうしょう)するを見る」。そんな記述が当時の教育雑誌にある▼列車だけでなく待合室でも。大人も子どもも。音読の光景は特異ログイン前の続きなことではなかったと、永嶺重敏著『雑誌と読者の近代』にある。

もしかすると、未来は音読の価値が見直されて、音読がもっと一般的になっているかもしれない。
ついつい、そんな夢をみてしまいます。

今日のBGMは、聴けば聴くほど好きになってきた矢野顕子と上原ひろみの共演アルバム『Get together』をダイジェストで。

より以前の記事一覧

最近のトラックバック

最近のコメント

2024年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30