所属する団体と仲間たちのリンク

  • 川嶋工務店
    那須で棟梁として活躍する川嶋満さん率いる地域住宅工房。国産材や自然素材へのこだわりに強く共感しています。
  • 千葉県市川市の建築家 住工房傅
    DIYスピリットの普及活動を展開している建築家星哲郎氏の事務所です。
  • 仙台・羅須地人協会ホームページ
    賢治とモリスの館を主宰する経済学者大内秀明先生が中心になって始まったゆるやかな集まり。東京でも活動が始まった。
無料ブログはココログ
フォト

« そこに立っていると、茨城の生家で、祖父や祖母が、ときには仲間達と語らう場として、ときには作業場として、縁側をあらゆる目的に活用していた50年前の日常の暮らしが、一瞬鮮やかに蘇った。 | トップページ | おとこ杉浦日向子になるには、60歳からでは遅いけど、ほんの少し近づくだけでいい。 »

2017年12月29日 (金)

場所が縁側だからこそ、肩肘張らずに自然に始まる楽しげな合奏は、どんな曲が奏でられるんでしょう。

今年は振り返ると、いろんなコトがあったなあ。
去年の暮れに、父が他界して、バタバタとしているうちに、年が明けて。

2月の終わりに「懐かしき未來その2」が出て、下野新聞に載って、5月に那須のアースデイに店を出して、それだけでも一年分以上の仕事をしてしまった感じだ。

本の仕事が一段落したので、張り切ってDIY作業を始めたら、無理がたたって体調を崩してしまって、夏からは低空飛行のまま、年末を迎えてしまった。

前半の勢いからすると、冴えない一年だったようにも思えるけど、ここらで一度スローダウンするのもいいかもしれない。

すこしづつ肩から力が抜けて、還暦を期に心境の変化もあって、新しく生まれ変わる直前っていう半年間だったような気もする。

60過ぎたら好みのストライクゾーンが広くなって、今まで嫌いだったモノが好きになって。
その一方で、アクシデントがあって、あれほど好きだったお酒を止めることして、体が楽になった。

一年の最後に考えてみると、目下最大の関心は住まいだね。やっぱり。
住宅建築のことだけじゃなく、家族の問題、まちを住みこなすこと、職業と住まいの関係、ホームレスや貧困と居住権のこと、高齢者や障害者が暮らしやすい家、などなどテーマは無尽蔵にあって、いくら勉強しても、したりないほど。

その中でも、最大のテーマは縁側です。
自分は小さい頃、茨城県の生家で見たような縁側空間が欲しくて、那須の山小屋を作ったことに気がつきました。

そのことについては、追々ブログで取り上げて行きますが、まずは大好きな鈴木春信の錦絵から、こんな作品をひとつ紹介します。

Couple_playing_a_duet_on_koto_and_s

音楽で遊んでる感じが、いい雰囲気で、素敵だ。

場所が縁側だからこそ、肩肘張らずに自然に始まる楽しげな合奏は、どんな曲が奏でられるんでしょう。

今ならこんな感じかな。女性同士だけど、絢香と上原ひろみのコラボは、最近見た動画では出色の楽しさでした。

 

« そこに立っていると、茨城の生家で、祖父や祖母が、ときには仲間達と語らう場として、ときには作業場として、縁側をあらゆる目的に活用していた50年前の日常の暮らしが、一瞬鮮やかに蘇った。 | トップページ | おとこ杉浦日向子になるには、60歳からでは遅いけど、ほんの少し近づくだけでいい。 »

住まい・インテリア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1353509/72573685

この記事へのトラックバック一覧です: 場所が縁側だからこそ、肩肘張らずに自然に始まる楽しげな合奏は、どんな曲が奏でられるんでしょう。:

« そこに立っていると、茨城の生家で、祖父や祖母が、ときには仲間達と語らう場として、ときには作業場として、縁側をあらゆる目的に活用していた50年前の日常の暮らしが、一瞬鮮やかに蘇った。 | トップページ | おとこ杉浦日向子になるには、60歳からでは遅いけど、ほんの少し近づくだけでいい。 »

最近のトラックバック

最近の記事

最近のコメント

2018年5月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31