交流している団体のリンク

  • 流山市立博物館友の会
    ブログ主が所属する千葉県東葛飾地域で活動する文化団体。発足から50年近く郷土史の掘り起こしを中心に、様々な活動を展開している。
  • ダムダン空間工作所
    建築家石山修武氏が創設した建築設計事務所。那須のセルフビルドでは多大なご支援をいただきました。
  • 開拓工務店
    自宅のリフォームでDIY作業に協力してくれました。カナダで修行してきた棟梁のユニークな感性が光ります。
無料ブログはココログ
フォト

« 出版する私設図書館「本とカタツムリ」を始めます。 | トップページ | 「川柳」始めました »

2023年2月 5日 (日)

新しいジャンル:「話せばわかる」とは限らない。でも「歩けばわかる」と思う

ボクが準備している図書館では、蔵書を自分オリジナルの基準で16種類のジャンルに分類しています。

そのうち2種類内容が重なっているジャンルがあること。

逆に足りないジャンルがあること。

にうすうす気がついていたのですが、何が足りないんだろうって、突然頭に浮かびました。

「散歩」です。

ジャンルのタイトルは「『話せばわかる』とは限らない。でも『歩けばわかる』と思う」です。

 ボクの蔵書には文学、歴史、建築土木といった広範囲にわたって、「散歩」が通奏低音になる本が多く、作業を始めたらあっという間に、この写真の通り新しいジャンルの本がそろいました。

Photo_20230205142801

 

8年前まで、東京の大塚で働いていたころは、毎日、仕事帰りに街をうろうろ散歩していました。特に、夏の暑い日は夜の散歩が至福の時間でした。

ところが、8年前に埼玉の郊外にある工場に転勤して、生活は一変し、往復5時間の通勤で疲れ切って、散歩する体力も気持ちの余裕も消えました。

さらにコロナ過が追い打ちをかけて、直近の3年は都内に出かけることもなくなり、すっかり歩けない人になってしまいました。

そうなると体力は落ちるばかりで、気力はもちろん、知力まで落ちたような気がします。

そこで、心機一転靴を買いました。メレルというメーカーのモアブというハイキングシューズ。

新しい靴って、気分が上がります。今年はこいつでガシガシ歩き回って、散歩家復活を目指します。

 

 

« 出版する私設図書館「本とカタツムリ」を始めます。 | トップページ | 「川柳」始めました »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 出版する私設図書館「本とカタツムリ」を始めます。 | トップページ | 「川柳」始めました »

最近のトラックバック

最近のコメント

2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31