交流している団体のリンク

  • 流山市立博物館友の会
    ブログ主が所属する千葉県東葛飾地域で活動する文化団体。発足から50年近く郷土史の掘り起こしを中心に、様々な活動を展開している。
  • ダムダン空間工作所
    建築家石山修武氏が創設した建築設計事務所。那須のセルフビルドでは多大なご支援をいただきました。
  • 開拓工務店
    自宅のリフォームでDIY作業に協力してくれました。カナダで修行してきた棟梁のユニークな感性が光ります。
無料ブログはココログ
フォト

« 最近発売された「CASA BRUTUS」の「大人も読みたいこどもの本100」という特集は、出色のできばえです。 | トップページ | コバコは、KIRINJI同様メンバー間の多様性が確保されていることで、バンドのようにお互いの足りない部分を補い合って、いいものがつくれているような気がします。 »

2020年8月29日 (土)

疲れ切った日本を誰が、どのように立て直してゆくのか、じっくりと拝見させてもらうつもりです。

小泉内閣が5年5ヶ月、安倍内閣が通算で9年8ヶ月なので、両者を合わせると15年3ヶ月。
2001年以降の20年間のうち4分の3は、この二人の首相の時代でした。

政治や法律の難しいことは分かりませんが、産業界の末端で働いてきた労働者として、経済や社会のことは多少分かります。
そこで、この二人の首相の時代に共通することは、いったい何だったんだろう、どういう特徴があるのかを、振り返ってみようと思います。

間違いなく両者に共通するのは、すでに賞味期限が切れた大企業中心のグローバル資本主義を、力づくで推し進めたことかなと思います。
バブル崩壊、リーマンショック、そして、東日本大震災といった未曾有のトラブルから、社会を立てなおすには、社会の絆を強くして、セーフティーネットを充実させて、教育を充実させて、国民全体をパワーアップさせる。

そのための資源の再配分が政治の仕事だったと思うのですが、そういった努力を放棄して、大企業と外国の資本に丸投げし、19世紀のような階級社会へと逆走させた。
時代遅れだと思って、学生時代は大嫌いだったマルクス経済学が、復権するとは、想像も出来ませんでした。

一見景気よくみえるけれど、株価の動きとは関係のない、零細な農業や酪農や水産といった地方経済を担う、そして、国民が食べていくために必要不可欠な実業が疲弊して、地方が衰退し、激しく過疎化が進んだ20年だったなと、感じています。
それは、ぼくが通っている那須エリアでも、例外ではありません。

疲れ切った日本を誰が、どのように立て直してゆくのか、じっくりと拝見させてもらうつもりです。

そして、為政者に任せ切りは、社会の風通しを悪くすることも、よく学びました。
ぼくはぼくなりに、ローカル出版社オオコバコとして、出来るレベルの活動を通して、地方の小さな経済を回すことに寄与したい。
首相の辞任表明から一夜明けて、そんなことを、ぼんやりと考えています。

最近、はまっているKIRINJIのライブ映像で「Mr BOOGIEMAN

 

 

« 最近発売された「CASA BRUTUS」の「大人も読みたいこどもの本100」という特集は、出色のできばえです。 | トップページ | コバコは、KIRINJI同様メンバー間の多様性が確保されていることで、バンドのようにお互いの足りない部分を補い合って、いいものがつくれているような気がします。 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 最近発売された「CASA BRUTUS」の「大人も読みたいこどもの本100」という特集は、出色のできばえです。 | トップページ | コバコは、KIRINJI同様メンバー間の多様性が確保されていることで、バンドのようにお互いの足りない部分を補い合って、いいものがつくれているような気がします。 »

最近のトラックバック

最近のコメント

2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31