交流している団体のリンク

  • 流山市立博物館友の会
    ブログ主が所属する千葉県東葛飾地域で活動する文化団体。発足から50年近く郷土史の掘り起こしを中心に、様々な活動を展開している。
  • ダムダン空間工作所
    建築家石山修武氏が創設した建築設計事務所。那須のセルフビルドでは多大なご支援をいただきました。
  • 開拓工務店
    自宅のリフォームでDIY作業に協力してくれました。カナダで修行してきた棟梁のユニークな感性が光ります。
無料ブログはココログ
フォト

« 2つの大きな出会い | トップページ

2024年5月12日 (日)

ぼくは好きなことしかやらないので、公私混合でいつも遊んでいる感じです。

大忙しの4月はあっという間に過ぎ去り、ぼくには関係ないけどGWも終わって、すこし落ち着きを取り戻す5月12日の日曜日です。

4月から自宅書斎ときどき私設図書館を開館しました。

6

さらに地元の自治会役員、郷土史研究の松戸史談会の会員になっただけでも、大きな変化なんだけど、それ以上に大きな変化は流山市立博物館友の会の事務局に入ったことと、会報「におどり」の編集委員になったことで、一気に役職が増えました。

さらに、常盤平の本屋さんBREAD&ROSESさんが始める読書会をお手伝いしたり、柏で読書を広める活動をしている団体のスタッフになったり、いろいろ引き受け過ぎかなあとも思うんだけど、まあ、ぼくは好きなことしかやらないので、公私混合でいつも遊んでいる感じです。

それから、まだ検討中の段階なので詳細はここには書けないのですが、長年作りたくて色々画策しては挫折を繰り返してきた「まち歩きハンドブック」に、スポンサーと協力スタッフがつく可能性が出てきて、希望の光が見え始めました。

ライフワークというには大げさですが、10年以上作りたくて、協力者を探しては挫折してきたプロジェクトなので、今後数年間はこちらの仕事が自分にとって一番重要な仕事になるでしょう。

いっけん真面目な話ばかりになってしまったのですが、個人的には上記の通り、いつも遊んでいる感じです。

なにか、自分なりの工夫が出来ないか、そのことばかり、四六時中考えていると、仕事と遊びの境目がなくなって、精神衛生上すごくいい。

サラリーマン時代には、「余計なことを考えるな!」と、偉い人に怒られてばかりの40余年間でしたが、いまはもう、誰もぼくの邪魔をする人がいなくなって、視界は良好、ストレスゼロの毎日が続いています。

自分なりの工夫といえば、ロックだとジミ・ヘンドリックスだよなあって、最近気が付きました。

以前はうるさいだけで、ちっともいいと思わなかったのに、J-WAVEの番組ビブリオシカで聴いたら、妙に気に入ってしまって、時々聴くようになりました。

予定調和を粉々に砕くような、独創的なギター・プレイはニューロックと言われた時代ならではの刺激に満ちていて、煮詰まった時に聴くと頭がリフレッシュされます。本日は「パープル・ヘイズ」です。

 

 

 

 

 

« 2つの大きな出会い | トップページ

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 2つの大きな出会い | トップページ

最近のトラックバック

最近のコメント

2024年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30