交流している団体のリンク

  • 流山市立博物館友の会
    ブログ主が所属する千葉県東葛飾地域で活動する文化団体。発足から50年近く郷土史の掘り起こしを中心に、様々な活動を展開している。
  • ダムダン空間工作所
    建築家石山修武氏が創設した建築設計事務所。那須のセルフビルドでは多大なご支援をいただきました。
  • 開拓工務店
    自宅のリフォームでDIY作業に協力してくれました。カナダで修行してきた棟梁のユニークな感性が光ります。
無料ブログはココログ
フォト

文化・芸術

2023年11月16日 (木)

地元の出版社がある幸福や安心感は、崙が消えて初めて分かった。

11月12日の朝、朝刊を開いたら、ちば版のページに「ひとりの出版社 世界を変えたくて」と見出しが目に飛び込んできて

堀郁夫さんという若手の編集者が流山で出版社を立ち上げたという記事を発見した。

郷土出版の崙書房出版が消えて4年あまり、地元の本屋や古本屋も次々に閉店している。

コロナ禍が始まってからは、東京に行くのが億劫になり、サラリーマンを卒業して定期券もないので、池袋ジュンク堂通うこともなくなった。

そうだ!応援する会メンバーとして経営会議にも参加していた那須ブックセンターも2021年末に閉店したんだった。

ぼくが那須から引き上げたのは、それも大きな理由のひとつ。

先日、参加した東葛出版懇話会では、暗い話題ばかりで、ため息をつく老人の会といった雰囲気が漂う。

こうして、ぼくの回りの本を取り巻く状況は、寂しくなるばかりだ。

そんな状況だっただけに、流山おおたかの森で図書出版みぎわさんが開業したというニュースに心躍った。

記事によれば、今後は千葉や流山に関する本の出版も計画するという。

図書出版みぎわ

試しに、3冊ネット上のみぎわ書店から購入したら、「こんな本が作りたい!」リストがあって、僕の好きな本も2冊選ばれている。

そして、本の装丁のセンスがいいことに驚いた。

Photo_20231116182101

平野甲賀が大好きで、大枚をはたいて彼が開発したコウガグロテスクまで購入したくらい、ぼくは装丁にこだわりが強いのだ。

ぼくの私設図書館本とカタツムリでは、これから図書出版みぎわさんの本はすべて、読めるように揃えてゆきたい。

自分なりに応援はしていたけれど、ぼくたち読者(著者でもある)が崙書房出版を守りきれなかったことを、いまも後悔している。

地元の出版社がある幸福や安心感は、崙が消えて初めて分かった。

だからこそ、今度は後悔しないように、みぎわさんを応援してゆきたい。

今日はロックロックした曲が聴きたいので、だいぶ古いけど、ザ・ローリング・ストーンズの「ジャンピン・ジャック・フラッシュ」

 

 

 

 

 

2020年7月24日 (金)

多くの方の善意で、ヤマネのポストカードが、世に出たことを、深く感謝しております。

今年の1月に那須高原で結成した制作者集団コバコの作品第1弾が発売されました。

メンバーの絵本作家しのづかゆみこさんの描いたイラストが入ったポストカードで「ヤマネとサラサドウダン」です。

42834

現在、那須高原の以下のスポットで販売中です。

那須ブックセンターさん

那須平成の森さん

ペンションLuaさん

民宿藤田屋さん

えほんの家MURMURさん

42882 42824

こういった、多くの方の善意で、ヤマネのポストカードが、世に出たことを、深く感謝しております。

特に、那須平成の森と那須ブックセンターには、大変お世話になり、ありがとうございました。

 

 

 

2020年7月18日 (土)

「町のフツウの本屋」が、未来の読書家や、本屋を愛する人を育てるんです。きっと。

昨年から那須ブックセンターを応援する仲間たちの会合に出席するようになって、町のフツウの本屋が気になり始めています。

5~6年前、ブック・コーディネーター内沼晋太郎さんという方の著書が気に入って、熱心に読んでいた時期があったけど、自分で本屋を開業するほどの、財力も気力もなく、本屋への興味は続きませんでした。

