交流している団体のリンク

  • 流山市立博物館友の会
    ブログ主が所属する千葉県東葛飾地域で活動する文化団体。発足から50年近く郷土史の掘り起こしを中心に、様々な活動を展開している。
  • ダムダン空間工作所
    建築家石山修武氏が創設した建築設計事務所。那須のセルフビルドでは多大なご支援をいただきました。
  • 開拓工務店
    自宅のリフォームでDIY作業に協力してくれました。カナダで修行してきた棟梁のユニークな感性が光ります。
無料ブログはココログ
フォト

« 『ヘリテージマネジメント』という本を読んで、目から鱗が落ちました。 | トップページ | 「世界で最初に飢えるのは日本」でもいいのかな? »

2023年11月16日 (木)

地元の出版社がある幸福や安心感は、崙が消えて初めて分かった。

11月12日の朝、朝刊を開いたら、ちば版のページに「ひとりの出版社 世界を変えたくて」と見出しが目に飛び込んできて

堀郁夫さんという若手の編集者が流山で出版社を立ち上げたという記事を発見した。

郷土出版の崙書房出版が消えて4年あまり、地元の本屋や古本屋も次々に閉店している。

コロナ禍が始まってからは、東京に行くのが億劫になり、サラリーマンを卒業して定期券もないので、池袋ジュンク堂通うこともなくなった。

そうだ!応援する会メンバーとして経営会議にも参加していた那須ブックセンターも2021年末に閉店したんだった。

ぼくが那須から引き上げたのは、それも大きな理由のひとつ。

先日、参加した東葛出版懇話会では、暗い話題ばかりで、ため息をつく老人の会といった雰囲気が漂う。

こうして、ぼくの回りの本を取り巻く状況は、寂しくなるばかりだ。

そんな状況だっただけに、流山おおたかの森で図書出版みぎわさんが開業したというニュースに心躍った。

記事によれば、今後は千葉や流山に関する本の出版も計画するという。

図書出版みぎわ

試しに、3冊ネット上のみぎわ書店から購入したら、「こんな本が作りたい!」リストがあって、僕の好きな本も2冊選ばれている。

そして、本の装丁のセンスがいいことに驚いた。

Photo_20231116182101

平野甲賀が大好きで、大枚をはたいて彼が開発したコウガグロテスクまで購入したくらい、ぼくは装丁にこだわりが強いのだ。

ぼくの私設図書館本とカタツムリでは、これから図書出版みぎわさんの本はすべて、読めるように揃えてゆきたい。

自分なりに応援はしていたけれど、ぼくたち読者(著者でもある)が崙書房出版を守りきれなかったことを、いまも後悔している。

地元の出版社がある幸福や安心感は、崙が消えて初めて分かった。

だからこそ、今度は後悔しないように、みぎわさんを応援してゆきたい。

今日はロックロックした曲が聴きたいので、だいぶ古いけど、ザ・ローリング・ストーンズの「ジャンピン・ジャック・フラッシュ」

 

 

 

 

 

« 『ヘリテージマネジメント』という本を読んで、目から鱗が落ちました。 | トップページ | 「世界で最初に飢えるのは日本」でもいいのかな? »

文化・芸術」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 『ヘリテージマネジメント』という本を読んで、目から鱗が落ちました。 | トップページ | 「世界で最初に飢えるのは日本」でもいいのかな? »

最近のトラックバック

最近のコメント

2024年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30