交流している団体のリンク

  • 流山市立博物館友の会
    ブログ主が所属する千葉県東葛飾地域で活動する文化団体。発足から50年近く郷土史の掘り起こしを中心に、様々な活動を展開している。
  • ダムダン空間工作所
    建築家石山修武氏が創設した建築設計事務所。那須のセルフビルドでは多大なご支援をいただきました。
  • 開拓工務店
    自宅のリフォームでDIY作業に協力してくれました。カナダで修行してきた棟梁のユニークな感性が光ります。
無料ブログはココログ
フォト

« 2020年11月 | トップページ | 2021年4月 »

2020年12月

2020年12月31日 (木)

古本とコーヒーを楽しんだ植草甚一のように、本を小脇に抱えて、町を散歩したくなるのです。

12月になって、2回ほど那須に行ってきました。

来年予定している古本市会場の下見や打ち合わせも兼ねて、那須湯本をぶらりと散歩したワケです。

前回のエントリで、山の上の方って書いたけど、湯本の民宿街を舞台に、回遊型の古本市をやるという骨子がまとまってきました。

そういうこともあって、湯本の町を散歩したのですが、コバコのメンバーからぜひ会って欲しいと勧められたキーパーソンがいます。

それは、11月28日プレオープンした小さなフードコート「風の杜まど花」を作った高久秀将さんです。

まど花のウェブサイトが出来ていないので、NASUMOのライターさんが、バリスタの中楯さんを取材したCAFEまど花の紹介ページにリンクします。

高久さんと話をしていると、なんだか、ずっと前から知り合いだったかのように話が合う。

そのうちに、高久さんが、あの伝説の高山建築学校で学んだことを知って、納得しました。

Photo_202012311658012

そもそも、ボクが那須高原でセルフビルドを始めたのは上の写真の「高山建築学校の小野二郎」という石山修武さんのエッセイを読んだからです。

1990年に地元の図書館で、ウィリアム・モリスのことを知って、モリス研究の第一人者故小野二郎のことをよくご存じの石山修武さんがいたダムダン空間工作所に連絡をとったことがきっかけでした。

石山さんはすでに早稲田の教授になって、退所していたけれど、所員の皆さんは何も知らない素人のボクをとても良くしてくれて、そこから長い付き合いが始まりました。

そんな感覚の奥深いところででつながっている、高久さんとの出会いは刺激的で、久しく忘れていた「遊びの感性」を呼び覚ましてくれました。

まど花にいると、いろいろ、アイデアがわいてきて、止まらなくなります。

上記のバリスタ中楯さんがいれてくれるコーヒーも、衝撃的なおいしさで、窓際のカウンターに腰掛けて、コーヒーを飲みながら窓から茶臼岳の裾野を見ていると、古本とコーヒーを楽しんだ植草甚一のように、本を小脇に抱えて、町を散歩したくなるのです。

2020年の最後も今年マイブームだったKIRINJIで「日々是観光」

 

 

 

 

« 2020年11月 | トップページ | 2021年4月 »

最近のトラックバック

最近のコメント

2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31