交流している団体のリンク

  • 流山市立博物館友の会
    ブログ主が所属する千葉県東葛飾地域で活動する文化団体。発足から50年近く郷土史の掘り起こしを中心に、様々な活動を展開している。
  • ダムダン空間工作所
    建築家石山修武氏が創設した建築設計事務所。那須のセルフビルドでは多大なご支援をいただきました。
  • 開拓工務店
    自宅のリフォームでDIY作業に協力してくれました。カナダで修行してきた棟梁のユニークな感性が光ります。
無料ブログはココログ
フォト

« 奥市川Tree-Bさんとコラボで、新しいリトルプレスを作ります。 | トップページ | 新しいジャンル:「話せばわかる」とは限らない。でも「歩けばわかる」と思う »

2023年2月 3日 (金)

出版する私設図書館「本とカタツムリ」を始めます。

昨年、7月上旬に会社をやめてから早くも7ヶ月。

いま後ろをふり返ると、ずいぶん高いところまで、山を登ってきた気分です。

 

会社員時代は会社が支給したスチールの机で仕事をしていたわけだが、退職したらすべて自前で仕事する環境を整える必要があるので、DIY作業で自分の机を作るところから始めた。

広い家なら、市販の机を置く場所も気にする必要などないけれど、何しろ、与えられたスペースがせまいので、オリジナルの特殊なサイズの机を自分で作るはめになった。

蔵書を収めるには本棚が足りないので、キャスターをつけて、自由に移動できる本棚を5個も作った。

あっ!そうだ。

那須高原で図書館を作る夢は断念しました。

理由はいろいろあるけど、すべてにおいてリソース不足でした。お恥ずかしい限りです。

認めたくないけど、体力が落ちた自分の身の丈にあった仕事をするなら、自宅中心しかないと、やっと気づきました。

そのため、那須高原の「ローカル出版社オオコバコ」と「きつねまちとしょかん」の夢は、東葛飾で展開することになりました。

そこで、悩んだ末に出来た屋号が「出版する私設図書館:本とカタツムリ」というワケです。

Photo_20230203004301

もう、ローカル出版社なんて恥ずかしくて名乗れないので、出版もやる私設図書館を目指すことにします。

ひとまず本日の報告はここまで。

仕事がだいぶ整理されて、ブログを書く気持ちの余裕が出来たので、これからはまめに更新します。

10代の頃から好きだった音楽家の高橋幸宏さんが亡くなって、いまはYMOやスケッチショウの楽曲が頭の中を駆け巡っています。

本日はYMOのこの曲。

 

 

 

« 奥市川Tree-Bさんとコラボで、新しいリトルプレスを作ります。 | トップページ | 新しいジャンル:「話せばわかる」とは限らない。でも「歩けばわかる」と思う »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

最近のトラックバック

最近のコメント

2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31