ところが、那須ブックセンターの谷店長から話を聞いたり、晶文社60周年フェアのお手伝いをしているうちに、町のフツウの本屋を応援する仕事は、自分のミッションのような気がしてきました。

極めつけは福岡のブックスキューブリック店長大井実さんが書いた『ローカルブックストアである』(晶文社)という本です。

Photo_20200718102101

大井さんは言います。

本屋というのは文化的なインフラのようなものだ。町に絶対になければならないものだと思っている。そんな草の根的なインフラを維持するための重要な拠点だ。

『ローカルブックストアである』や、千野帽子さんの『人はなぜ物語を求めるのか』 (ちくまプリマー新書)でも紹介されていた、フランクルの名著『夜と霧』にこんな言葉がありました。

「私たちが人生に何を期待するかではなく、むしろ人生が私たちに何を期待しているのかが問題だ」

地域おこしのような活動に興味があって、郷土史の発掘を始めとして、長い間いろいろな形で取り組んできたけど、自分の思うような結果がでなくて、ちょっと諦めかけていました。

けれども、フランクルの言葉を知って、心の向きを180度転換することが必要だと分かりました。

自分がやりたいことをやろうと、周囲の人たちの協力に期待して、上手くいかず、裏切られた気分になって、落ち込んでいるより、天から与えられた自分のミッションを知り、一心不乱に、愚直に、自分の信じる道を行くことで、希望を持って生きられる。

何でも揃う大型書店があり、そこになくても図書館やインターネットで本が手に入る現在、町のフツウの本屋の存在意義ってないよね、なんて思っていた自分は浅はかでした。

そして、この30年あまり、大塚駅前の田村書店、新松戸の泉書房などなど、好きだった「町のフツウの本屋」が消滅するのを、指をくわえて眺めていた自分に、モーレツに腹が立ちます。

20代から30代前半まで、商店の経営診断の勉強をしていた時期があります。そのときに、「町のフツウの本屋」が視野に入っていれば、いまとは違う人生を歩んでいたかもしれないと、後悔しています。

大都市によくある、すかしたセレクト系書店ではない、小さな子どもが小銭を握りしめて「コロコロコミック」を買いにくるような「町のフツウの本屋」こそが町の文化装置になるという確信が出来ました。

「町のフツウの本屋」が、未来の読書家や、本屋を愛する人を育てるんです。きっと。

今日は朝から、SAKE ROCKと中納良恵で「スーダラ節」

 

 

 

 

2020年5月24日 (日)

「上り屋敷ユートピア」とでも呼べるような、コミュニティが大正から昭和初期に、存在したのかもしれません。

昨日、クララ社のことを書きました。

そもそも、なんでクララ社のことを書こうと思ったのか。

その理由について書いてみます。

最近、是枝裕和監督の著書をよく読むのですが、『世界といまを考える3』という対談本に、政治学者原武史さんとの対談が載っています。その、内容をかいつまんで言えば、
「西武池袋線沿線の東久留米や清瀬では、昭和30年代ころから、畑をつぶして、次々と大規模団地が建設されて、新しい住民がどっと入ってきた。けれども、そこは急ごしらえの町なので、生活のためのインフラが何もなく、交通も消費も西武グループの企業が、すべて供給している。是枝さんの言葉を借りれば
「いかに自分が『西武』という一企業の思惑のなかで生きてきたか気づいたわけです。」
という感覚を、原さんと是枝さんは共有しています。

原さんはさらに『レッドアローとスターハウス』(新潮社)の中で、西武と団地が生み出した戦後思想について、詳述しています。

Photo_202005242200011

5歳から15歳まで、西武線沿線の練馬区で暮らした人間の感覚としては、確かに原さんの考えには共感していますし、西武線沿線の町の、ある一面だと思います。
実際に、ぼくの小学校時代の同級生で、西武系の会社に就職した人は何人もいますし、西武百貨店はいちばんなじみのあるデパートだと感じています。

