交流している団体のリンク

  • 流山市立博物館友の会
    ブログ主が所属する千葉県東葛飾地域で活動する文化団体。発足から50年近く郷土史の掘り起こしを中心に、様々な活動を展開している。
  • ダムダン空間工作所
    建築家石山修武氏が創設した建築設計事務所。那須のセルフビルドでは多大なご支援をいただきました。
  • 開拓工務店
    自宅のリフォームでDIY作業に協力してくれました。カナダで修行してきた棟梁のユニークな感性が光ります。
無料ブログはココログ
フォト

« 制作者集団コバコが出来るまで | トップページ | 最近、映画ばかり観ています。 »

2020年4月24日 (金)

細野晴臣「僕は一寸 夏編」やばい。何度も聞いているうちに、泣きそうになってきた。

細野晴臣の最新アルバム「Hochono House」から、原曲と歌詞を変えた、「僕は一寸 夏編」が、すごくいいんです。

1973年と2019年の社会情勢の変化、20代から70代へと年齢を重ねた細野さんの変化を感じて。

原曲も好きだったけど、「夏編」は歌詞を変えて、もっとよくなりました。

1973年バージョンは「日の出る国の明日のことでも」だったのが、2019年は「日が沈む国に明日もくるはず」になって、

グローバル資本主義に席巻され、商店街はシャッター街になって、労働環境はドンドン悪化して、コロナ禍で疲れ切った、いまの気分にぴったりと寄り添って。

そんな、いまの気分を象徴しているような本を読んでるからなのかな。

田崎 基『令和日本の敗戦 ─虚構の経済と蹂躙の政治を暴く』筑摩書房

やばい。何度も聞いているうちに、泣きそうになってきた。

 

 

 

 

« 制作者集団コバコが出来るまで | トップページ | 最近、映画ばかり観ています。 »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 制作者集団コバコが出来るまで | トップページ | 最近、映画ばかり観ています。 »

最近のトラックバック

最近のコメント

2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31