所属する団体と仲間たちのリンク

無料ブログはココログ
フォト

« 大量生産多量消費のスタイルに疑問を持つ、ありとあらゆる分野の人たちが、住まい作りをテーマに集い、交流すること、あるいは交流する場所を作ること、それが結果的に「地域住宅工房のネットワーク」になってゆくのかなと、ふと思いました。 | トップページ | 戦前の家父長制大家族とは異なる、21世紀型の大家族があるんじゃないかと、個人的には感じている。 »

2017年5月28日 (日)

なんだか、まとまりのないエントリだけど、仕方ないのよ。 考えることが多すぎて、自分の頭の中も、ぐちゃぐちゃなんだし。

先週のアースデイ那須出展を中心に、あっという間に駆け抜けていったような、5月もあと3日で終わり。
落ち着いて、パソコンの前に座る時間がなくて、ブログも滞りがち。
我ながら、毎回同じようなこと書いてる気がする。まずい。

Photo

考えることが、なくなった訳じゃなく、考えることが多すぎて、まとまんないんだよ、きっと。
家庭のこと、稼ぎのこと、青空公房の仕事のこと。

金曜日のパーティで会ったイギリスの人に自分の仕事のコトを説明するのに、
 One Man Publisher だと言ったら、妙に納得されたのが印象に残った。

アースデイは、事務局のメンバーが知り合いなので、どれだけ苦労しているか分かるから、
その努力に拍手喝采するしかないのだけれど、出展者としてはどこか違和感も残った。
この一週間、その違和感はなんだろうって、考えてみたけど、5年前に客として参加したアースデイと比べて、薄味になったなあと感じたのが、その原因だと思う。

ぼくにとって理想のイベントは、10年前に吉川で見た生活クラブの事業者交流会。
暖かい空気感が一日中流れていて、個々の製品をじっくりと体験したり、説明を聞いたりして、ゆっくりと過ごした。
そこのステージに登場したのがアグリカという男女二人組のユニット。
ふだんは八潮市で、農家をやっているという二人の奏でる爽やかな音楽に魅了されてしまった。
アグリカは3.11を機に、四国に移住してしまい、YouTubeでしか、演奏を聴くこともできなくなった。ウェブサイトをみたら最近、東京に戻ってきたみたいだから、生で見るチャンスもあるかな。

それはさておき、会話がしたいなあ。
いろんな人と心が通い合った、会話をたくさんしたいなあ。
どれほど、多くのコトバが飛び交っても、バラバラな方向を向いた矢印が、それぞれ勝手な方向に飛び回っているような、コトバのやりとりばかり見せつけられて、心がすり減っている。
特に、トロンとして目から光が消えたような政治家たちの語るコトバ。

前川前事務次官の記者会見を見て、久しぶりに、ホントに久しぶりに、テレビの画面でまっとうな大人の、まっとうなコトバを聞いたような気がした。

なんだか、まとまりのないエントリだけど、仕方ないのよ。
考えることが多すぎて、自分の頭の中も、ぐちゃぐちゃなんだし。

まったりとアグリカの曲でも聴いて、日曜日の締めくくりにしよう。

« 大量生産多量消費のスタイルに疑問を持つ、ありとあらゆる分野の人たちが、住まい作りをテーマに集い、交流すること、あるいは交流する場所を作ること、それが結果的に「地域住宅工房のネットワーク」になってゆくのかなと、ふと思いました。 | トップページ | 戦前の家父長制大家族とは異なる、21世紀型の大家族があるんじゃないかと、個人的には感じている。 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1353509/70699951

この記事へのトラックバック一覧です: なんだか、まとまりのないエントリだけど、仕方ないのよ。 考えることが多すぎて、自分の頭の中も、ぐちゃぐちゃなんだし。:

« 大量生産多量消費のスタイルに疑問を持つ、ありとあらゆる分野の人たちが、住まい作りをテーマに集い、交流すること、あるいは交流する場所を作ること、それが結果的に「地域住宅工房のネットワーク」になってゆくのかなと、ふと思いました。 | トップページ | 戦前の家父長制大家族とは異なる、21世紀型の大家族があるんじゃないかと、個人的には感じている。 »

最近のトラックバック

最近の記事

最近のコメント

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31