だけど、それだけではないのではないか。
1960年代から70年代初頭の練馬で育った子どもとしては、暮らしのすべてを西武に依存している団地の生活文化とは違う、西武とは無関係な、豊島区・練馬区の西武沿線の町独特の文化や空気感も、当時は明確にあったと断言します。
そして、その文化や空気感が、そもそもどこから始まったのか、長い間、心の中でひっかかっていました。
この地域では、「池袋モンパルナス」の芸術家や「目白文化村」の文学者は有名です。
そこに、東長崎のトキワ荘から始まった、漫画家の影響が練馬まで押し寄せてきて、富士見台にあった手塚治虫の虫プロや、大泉学園にあった東映動画になって結実したのだろうと、納得していたワケです。

ところが、池袋モンパルナスと目白文化村の間に、「上り屋敷」という町が、かつてあって、そこでは、宮崎龍介・柳原白蓮夫妻や小池四郎・元子夫妻がいて、穏健な社会主義にもとづく活動をしていたこと。
美しいカラーグラビアが載った「子供之友」や、「婦人之友」を発行した教育者の羽仁吉一・もと子夫妻がいて自由学園を作ったこと。
童話雑誌「赤い鳥」を発行した鈴木三重吉がいて、児童文学作家坪田譲治を育て、坪田譲治のもとで松谷みよ子やあまんきみこが育つ。
昨日、紹介した「児童文学散歩ミニガイド」というサイトにはこんな記述があります。
「(作家の故)矢川(澄子)氏は学園の生徒ではなかったが近隣にいたことから、明日館に出入りしたり、「子供之友」のグラビアなどにモデルとしてかりだされていたそうだ。」

いまは幻となった「上り屋敷」駅の周りには、「上り屋敷ユートピア」とでも呼べるような、コミュニティが大正から昭和初期に、存在したのかもしれません。
これから、いろいろ資料を探しながら、幻となった「上り屋敷ユートピア」を見つけてみたいと考えています。

今日の音楽はバンクバンド with salyuの「to U -PROTECT “to U” version- 」

 

 

 

宮崎龍介・柳原白蓮夫妻が終生の住まいとした上り屋敷にクララ社があったことを知り、一瞬、息を呑みました。

子どもの頃、西武線の豊島園駅から電車に乗って池袋に向かう途中、椎名町という駅を越えると少し、長い距離を走って、池袋に到着するのですが、なんとなく、駅間が長すぎる気がして、数年前に調べると、そこには、昭和20年代まで「上り屋敷」という駅があったことが分かりました。

Img0582Photo_20200523232301

左側が昭和6年の地図(アイランズ編著『東京の戦前 昔恋しい散歩地図』)です。右側はグーグルマップに重要なポイントをプロットしたものです。自由学園明日館が当時の場所にありますが、成蹊高等女学校は戦後、吉祥寺に移転し、成蹊学園と合併したようです。

この中で、気になるのが「柳原白蓮旧居」ですね。そして、その右上、公園の隣にあるハートマークが、坪田譲治の旧宅・びわのみ文庫です。

「児童文学散歩ミニガイド」というウェブサイトには

「坪田譲治が自宅の一角を開放して、子供のための児童図書館「びわのみ文庫」を開館したのは1961(昭和31)年。翌年には坪田が主宰する童話雑誌「びわの実学校」を創刊し、執筆活動と次世代の児童文学の芽の育成に携わる生涯をおくった。」

とあります。ぼくは練馬区に住んでいた小学生時代に、近所にあった子どものための私設図書館「ムーシカ文庫」に通うことになりますが、この辺りから、西武線に乗って、児童文学や漫画やアニメの文化が伝搬していったのではないかと、にらんでいます。

話を白蓮に戻すと、白蓮と宮崎龍介が駆け落ちした白蓮事件に深く関与していたのが、宮崎龍介の親友で、吉野作造の娘婿だった赤松克麿です。そして、その赤松克麿の著作を出版していた出版社がクララ社なのです。

