交流している団体のリンク

  • 流山市立博物館友の会
    ブログ主が所属する千葉県東葛飾地域で活動する文化団体。発足から50年近く郷土史の掘り起こしを中心に、様々な活動を展開している。
  • ダムダン空間工作所
    建築家石山修武氏が創設した建築設計事務所。那須のセルフビルドでは多大なご支援をいただきました。
  • 開拓工務店
    自宅のリフォームでDIY作業に協力してくれました。カナダで修行してきた棟梁のユニークな感性が光ります。
無料ブログはココログ
フォト

« 「ずいひつ流星」35号が発行されました。 | トップページ | ちば文化資産の追加選定に「流鉄の景観」が選ばれました。(その1) »

2023年5月30日 (火)

傑作TVドラマ『雑居時代』を見ながら考えた。

武蔵野線が開業50周年だという。

武蔵野線と同時に開業した新松戸駅で、当時から乗っているボクは、立派な松戸の古老ということかしら。

1973年て、オイルショックや狂乱物価なんて言葉が、新聞紙面を賑わせた時代だ。

1973年の世相を知るのに好都合なTVドラマ『雑居時代』をAmazonプライムビデオとYouTubeで見つけて、毎日楽しみに見ている。

オンエア当時も、毎週楽しみにリアルタイムで見ていた記憶があるのだが、いま見ると何だろうね。

ドラマ全体を貫く異常なテンションの高さに驚く。

登場人物たちは、怒るべきときに、怒る!

川口晶は、家の中で日本刀を振り回す。銃刀法違反でいまは放送出来ないのかもしれない。

ほとんどいつも怒っている長女役の富士真奈美と、主演の石立鉄男を除けば、もっと落ち着いた雰囲気だったような気がしていたが、

当時は戦後の高度成長期の最後の輝きで、日本中みんなが元気だったということかな。

1973年の武蔵野線開業から50年、ゆっくりと下り坂を降りるように、この社会は少しずつ元気を失って、みんな怒らなくなった。

大坂志郎演じる五人姉妹の父親のように、どんなことがあっても言葉を飲み込んで、大人しくしているのが美徳だと思う人が増えた。

傑作TVドラマ『雑居時代』を見ながら、そんなことを考えた。

 

« 「ずいひつ流星」35号が発行されました。 | トップページ | ちば文化資産の追加選定に「流鉄の景観」が選ばれました。(その1) »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 「ずいひつ流星」35号が発行されました。 | トップページ | ちば文化資産の追加選定に「流鉄の景観」が選ばれました。(その1) »

最近のトラックバック

最近のコメント

2024年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30