所属する団体と仲間たちのリンク

  • 川嶋工務店
    那須で棟梁として活躍する川嶋満さん率いる地域住宅工房。国産材や自然素材へのこだわりに強く共感しています。
  • 千葉県市川市の建築家 住工房傅
    DIYスピリットの普及活動を展開している建築家星哲郎氏の事務所です。
  • 仙台・羅須地人協会ホームページ
    賢治とモリスの館を主宰する経済学者大内秀明先生が中心になって始まったゆるやかな集まり。東京でも活動が始まった。
無料ブログはココログ
フォト

« そして何よりも今のボクにとって、宮本常一に深い共感を覚えるのは、左右のイデオロギーから無縁な、日本の庶民の世界をひたすら歩くことによって「イデオロギーの虚妄性を摩滅させていった」ということ。 | トップページ | 私の料理の特徴は、野菜がふんだんに使われていること。 素材の力を引き出す調理法で、個々の旨味を堪能していただきます。 »

2018年5月 5日 (土)

様々な風景や風の匂いや時間感覚など、那須の空気感が丸ごと体の中に入ってしまった感じで、1994年に沖縄に行った時に体験した感覚に似ている気がする。

書きたいことが次から次へと出てきて、書くのが間に合わず、二ヶ月ぶりのブログ更新になってしまった。いまはまだGWの休み中で、少し疲れもとれたので、久々のエントリです。

ことしは4月28日から連休が始まったので、絶好のチャンスとばかり、那須の山小屋で6日間暮らして、メイン本棚兼ロッカー作りをやってきた。

いままでせいぜい二日間やると、普段のデスクワークにもどるような働き方だったから、これだけ長期間にわたり毎日DIY作業に打ち込んだことはなかったし、6日間も連続で那須に滞在するのも初めての経験で、毎日こんな風景を眺めながら暮らした。

Photo

Photo_2

その結果、クタクタになりながら、なんとか本棚が完成して、自宅に戻り、二日経ってもまだぼうっとしてます。

いつもならすぐに日常に戻るのに、いつまでもぼうっとしているのは、何故だろうって、考えた。
どうも、今回は体の中に那須が入ってしまったらしいと、気づく。
山小屋でDIY作業に打ち込む一方で、アースデイ那須や「懐かしき未來」のための取材で、いろいろな人に会い、打ち合わせも行った。
これだけ、濃厚に那須の人たちと関わったのも、初めてで、様々な風景や風の匂いや時間感覚など、那須の空気感が丸ごと体の中に入ってしまった感じで、1994年に沖縄に行った時に体験した感覚に似ている気がする。

沖縄のときは、沖縄に移住することまで、脳裏をよぎったが、勤め人を辞めて移住することは現実的には不可能なので、夢として終わった。

だけど、那須には、住む場所もあるし、仲間もいる。
いよいよ今年は、軸足を徐々に首都圏から那須に移してゆける気がしている。

今夜は、那須の夜空を見ると心に浮かぶ曲。

大貫妙子と坂本龍一の「三びきのくま」



« そして何よりも今のボクにとって、宮本常一に深い共感を覚えるのは、左右のイデオロギーから無縁な、日本の庶民の世界をひたすら歩くことによって「イデオロギーの虚妄性を摩滅させていった」ということ。 | トップページ | 私の料理の特徴は、野菜がふんだんに使われていること。 素材の力を引き出す調理法で、個々の旨味を堪能していただきます。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1353509/73428130

この記事へのトラックバック一覧です: 様々な風景や風の匂いや時間感覚など、那須の空気感が丸ごと体の中に入ってしまった感じで、1994年に沖縄に行った時に体験した感覚に似ている気がする。:

« そして何よりも今のボクにとって、宮本常一に深い共感を覚えるのは、左右のイデオロギーから無縁な、日本の庶民の世界をひたすら歩くことによって「イデオロギーの虚妄性を摩滅させていった」ということ。 | トップページ | 私の料理の特徴は、野菜がふんだんに使われていること。 素材の力を引き出す調理法で、個々の旨味を堪能していただきます。 »

最近のトラックバック

最近の記事

最近のコメント

2018年5月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31