芝の友愛労働歴史館で、事務局長の間宮氏からクララ社の本を見せていただいたときに、奥付を見ると、高田町上り屋敷1771と書いてあります。

まさに、宮崎龍介・柳原白蓮夫妻が終生の住まいとした上り屋敷にクララ社があったことを知り、一瞬、息を呑みました。

クララ社を創設したのは小池四郎・元子夫妻で、出版業の他に、クララ洋裁研究所という洋裁学院を経営していました。

その姪が作家の故矢川澄子と、無印良品のボードメンバーでキュレーターの小池一子さんの姉妹です。

その辺りの事情は「出版・読書メモランダム」というブログの「小池四郎とクララ社」に詳述されています。

だいぶ長くなったので、今日はこれくらいにしましょう。

今日のミュージックは、最近、ちょっとはまっているトムトムクラブの”Genius of Love ”です。

若い頃、好きだったバンドですが、いまだに現役で、年齢を気にせず、派手にやっている姿がかっこいいと思います。

 

2020年5月16日 (土)

久しぶりに気持ちのいい本を読みました。:真鶴出版『小さな泊まれる出版社』

神奈川県西端の真鶴という町に「真鶴出版」という出版社があります。

どこで見つけたのか忘れたけれど、真鶴出版で最近刊行した『小さな泊まれる出版社』という本に惹かれ、那須ブックセンターにお願いして買ってもらいました。

結果は大正解!!!久しぶりだなあ。こんな気持ちのいい本を読んだのは。

若い夫婦が書いた本なのに、若さゆえの気負いも、てらいもなく、いいあんばいに肩から力が抜けていて、爽やかな風が吹き抜けてゆくような、読後感です。

Photo_20200516120601

装丁が素晴らしいの。建築家が描いた淡い色彩のイラストがいいし、用紙の使いかたもハイセンス。
そして何よりも共感するのが、この夫婦の建物との向きあい方です。
予算の関係で、一部セルフビルドも取り入れたそうですが、建築家や職人さんと組んで、うまくバランスを取りながら、町のひとたちも巻き込んで、自分たちの目標とするプロジェクトを実現するコトは、なかなか出来るモノではありません。
もう手遅れですが、那須高原でもう一度セルフビルドをやれたら、こんなやり方でやってみたいなあと、思いました。

この本にBGMつけるなら、トレーシー・ソーンの「スモール・タウン・ガール」かなあ。

 

 

 

2017年4月 9日 (日)

実際に木が生えている状態を見に行って、その場でどのように材木として使うか考えて、伐採し製材する。 そんな努力が1000年壊れない木造建築を生むことを知り、建築観が変わるほど衝撃を受けた。

永六輔の『職人』を読んだら、その本の中にも出てきた宮大工西岡常一さんのドキュメンタリー映画『鬼に訊け』を見たくなり、DVDを見始めたらドンドン引き込まれてしまった。
あっという間の1時間半、気持ちのいい時空間に、招かれたような気分に浸った。


こんなDVDを教えてくれたのは、先日のエントリで紹介した中島睦巳さんという宮大工さん。
直接、西岡さんから技術を教えてもらった経歴の持ち主で、10数年前に那須町に移住し、現在は建築工房槐として活動している。

ぼくは古建築の保存運動を展開したウィリアム・モリスやジョン・ラスキンが好きで、ヨーロッパ中世の職人の仕事を熱く語るモリスの講演を本で読んで、感動していた。

けれども、今回DVDを見て、ヨーロッパ中世よりもっと昔、飛鳥時代の日本の職人について語る西岡さんの言葉のひとつひとつに、より深い感動を覚えた。

デザイナー、思想家として、モリスは素晴らしい。だけど、自分で手を動かして建物をこしらえる西岡さんの言葉の重みに軍配が上がる。

歴史の重みとか、自然への畏敬とか、軽く書けるけど、実際に木が生えている状態を見に行って、その場でどのように材木として使うか考えて、伐採し製材する。
そんな努力が1000年壊れない木造建築を生むことを知り、建築観が変わるほど衝撃を受けた。

そして、そういう技術が宮大工の中で、代々受け継がれてきた。
宮大工と、宮大工を取り巻く豊かな社会を作ってきた父祖たちの叡智に、いまはちょっと感動している。

坂本龍一「hibari」

2016年5月 2日 (月)

