所属する団体と仲間たちのリンク

無料ブログはココログ
フォト

« 都内を転々とした、ふるさと喪失者のボクにとって、那須町はいくつかあるふるさとの一つになり始めている。「ありがとう黒田原」 | トップページ | ブログのタイトルをDIY出版「青空公房」のブログに変更しました。 »

2017年2月26日 (日)

名称は「生活文化ライブラリー@青空公房」として、日本流のきものや住まいなど、生活文化に関連した本を、緑茶でも飲みながら楽しんでもらえるような場所にして、「懐かしき未來」に共感してくれる人たちが集える空間になればと考えています。

先週、「懐かしき未來 その2」の発行を終えて、三日間販売店さんを駆けずり回って、一週間たったところで、これまでの疲れがどっと出たのか、体調を崩してダウン。

ちなみに取扱店は下記の通り。

【那須エリア】
金子書店(黒田原)
大原レストラン(黒田原)
那須きものスタイル(黒田原)
遊行茶屋(芦野)
隠居の間(芦野)
駄菓子屋ちゃ色(伊王野)
白牡丹(那須塩原)

【千葉県市川市】
ブックカフェ ローゼンホルツ
雑貨カフェ Tree-B

まだ販売店は増える可能性もあるので、その都度紹介しますが、いずれも個性豊かな店主さんたちが運営するお店で、ぜひ訪れてもらいたい場所ばかりです。

行き方が分からない人は、最初に黒田原駅前にある金子書店さんを訪ねてもらうと、教えてくれると思います。まちの駅にも指定されている本屋さんで、コーヒーやお酒も楽しめる、面白空間です。

那須のへそ 黒田原まちの駅のまちの駅

そういや、金子書店さんはミニFM局をやっているらしい。
80年代に自由ラジオっていうミニFM局がちょっと流行した時期があって、
粉川哲夫「これが『自由ラジオ』だ」っていう本を読み耽ったことがありました。

古い本で画像もないけど、紹介だけしますから、バカ高いAmazonじゃなく、フツーの古本屋さんか、図書館で見て下さい。
インターネットのない時代に、名もない一個人が安価に情報発信するための、ノウハウが書いてあって、ぼくはこの世界に一気に引き込まれてしまいました。
といっても、何も出来ずに歳月が流れ、金子書店さんを知ったことは、とても嬉しいです。

 

ひと仕事終えたばかりで、まだまだ気が早いのかもしれないけど、何年も前から、構想だけは作ってきた読書空間もことしの夏頃までにはオープンにこぎ着けたいと思います。

名称は「生活文化ライブラリー@青空公房」として、日本流のきものや住まいなど、生活文化に関連した本を、緑茶でも飲みながら楽しんでもらえるような場所にして、「懐かしき未來」に共感してくれる人たちが集える空間になればと考えています。

今日はたまに演奏を聴きにゆくユニット「あわいびと」のメンバー中村力哉さんのピアノで「朧月夜」をまったりと楽しみます。

あわいびと

数年前、あわいびとの那須ライブを見逃したのが、とても残念だけど、こうして家でピアノを聴いているだけで、癒やされます。

« 都内を転々とした、ふるさと喪失者のボクにとって、那須町はいくつかあるふるさとの一つになり始めている。「ありがとう黒田原」 | トップページ | ブログのタイトルをDIY出版「青空公房」のブログに変更しました。 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 都内を転々とした、ふるさと喪失者のボクにとって、那須町はいくつかあるふるさとの一つになり始めている。「ありがとう黒田原」 | トップページ | ブログのタイトルをDIY出版「青空公房」のブログに変更しました。 »

最近のトラックバック

最近の記事

最近のコメント

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31