交流している団体のリンク

  • 流山市立博物館友の会
    ブログ主が所属する千葉県東葛飾地域で活動する文化団体。発足から50年近く郷土史の掘り起こしを中心に、様々な活動を展開している。
  • ダムダン空間工作所
    建築家石山修武氏が創設した建築設計事務所。那須のセルフビルドでは多大なご支援をいただきました。
  • 開拓工務店
    自宅のリフォームでDIY作業に協力してくれました。カナダで修行してきた棟梁のユニークな感性が光ります。
無料ブログはココログ
フォト

« 勝手に重荷を背負ったり、背負いきれなくて、降ろしたり。 | トップページ | 思えば、ぼくは小さい頃から二拠点居住で、茨城の農村と東京を行き来して、都会の暮らしを相対視してました。 »

2021年11月28日 (日)

この物語は「きつねまちのふしぎなほんや」から始まったので、名称も「きつねまちブッククラブ」なんてのはどうかしらね。

前のエントリで書いた「宵の散策」で古本ガレージをやっていたら、お客様がぼくたちの店に「きつねまちのふしぎなほんや」という店名をつけてくれました。

童話風のイメージがわいたということらしいのですが、那須町じゃなくて、きつねまちというのは、なんだか面白いなあと、考えて、それなら那須高原のどこかに実店舗を作るのも出来ないかしらと、いろいろ検討し、仲間とも相談したけど、それはかなりハードルが高いことも、少しずつ分かってきました。

ここ数年、だいぶお世話になった那須ブックセンターがもうじき閉店します。

長い間、本屋不在の町だった那須高原で、ようやく、花が開きかけた本好きたちの交差点が、幕を下ろします。

それはつまらないなあと思ったので、代わりにどこかで、何か始めたい考えたら、いちばんお金をかけなくても始められるのが、オオコバコで読書会をやることでした。

よく考えると、そのために、自分の手で、自由に使える場所を、少しずつ30年かけて作ってきたワケで、原点回帰なのですが、自分では気がつかなくて、仲間のひよこ書店さんに言われて、ハッとしました。

「灯台もと暗し」なんて言いますが、まさにそんな感じで。

これからは、自分の身の丈にあったことをやろうって、気づいた瞬間です。

この物語は「きつねまちのふしぎなほんや」から始まったので、名称も「きつねまちブッククラブ」なんてのはどうかしらね。

読書会って言っても、昔の文学サークルなんかの難しい感じじゃなく、本を取り巻く楽しみ方の情報をシェアすることが目的でして。

本の作り方のワークショップやったり、表紙自慢の本を持ち寄ったり、千野帽子さんがやってる作らない句会ってのも面白いかも。

てなことでロゴを作ってみました。

Photo_20211128211101

この、ロゴを掲げて、「きつねまちブッククラブ」出発します。

これから、いろいろ準備して、暖かくなる来年春にスタートだね。ああ、忙しくなりそうだ。

本日の気分は6人組KIRINJIのスタートを記念した「進水式」です。

 

« 勝手に重荷を背負ったり、背負いきれなくて、降ろしたり。 | トップページ | 思えば、ぼくは小さい頃から二拠点居住で、茨城の農村と東京を行き来して、都会の暮らしを相対視してました。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 勝手に重荷を背負ったり、背負いきれなくて、降ろしたり。 | トップページ | 思えば、ぼくは小さい頃から二拠点居住で、茨城の農村と東京を行き来して、都会の暮らしを相対視してました。 »

最近のトラックバック

最近のコメント

2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31