「青空公房」の仲間たちのリンク

  • ダムダン空間工作所
    建築家石山修武氏が創設した建築設計事務所。那須のセルフビルドでは多大なご支援をいただきました。
  • 空間工作所
    那須のセルフビルドで、全面的に協力してくれた建築家小須田廣利氏の設計事務所
  • 開拓工務店
    自宅のリフォームでDIY作業に協力してくれました。カナダで修行してきた棟梁のユニークな感性が光ります。
  • よいこの経済新聞
    ブログ主が発行しているウェブマガジン。おとなの頭脳と子どもの心で、地域から新しい経済を作っている人たちを応援しています。
  • 川嶋工務店
    那須で棟梁として活躍する川嶋満さん率いる地域住宅工房。国産材や自然素材へのこだわりに強く共感しています。
  • 住工房傳
    DIYスピリットの普及活動を展開している建築家星哲郎氏の事務所です。
無料ブログはココログ
フォト

« 2018年3月 | トップページ | 2018年8月 »

2018年5月

2018年5月 6日 (日)

私の料理の特徴は、野菜がふんだんに使われていること。 素材の力を引き出す調理法で、個々の旨味を堪能していただきます。

那須高原の玄関口にあたる黒磯という町にはSHOZO CAFEという有名な店があるのだが、この町に通い始めると、素敵な店はSHOZOだけじゃないことが分かってくる。
例えば、ランチでは美味しい薬膳料理の白牡丹という店が最近気に入っていて、笑顔が輝く店主の金井ひかりさんの人柄も相まって、ファンも多いらしく、予約を入れないとなかなか席が取れない。
友人の経営する店だと、ロマノ眞由美さんのきものギャラリー「MOON SILK」や、川嶋満さんが開いている古い倉庫をリノベーションした那須ベーススタジオが面白い。そんな黒磯で、もう一店強力な店を見つけた。

レストランチッチ という店で、知人に教えてもらい、電話すると当日は予約が一杯で、NGだという。そこで、翌日の夜のコースを予約し、満を持してお邪魔した。

店には高齢の母を乗せてクルマで行ったのだが、カンセキというホームセンターとの共有駐車場がある店舗なので、苦労せずに駐車することが出来た。
町中の個人店だと、駐車場が狭くて、クルマの置き場所に苦労することがあるので、高齢者連れにはありがたい。
手作り感あふれる扉を開けて中に入ると、椅子が横を向いて座りやすいようにセットしてあり、入った瞬間に店内から歓迎オーラが伝わってくる。

4

どんな場所でも最初に入った瞬間の感覚はすごく大事で、これは間違いない店だと直感した。

この日はディナータイムの野菜のコースを味わったのだが、何しろ数え切れないほどたくさんの種類の新鮮な野菜が、テンポ良く次から次へと供されて、飽きさせない。

Photo

ウェブサイトをみると
「季節によりますが、畑直送の野菜を30種類~50種類、様々な農法の野菜を取り扱っております。」
というからびっくり。
メールマガジンに登録するとメッセージが送られてきて、

私の料理の特徴は、野菜がふんだんに使われていること。
素材の力を引き出す調理法で、個々の旨味を堪能していただきます。

また、体と心を内側からキレイにするために
発酵食品や野菜(繊維質)実の物をとる。という
基本から料理を考えております。

と書いてあった。

ふっくらと焼き上がった自家製だというパンをオリーブオイルと塩だけで味わったが、パン職人顔負けのおいしさで、最後にパスタが出てくることも忘れて、おかわりしてしまった。

食事の後で、話を聞くと、「2009年の開店以来、ひとりで全てを手作りしていて、ベーコンやハム、自家発酵酵母パン、味噌、小さなお菓子まで全て。廃油から作る石鹸、発酵させて作る洗剤。さらにはお店の内装まで手がけた」というこだわり方に舌を巻いた。

そんなシェフの熊見悦伸さんが創る料理は、フレンチと和をベースにした創作料理で、最後のパスタ(これが、けっこうなボリュームだった)まで食べると、かなり満腹になったが、食後感がさっぱりしていて胃にもたれることがない。
そして、これだけ旬の野菜を豊富にとったら、病気も逃げていきそうな予感だってある。

さらには、アースデイ那須のサテライトイベントとしてやっている、お客が「古新聞でお皿を拭くと食塩プレゼント」活動も、声高に環境保護を叫ぶのではなく、さりげなくておしゃれだと思う。

2

高齢者に対して、看護師資格を持つ奥さんの接客も上手で、手慣れていて、ホッとさせられた。

これから常連になりそうな予感を感じさせる店である。

2018年5月 5日 (土)

様々な風景や風の匂いや時間感覚など、那須の空気感が丸ごと体の中に入ってしまった感じで、1994年に沖縄に行った時に体験した感覚に似ている気がする。

書きたいことが次から次へと出てきて、書くのが間に合わず、二ヶ月ぶりのブログ更新になってしまった。いまはまだGWの休み中で、少し疲れもとれたので、久々のエントリです。

ことしは4月28日から連休が始まったので、絶好のチャンスとばかり、那須の山小屋で6日間暮らして、メイン本棚兼ロッカー作りをやってきた。

いままでせいぜい二日間やると、普段のデスクワークにもどるような働き方だったから、これだけ長期間にわたり毎日DIY作業に打ち込んだことはなかったし、6日間も連続で那須に滞在するのも初めての経験で、毎日こんな風景を眺めながら暮らした。

Photo

Photo_2

その結果、クタクタになりながら、なんとか本棚が完成して、自宅に戻り、二日経ってもまだぼうっとしてます。

いつもならすぐに日常に戻るのに、いつまでもぼうっとしているのは、何故だろうって、考えた。
どうも、今回は体の中に那須が入ってしまったらしいと、気づく。
山小屋でDIY作業に打ち込む一方で、アースデイ那須や「懐かしき未來」のための取材で、いろいろな人に会い、打ち合わせも行った。
これだけ、濃厚に那須の人たちと関わったのも、初めてで、様々な風景や風の匂いや時間感覚など、那須の空気感が丸ごと体の中に入ってしまった感じで、1994年に沖縄に行った時に体験した感覚に似ている気がする。

沖縄のときは、沖縄に移住することまで、脳裏をよぎったが、勤め人を辞めて移住することは現実的には不可能なので、夢として終わった。

だけど、那須には、住む場所もあるし、仲間もいる。
いよいよ今年は、軸足を徐々に首都圏から那須に移してゆける気がしている。

今夜は、那須の夜空を見ると心に浮かぶ曲。

大貫妙子と坂本龍一の「三びきのくま」



« 2018年3月 | トップページ | 2018年8月 »

最近のトラックバック

最近の記事

最近のコメント

2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30