所属する団体と仲間たちのリンク

無料ブログはココログ
フォト

« 職人というのは、職業というよりは、「生き方」なのではないかと思えてきます。 | トップページ | 昨晩までは那須に行くつもりだったけど、それは諦めたから、せめて駒場の日本民藝館に行こうと意気込んでいたのだが、それすら諦めて、午前中はまったりと菊地成孔&南博のアルバム「水と花」を聴きながら、読書。 »

2017年4月 9日 (日)

実際に木が生えている状態を見に行って、その場でどのように材木として使うか考えて、伐採し製材する。 そんな努力が1000年壊れない木造建築を生むことを知り、建築観が変わるほど衝撃を受けた。

永六輔の『職人』を読んだら、その本の中にも出てきた宮大工西岡常一さんのドキュメンタリー映画『鬼に訊け』を見たくなり、DVDを見始めたらドンドン引き込まれてしまった。
あっという間の1時間半、気持ちのいい時空間に、招かれたような気分に浸った。


こんなDVDを教えてくれたのは、先日のエントリで紹介した中島睦巳さんという宮大工さん。
直接、西岡さんから技術を教えてもらった経歴の持ち主で、10数年前に那須町に移住し、現在は建築工房槐として活動している。

ぼくは古建築の保存運動を展開したウィリアム・モリスやジョン・ラスキンが好きで、ヨーロッパ中世の職人の仕事を熱く語るモリスの講演を本で読んで、感動していた。

けれども、今回DVDを見て、ヨーロッパ中世よりもっと昔、飛鳥時代の日本の職人について語る西岡さんの言葉のひとつひとつに、より深い感動を覚えた。

デザイナー、思想家として、モリスは素晴らしい。だけど、自分で手を動かして建物をこしらえる西岡さんの言葉の重みに軍配が上がる。

歴史の重みとか、自然への畏敬とか、軽く書けるけど、実際に木が生えている状態を見に行って、その場でどのように材木として使うか考えて、伐採し製材する。
そんな努力が1000年壊れない木造建築を生むことを知り、建築観が変わるほど衝撃を受けた。

そして、そういう技術が宮大工の中で、代々受け継がれてきた。
宮大工と、宮大工を取り巻く豊かな社会を作ってきた父祖たちの叡智に、いまはちょっと感動している。

坂本龍一「hibari」

« 職人というのは、職業というよりは、「生き方」なのではないかと思えてきます。 | トップページ | 昨晩までは那須に行くつもりだったけど、それは諦めたから、せめて駒場の日本民藝館に行こうと意気込んでいたのだが、それすら諦めて、午前中はまったりと菊地成孔&南博のアルバム「水と花」を聴きながら、読書。 »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 職人というのは、職業というよりは、「生き方」なのではないかと思えてきます。 | トップページ | 昨晩までは那須に行くつもりだったけど、それは諦めたから、せめて駒場の日本民藝館に行こうと意気込んでいたのだが、それすら諦めて、午前中はまったりと菊地成孔&南博のアルバム「水と花」を聴きながら、読書。 »

最近のトラックバック

最近の記事

最近のコメント

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31