所属する団体と仲間たちのリンク

無料ブログはココログ
フォト

« 菊地さんは「きもの」が那須の古町で共愉的な道具として、Kさんを始めとする若い人たちに受け入れられて、人と人を繋ぎ始めていることを、嬉しそうに語ってくれた。 | トップページ | 西洋人は、日本が平和のおだやかな技芸に耽っていたとき、日本を野蛮国とみなしていたものである。だが、日本が満州の戦場で大殺戮を犯しはじめて以来、文明国とよんでいる。 天心が亡くなって100年、そろそろ、目覚めないと、天心に叱られるぜ。 »

2016年8月15日 (月)

YouTubeを見ていて発見したのがポコの"Staring At The Sky" レコードで持っているのに、長いこと聴いてないので、忘れていた名曲。 この曲、なんか、いまの俺の気分にすごくしっくりくる。

8月11日の夜から13日まで、5月以来、3ヶ月ぶりの那須町行き。

いつものように遊行茶屋でランチ。カレーと旬の地元野菜のセットが美味しかった。

2016

芦野温泉でくつろいだあと、中学1年生2人を隈研吾設計の那須町歴史探訪館に連れて行き、那須町の歴史を少しだけ勉強してもらった。

さらに歴史探訪館同様、隈研吾設計の石の美術館に行き、ショップで売っていたポップ立てが気に入ったので、購入。

超ミニギャラリーを作ってみた。

1

山小屋に戻って荷物を整理していたら、こんなモノを発見。
買った記憶はないから、多分もらい物。
そこで子どもたちと一緒に、久しぶりのバーベキューにした。

高価な牛肉より、鶏のもも肉が美味しい。
那須の清涼な空気の中で食べたら、今まで食べた中で、最高の焼き鳥だった。

2016_1

那須の山小屋で見つけたこんな本。20数年前に読み耽った。
「まちづくり」とか、「地域おこし」って、魅力的な言葉で、20代の頃中小企業診断士の勉強したのも、コンビニエンスストアの本部で仕事したのも、小さな町の、小さな商店を元気にしたいと考えたから。
それから20数年、現実の前に、次々と夢は破れてしまうんだけど、青空公房を始めて、理論ではなく、実際に小冊子を作り始めて、素敵な人たちとの出会いもあって、ほのかな希望も芽生え始めている。

Photo_2

YouTubeを見ていて発見したのがポコの"Staring At The Sky"
レコードで持っているのに、長いこと聴いてないので、忘れていた名曲。
この曲、なんか、いまの俺の気分にすごくしっくりくる。

Photo

「青空公房」のテーマ曲にいいかも。

自宅に帰ってきて二日経って、疲れもとれて、だんだんアタマがクリアになって。
青空公房の仕事しようって気力が満ちてきた。

« 菊地さんは「きもの」が那須の古町で共愉的な道具として、Kさんを始めとする若い人たちに受け入れられて、人と人を繋ぎ始めていることを、嬉しそうに語ってくれた。 | トップページ | 西洋人は、日本が平和のおだやかな技芸に耽っていたとき、日本を野蛮国とみなしていたものである。だが、日本が満州の戦場で大殺戮を犯しはじめて以来、文明国とよんでいる。 天心が亡くなって100年、そろそろ、目覚めないと、天心に叱られるぜ。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 菊地さんは「きもの」が那須の古町で共愉的な道具として、Kさんを始めとする若い人たちに受け入れられて、人と人を繋ぎ始めていることを、嬉しそうに語ってくれた。 | トップページ | 西洋人は、日本が平和のおだやかな技芸に耽っていたとき、日本を野蛮国とみなしていたものである。だが、日本が満州の戦場で大殺戮を犯しはじめて以来、文明国とよんでいる。 天心が亡くなって100年、そろそろ、目覚めないと、天心に叱られるぜ。 »

最近のトラックバック

最近の記事

最近のコメント

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31