日向子さんは共感すると同時に、明治初期に生まれ、まだビジュアルに江戸をイメージ出来た荷風さん世代は、崩されてゆく江戸文化に対する哀惜の念が先に立ち、その姿に「痛み」をおぼえると言います。

昨日から、関東の最北端、東北の入り口にあたる那須町に来ている。
何人かの人と会い、よい刺激を受けて、身も心も少しずつ元気になるのを感じる。

那須といっても那須高原に代表されるリゾートの那須ではなく、江戸期から続く古町の那須がいい。
ここには、開発という名の国土壊しも逃れ、空襲もごくわずかで、絢爛豪華ではない、素朴で質実剛健な、江戸風情が残っている。

25年かけて造ってきた山小屋を利用して、小さな読書空間を作ることにした。
ひとまずタイトルは、まちライブラリー「江戸の学校」としよう。
ここを中心に、那須・黒磯エリアを使って、少人数でいいから、面白がってくれる人を集めて、連続講座「江戸の学校」をやってみたい。

Photo

上の浮世絵はボストン美術館所蔵の鈴木春信の作品「Young Woman Jumping from the Kiyomizu Temple Balcony with an Umbrella as a Parachute」

おいおい何で英語のタイトルで、アメリカにあるんだよって、突っ込みたくなるけど、
明治新政府が江戸のポップカルチャーを小馬鹿にして、排斥した結果がこの体たらくですね。

そして、そんな状況に怒りを覚えて書かれたのが、永井荷風の『江戸芸術論』というワケです。エロ小説ばかり書いているイメージの荷風さんって、こういう硬派な作品だってあるんですよ。

そんな荷風さんに、激しく共感したのが杉浦日向子だったのですが、日向子さんは共感すると同時に、明治初期に生まれ、まだビジュアルに江戸をイメージ出来た荷風さん世代は、崩されてゆく江戸文化に対する哀惜の念が先に立ち、その姿に「痛み」をおぼえると言います。(『大江戸観光』「江戸の楽しみ」、ちくま文庫)

そして「江戸の楽しみ」の文中、ぼくが強く影響されたのが、この部分。

今江戸は私たちにとって、新鮮なおどろきと、魅力的な面白さを提供してくれます。
それらは近代が置きざりにしてきた、本来、継承されるべき遺産です。
江戸の文物に触れる時、普段あまり使う事のない部分の感性が動き、うれしがるのがわかります。かゆいところをさわられる、あの感じです。
これはまさしく「わたしたちのもの」です。

日向子さんが亡くなって11年になります。そしてこの文章が書かれて32年になります。
いまだ「わたしたちのもの」を確実に、次代に引き継ぐ遺産に出来ているとは思えません。日向子さんや荷風さんの仕事を紹介してゆくことも、これから必要かなと考えています。

リッキー・リー・ジョーンズ「レインボウ・スリーヴズ」

2016年3月28日 (月)

これだけだと、ちっとも面白くない。 そこで、中沢新一の『アースダイバー』を繙くと、「巻き狩り」という言葉ひとつに、深い背景があることがわかって、ワクワクしてくる。

昨日、栃木の黒磯に行って、「おしゃらくきものまつり」というイベントに参加した。
きものまつりの本編については、別のエントリでじっくり書くつもりだが、
日曜日の午後だというのに、黒磯の町に、ひとけがないことが気になって仕方ない。
那須高原でセルフビルドをやっていた20数年前は、結構賑やかな町というイメージだった
黒磯も、ご多分にもれず衰退する地方都市になっているのかと、気になった。

12

3Photo

それはさておき、きものまつりの会場になった割烹石山の外壁にかかった看板に「名物巻狩料理」とあったのが気になって那須塩原市のサイトを見た。

鎌倉幕府を開いた源頼朝が、自らの勢力を天下に知らしめるために行ったとされる、「那須野巻狩」(大規模な狩)をモチーフに、毎年10月の第4土曜日・日曜日に開催しているまつりになります。

