所属する団体と仲間たちのリンク

無料ブログはココログ
フォト

« 2016年11月 | トップページ | 2017年1月 »

2016年12月

2016年12月23日 (金)

まだ母と出会う前の、自分が知っている小太りの父の姿とは全くちがう やせた青年だった父の写真と対面したとたん、なぜか号泣してしまった。

同居していた父が、自宅で急死して10日たって、ブログには書ききれないほど、
その間もの凄くいろんなことがあって、気持ちの方が先走っていて、
頭の中が整理できてなくて、
こういう時は、本を読んでも、全く頭に入らないので、毎日音楽ばかり聴いている。

父は老衰で88歳で亡くなったから、急死にはあたらないかもしれないけど、
亡くなる二日前まで、普通に生活していて、その日の晩は、深夜も寝ないでワアワアしゃべって、母を困らせていたら、翌日意識を失って、あっけなく死んでしまった。

ずっと前から覚悟はしていたけど、いまひとつ、気持ちの上で、父の死を受け入れられないのかもしれない。

ブログを書くことで、頭を整理しようとしているのに、いかん。
余計にザワザワしてきた。


歌はいらない。言葉はムナシイ。ピアノの音色が心にしみる。
父の葬儀に間に合うように、大急ぎで「父と東京」という小冊子を作った。
葬儀屋さんの世界では、こういうのを「栞」というらしい。

父が亡くなっても、全然、涙も出ないし、平常心で受け止めていたのに、
この冊子を作るときに、父が24歳の時の写真に出会ってしまった。
いままで見た記憶はないが、見逃していただけかもしれぬ。

まだ母と出会う前の、自分が知っている小太りの父の姿とは全くちがう
やせた青年だった父の写真と対面したとたん、なぜか号泣してしまった。

前回のエントリで書いたトレーシー・ソーンの歌声のような清々しい、イノセントな感じの写真がまぶしすぎる。

だから、この写真を表紙に使うことにした。

Photo_3

もしかしたら自分でも解明不可能な、言葉では表現できない、心の奥底に横たわっている感情が爆発したのかもしれない。

Photo

出来上がった栞は棺の中に入れてあげた。
父は湿っぽい話が嫌いだったので、これでもうおしまいにしよう。

そうだ、小学校5、6年のころ、父と二人でたくさん洋画を観に行ったことを思い出した。
「ローマの休日」や「アラビアのロレンス」のリバイバル、確か新作の「2001年宇宙の旅」も観た。その中でも一番印象的だったのがアラン・ラッドの「シェーン」。

東銀座にあった東劇でワクワクしながら観た。
古き良き時代だったね。

 

2016年12月11日 (日)

固い殻が壊れてゆくのが面白くて、自分のことなのに、妙に客観視して見ているオレがいる。 その結果、すね者のアンダーグラウンドなメディアだった「懐かしき未來」が、那須町の小学生にも読んでもらうような健全な本として、世に出ようとしている。

ひと月ぶりのブログ更新。少しの時間でも、PCに向かうと、「懐かしき未來」の仕事をやっているので、仕方ないか。

最近ひとりで、ぼうっとして、物思いにふける時間が増えた。

この半年間、本を作りながら、ずいぶん、いろんなことを考えた。
中でも面白かったのは、学校の先生と一緒に仕事をして、初めてうまく行っているってこと。

東京下町の古風な花街で育ったオレは、引っ越し先の練馬の上品な幼稚園で、行儀よくお遊戯をするのは決まり悪くて、反抗的だった。当然先生にも嫌われて、叱られてばかりいた。

こうして幼稚園でつまずいて以来、高校卒業までずっと、学校の先生とは相性が悪くて、反体制、反権力のロック少年として育ってしまったから、サラリーマンを何年やっても、周囲の社会と馴染めず、アンダーグラウンドな人間として、一生を終えると思っていたから、エラい人、マジメな人、中でも学校の先生とは組んで仕事をしないことにしていた。

だから、ZINEとかリトルプレスって、どこかマイナー指向で、すねた気分があって、読んで欲しいけど、あまりたくさんの人には読んでもらいたくないような、アンビバレントな気分を抱えながら「懐かしき未來 その1」を作った。そういう意味では、ひとりぼっち史上最高傑作だったのかもしれない。

そんなオレが、偶然が重なった結果、現役ではないにしても、18年間も小学校の先生だった人と一緒に仕事をしている。
先生はオレの周りに50年かかって出来てしまった固い殻をガシガシ壊してゆく。
固い殻が壊れてゆくのが面白くて、自分のことなのに、妙に客観的に冷めた目で見ているオレがいる。
その結果、すね者のアンダーグラウンドなメディアだった「懐かしき未來」が、那須町の小学生にも読んでもらうような健全な本として、世に出ようとしている。

長年親しんだ自分の固い殻だから、殻が壊れるのは寂しいし、ちょっと心細い。

だけど、自分が始めたDIY普及活動を青空公房と名付けたのは、幅広く「自分で出来ることは、自分でやる」DIYスピリットを、一人でも多くの人と共有したいと思ったから。
青空公房の本来の目的にかなった方向に向かって進んでいるんだろうな、多分。

気合いを入れるのは、苦手だけど、2017年はそろそろ本気になる時かな。

そうしないと、一生本気にならずに終わっちゃうかもしれないし。

ひとまず、アンダーグラウンドと言えば、ヴェルベット・アンダーグラウンドの名曲をカバーしたトレーシー・ソーンの「ファム・ファタール」が、やっぱり今の気分。

何度聴いても、清々しくて、イノセントな感じで、ハッとするような輝きがあるからね。



« 2016年11月 | トップページ | 2017年1月 »

最近のトラックバック

最近の記事

最近のコメント

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31