所属する団体と仲間たちのリンク

  • 川嶋工務店
    那須で棟梁として活躍する川嶋満さん率いる地域住宅工房。国産材や自然素材へのこだわりに強く共感しています。
  • 千葉県市川市の建築家 住工房傅
    DIYスピリットの普及活動を展開している建築家星哲郎氏の事務所です。
  • 仙台・羅須地人協会ホームページ
    賢治とモリスの館を主宰する経済学者大内秀明先生が中心になって始まったゆるやかな集まり。東京でも活動が始まった。
無料ブログはココログ
フォト

« 今日から「働き方・住まい方研究家」を名乗ります。 働き方だけとか、住まい方だけとかの研究家はいますが、自分の中では労働と居住は表裏一体で、この二つを統合しないと意味がないと考えています。 | トップページ

2018年8月12日 (日)

みんな感覚が麻痺しているかもしれないけど、通勤電車って強力な、ある種の文化発信媒体だと思います。

最近わかってきたこと。
会社の仕事が、どーの、こーのよりも、通勤電車に乗るのが辛いんです。
「働き方・住まい方」の中間にある通勤電車がくせ者で、これをなんとかしないといけない。
みんな感覚が麻痺しているかもしれないけど、通勤電車って強力な、ある種の文化発信媒体だと思います。
車内の広告や液晶パネルに映し出される動画を見ていると、知らず知らずのうちに、何でもお金で買うことが当たり前だという、大量生産・大量消費・大量廃棄文化を受け入れてしまう。
言っとくけど、そんなの全然当たり前じゃなくて、50年くらい前までなら、都市の一部のサラリーマン社会にだけ通用する常識だったんだぜ。
それを言いたくてシリーズ化したのが「懐かしき未來」なのですが。

Photo

以前、沖縄に行ったとき、沖縄の人々の時間感覚がユニークなのは、通勤電車がないからじゃないかと、真剣に考えたこともあった。
『遅刻の誕生』という本があって、明治から大正にかけて、鉄道の発達とともに、変化していった日本人の時間感覚について書いてあります。
ただね。
最近那須町に通うようになって、気がついたのは、首都圏とは全然違う時間感覚が健在だっていうこと。
那須の人は、仕事に行くのに、あんまり電車を使わないからかもしれない。
そんな感じで、連休一日目の土曜日は、時間意識を正常な状態に戻すことから始めてみよう。
そこから、ゆっくりと次の段階へと進んでゆく。
ゆったりとした気分で、久しぶりに聴きたくなった坂本龍一の「KOKO」

« 今日から「働き方・住まい方研究家」を名乗ります。 働き方だけとか、住まい方だけとかの研究家はいますが、自分の中では労働と居住は表裏一体で、この二つを統合しないと意味がないと考えています。 | トップページ

住まい・インテリア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1353509/74018989

この記事へのトラックバック一覧です: みんな感覚が麻痺しているかもしれないけど、通勤電車って強力な、ある種の文化発信媒体だと思います。:

« 今日から「働き方・住まい方研究家」を名乗ります。 働き方だけとか、住まい方だけとかの研究家はいますが、自分の中では労働と居住は表裏一体で、この二つを統合しないと意味がないと考えています。 | トップページ

最近のトラックバック

最近の記事

最近のコメント

2018年8月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31