交流している団体のリンク

  • 流山市立博物館友の会
    ブログ主が所属する千葉県東葛飾地域で活動する文化団体。発足から50年近く郷土史の掘り起こしを中心に、様々な活動を展開している。
  • ダムダン空間工作所
    建築家石山修武氏が創設した建築設計事務所。那須のセルフビルドでは多大なご支援をいただきました。
  • 開拓工務店
    自宅のリフォームでDIY作業に協力してくれました。カナダで修行してきた棟梁のユニークな感性が光ります。
無料ブログはココログ
フォト

« ベロベロに酔っ払って、一升瓶を抱えて、鹿の湯の脇の坂道を転げるように、民宿街に走ったこともありました。 | トップページ | 新しいことが始まるときは、何故だか、必ず聴きたくなるザ・バンド「ザ・ウェイト」を本日のテーマ曲に。 »

2021年6月 4日 (金)

ということで、湯本の鹿の湯温泉街は、「奥那須」エリアの入り口ということになります

国道4号線の西側から那須岳にかけて、大きく広がる那須高原。

けれども、この前の記事に書いたように、那須高原はどんどん南下しながら、範囲を広げてゆきます。

広谷地が中心て書いたけど、それすらもう古くて、もしかしたら那須塩原駅や黒磯駅が那須高原の入り口ってイメージなのかもしれません。

そこで、ボクは、那須湯本温泉街や平成の森や那須岳やどうぶつ王国を含むエリアを「奥那須」と、勝手に名付けました。

奥日光から連想した言葉ですが、ネットで検索すると板室温泉あたりを奥那須と言っているようで、気分はよく分かります。

ぼくも板室温泉が好きで、通ったことがありますから。

でも、「奥那須」は、もっと広いエリアで使いたい。(キッパリ!)

那須平成の森や、那須岳(茶臼岳)の頂上、さらに映画『テルマエロマエ』に登場した北温泉こそ、奥那須らしいスポットと言えるのではないでしょうか。

いま思えば、ぼくはオオコバコが出来るまで、民宿街と同じくらい、奥那須エリアの国民休暇村を定宿として使っていました。

那須高原に行くっていうことは、限りなく那須岳に近づくことだったのです、

ということで、湯本の鹿の湯温泉街は、「奥那須」エリアの入り口ということになります。

那須高原の一番の奥から、奥那須エリアの入り口へ。

一気に湯本温泉街の位置づけが変化しました。

通り過ぎる場所ではなく、正式な玄関口として。

奥那須と勝手に名付けたのは、ボクの勝手な意見ですが、湯本温泉街の仲間達が奥那須エリアの魅力をどんどん発信してくれています。

すでに、昨年12月のフードコート「風の杜まど花」の登場、宵の散策イベント、そして、民宿街のライトアップなど、明るい未来を予感させる出来事が続いています。

近い将来、さらに魅力的なスポットが出来るはずです。

まだ詳細は書けませんが、ぼくもそのために全力投球でがんばります。

 

 

« ベロベロに酔っ払って、一升瓶を抱えて、鹿の湯の脇の坂道を転げるように、民宿街に走ったこともありました。 | トップページ | 新しいことが始まるときは、何故だか、必ず聴きたくなるザ・バンド「ザ・ウェイト」を本日のテーマ曲に。 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ベロベロに酔っ払って、一升瓶を抱えて、鹿の湯の脇の坂道を転げるように、民宿街に走ったこともありました。 | トップページ | 新しいことが始まるときは、何故だか、必ず聴きたくなるザ・バンド「ザ・ウェイト」を本日のテーマ曲に。 »

最近のトラックバック

最近のコメント

2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31