これだけだと、ちっとも面白くない。
そこで、中沢新一の『アースダイバー』を繙くと、「巻き狩り」という言葉ひとつに、深い背景があることがわかって、ワクワクしてくる。

東日本のサムライは狩猟文化の中から出現してきたものとして、その伝統は縄文時代にこの列島に暮らしていた人々の世界にまで、深い根を下ろしているのである。

サムライの棟梁であった頼朝が鎌倉に幕府をつくったとき、西日本の天皇の権力に対抗して、自分たちの威厳をみせようとしてしたことは、東日本のサムライたちを富士山の麓に総結集して、そこで壮大な巻狩り(狩り場を四方から取り巻き獲物を追いつめて捕獲する)の狩猟ページェントを演じてみせることだった。おれたちはあんたたちと違って、狩猟民の伝統を生きているのだ、と頼朝は言いたかったのだろう。

富士山麓の巻き狩りは知っていたが、那須野が原でも大規模な巻き狩りが行われた記録があることは、昨日初めて知った。
みちのくの入り口にあたるこのエリアに、縄文や蝦夷の文化のかすかな片鱗を見つけて、心が躍る。

そういえば、展示されていた「津軽こぎん差し」や「裂き織り」や「草木染め」の作品たち
さらには、絣の野良着などは、上方の優美な王朝風の着物文化とは対極にある、主催者の深い思想を感じた。もしかすると深読みしすぎかな。

Photo_21_2

2_2

 

中沢新一によれば、縄文文化と同じルーツを持つネイティブ・アメリカンの血をひくロビー・ロバートソンの「ブロークン・アロー」を今日の一曲に。

2016年3月19日 (土)

そして、一番の衝撃は、いままで自明なものと思っていた、自分を取り巻く自然や時間に対する感覚が変化すること。文学の世界では「異化」というらしい。

『俳句の宇宙』から始まった俳句の鑑賞が止まらない。

今週から『奥の細道』を読み始めて、今日は仙台まで来た。
芭蕉が、こんな豊かな宇宙を瑞々しい感性で描いていたなんて。300年後の今読んでも、時代を超えて、胸に迫る名文と名句のオンパレードなのだ。

以前『奥の細道』は読んだことがあるし、関連図書もずいぶん読んだが、長谷川櫂の解釈で読む『奥の細道』は、今まで読んだものと全く違って、ぼくにとってはストンと腑に落ちる。

長い間、ピンとこなかった箇所が、次々と解明されてゆく喜び。
さらに、意外だったのは、『奥の細道』を読んでいるときは、つらい浮世のあれこれを忘れて、
芭蕉の作った世界にはいって行ける幸せな時間を見つけられたこと。
江戸期に書かれた本なのに、300年前の文芸なのに、21世紀を生きる自分にとって、
これほどのインパクトがあるなんて、想像もしていなかった。

そして、一番の衝撃は、いままで自明なものと思っていた、自分を取り巻く自然や時間に対する感覚が変化すること。文学の世界では「異化」というらしい。
なかでも特に、音に対する感覚が変化して、邦楽が聞こえ始めるように感じる。

うれしかったのは芭蕉が芦野の遊行柳を詠み込んだ「田一枚植えて立ち去る柳かな」
を味わうことができるようになったこと。

『奥の細道』に言及している筆者たちの多くが、この句を読みこなしていないから、
長逗留した黒羽に言及する本は数多いが、芦野を飛ばしてしまう輩が多い。

長谷川櫂の解説を読めば、ここで西行と待望の合体を果たして、みちのくに入ってゆくことがわかる。『奥の細道』自体が、西行を追いかける旅であることを思えば、芦野を飛ばしてまうことなど考えられないはずなのに。

柄にもなく、気合が入りすぎたかな。
ちょっと、疲れましたね。
『奥の細道』を読んでいるときに、BGMとして聴くなら、こんな音楽が頭の中で鳴ってほしい。
あわいびとの『フクシマの唄』


より以前の記事一覧

最近のトラックバック

最近のコメント

2024年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30