交流している団体のリンク

  • 流山市立博物館友の会
    ブログ主が所属する千葉県東葛飾地域で活動する文化団体。発足から50年近く郷土史の掘り起こしを中心に、様々な活動を展開している。
  • ダムダン空間工作所
    建築家石山修武氏が創設した建築設計事務所。那須のセルフビルドでは多大なご支援をいただきました。
  • 開拓工務店
    自宅のリフォームでDIY作業に協力してくれました。カナダで修行してきた棟梁のユニークな感性が光ります。
無料ブログはココログ
フォト

« 那須高原の「きつねまちとしょかんへ、ようこそ」 | トップページ | 出版する私設図書館「本とカタツムリ」を始めます。 »

2022年5月 7日 (土)

奥市川Tree-Bさんとコラボで、新しいリトルプレスを作ります。

那須高原で、今夏「きつねまちとしょかん」を始めることにした矢先、近隣の那須塩原市高林という町で、閉店した駄菓子屋を復活させて、ロッカーサイズ4個分の小さな空間を貸し出すので、お店を出さないかとの話が舞い込んできました。

「きつねまちとしょかん」は別荘地のルールで、営利目的の活動は出来ないから、その場所をライブラリーショップとしようと決めて、5月から開店しました。図書館が開館するまえに、ライブラリーショップだけ、一足先に開店するわけです。しかも、クルマで15分くらい離れた、場所です。日本初の分離派図書館と、ひとまず、言っておきます。日本初じゃなかったら、ごめんなさい。

ということで、「きつねまちとしょかん」の開館向けて、いろいろ準備中ではあるのですが、地元の松戸市を含む奥市川エリアにオープンして、12年目になるカフェTree-Bさんから、以前作ったリトルプレス「懐かしき未來 その1」が完売したので、増刷して欲しいとの、ありがたいオファーをいただきました。

 

増刷は、大変ありがたいのですが、刊行後6年経過して、版元も青空公房からオオコバコに名前が変わって、少しだけど実績を積んでいます。

そして、何よりも主役のTree-Bさんや、そのTree-Bさんを取り巻く環境が、大きく変化しており、全面的に内容を見直す必要を感じます。

 

そこで、Tree-Bの星さんご夫妻と、久しぶりのコラボで、改訂版というよりも、新しいリトルプレスを制作することになりました。

一昨日、目の前で最後の店頭在庫が売れましたので、ボヤッとしている暇はありません。急ピッチで仕事して近々に発表します。

どうぞご期待下さい。

 

下の写真は、江戸川沿いの空き地にある「サクラベンチ」。

何気ない日常風景が、ちょっと見方を変えるだけで、生き生きしてくる。

Tree-Bさんらしい発見です。

この桜もリトルプレスで紹介するかもしれません。

Sakura-bench

今日の1曲は、自分と同年代のロックヒーローポール・ウェラーが、1980年代に作ったスタイルカウンシルの”My Ever Changing Moods”

還暦を過ぎても枯れない姿に、心打たれます。

 

 

 

 

« 那須高原の「きつねまちとしょかんへ、ようこそ」 | トップページ | 出版する私設図書館「本とカタツムリ」を始めます。 »

旅行・地域」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 那須高原の「きつねまちとしょかんへ、ようこそ」 | トップページ | 出版する私設図書館「本とカタツムリ」を始めます。 »

最近のトラックバック

最近のコメント

2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31