所属する団体と仲間たちのリンク

無料ブログはココログ
フォト

« 高齢化、少子化し、人口減少社会になり、グローバリズムに疲れた日本人に必要なのは、「なんとか維新」や「アホのミクス」で尻を叩くことじゃなく、落ち着いて暮らせる新しい江戸時代を作ることだと思うんですけど、間違ってるのかな、俺 | トップページ | YouTubeを見ていて発見したのがポコの"Staring At The Sky" レコードで持っているのに、長いこと聴いてないので、忘れていた名曲。 この曲、なんか、いまの俺の気分にすごくしっくりくる。 »

2016年7月30日 (土)

菊地さんは「きもの」が那須の古町で共愉的な道具として、Kさんを始めとする若い人たちに受け入れられて、人と人を繋ぎ始めていることを、嬉しそうに語ってくれた。

どうやら、ぼくは学校とか、産業界とか、お役所とか、きちんとした社会には馴染めないタチらしい。
今になって振り返れば大学生の頃は、水槽の金魚を何時間も眺めたり、無意味な時間を愉しんでいた時期もあった。
その頃はまさか、4年生になって会社訪問して、その後35年間も勤め人をやるなんて夢にも思わなかった。

イバン・イリイチの『脱学校の社会』という思想に共鳴して、学校教育に不信感を持っていたから、今年30歳になる長男には読書の習慣だけつけさせて、勉強は強要せず、バスケットボールが好きだったから、トコトンバスケをやらせ、遊び狂わせて育てた。

一生フワフワして、生きて行ければいい。考えているのはそれだけ。
そんなだから、学校の先生はもちろん、学級委員タイプの優等生とも相性が悪くて、いまでも、パーティーなどで同席した時は、しっぽを巻いて逃げ出したくなる。

今年の春先に「わたしのきものの先生菊地厚子さんを紹介します。」と、那須町在住の若い女性の友人Kさんに言われたが、元小学校教諭だと聞いて、実際に会ってみるまでは不安だった。

そんな菊地さんが、先週の日曜日に、まる一日ぼくのために時間を割いてくれて、たっぷり、一対一で話し、大切にしている若いお弟子さんたちに出会わせてくれた。

那須高原で家を作り始めた1990年代初頭から今まで、ずいぶんたくさんの人と会ってきた。
そうするうちに、たとえ意見が一致しても、実際に行動に移すと尻込みする人が99.9%だという事実もイヤというほど学んだ。
酔った勢いで、風呂敷を広げ、大きなコトをいう男性は特に。

それに気づいてから、最近は女性との出会いが増えている気がする。
若い頃は、異性を意識して遠慮していたけど、いい案配に爺さんになったので、誰の目も気にすることなく、女性と話が出来るようになった。

すると女性の中には、男性以上に「男気」を感じさせ、卒業した大学だの、勤め先の格だの、育ちだのといった「権威」に寄りかかる男性を尻目に、「権威」とは無関係な「自前」の思想を育てている人がいることに気づく。

菊地さんはまさにそんな人だった。
10数年前まで小学校の先生をやっていたことを感じさせないのだ。
いや、今だって教育には一家言も二家言もあるから、立派に先生でしょって、本人から怒られそうだが、先生というよりは、いろいろな分野のクリエーターと話す時に感じるのと同じ空気感がある。

既成の「着物の着付け教室」のやり方に、疑問を感じて「那須きものスタイル」を作ったから、もう教科書のない世界に入っている。
教え方も、本に書いてない自分のオリジナルで、やっている。
そんな状況だから、最近はきもの関係の本を読むことが、少なくなったと話してくれたのが印象的だった。

こんな人に出会うと、圧倒されて、在り来たりの本で読んで得た知識など、何の価値もないように思えて、本を手に取ることも出来ず、3日間ぼうっとして音楽ばかり聴いていた。

4日目にやっと手に取った本が『脱学校の社会』を書いたイリイチの『コンヴィヴィアリティのための道具』と、イリイチの思想とパソコンやインターネットの関連について詳しく紹介している岩波新書の古瀬幸広・広瀬克哉『インターネットが変える世界』だった。

「コンヴィヴィアリティ」とは「みんなでワイワイがやがやと楽しい」という意味のイリイチの造語で、古瀬・広瀬両氏は「共愉」と訳した。

「共愉的な道具(convivial tool)とは、産業化、大規模化、広域化し、人と人を分断する一方の技術や道具や社会的な制度といったツールに対して、等身大の生活世界の中で、誰もがいきいきとした暮らしを出来て、人と人を繋げる役目を果たすようなツールをいう。

そして、菊地さんは「きもの」が那須の古町で共愉的な道具として、Kさんを始めとする若い人たちに受け入れられて、人と人を繋ぎ始めていることを、嬉しそうに語ってくれた。

最初から学校が苦手なぼくと、学校社会から脱却してきた菊地さんとの不思議なコラボレーション。
この菊地さんの想いを、うまく本に表現したくて、いまはワクワクしながら仕事を進めている。

菊地さんと一日一緒にいて、古謝美佐子を思い出した。若い頃からネーネーズや坂本龍一の世界ツアーに参加したり、大活躍する島唄の大御所だけど、立派なステージやバンドがいなくても、三線と歌声だけで、人と人を繋げる希有なミュージシャンだと思う。

« 高齢化、少子化し、人口減少社会になり、グローバリズムに疲れた日本人に必要なのは、「なんとか維新」や「アホのミクス」で尻を叩くことじゃなく、落ち着いて暮らせる新しい江戸時代を作ることだと思うんですけど、間違ってるのかな、俺 | トップページ | YouTubeを見ていて発見したのがポコの"Staring At The Sky" レコードで持っているのに、長いこと聴いてないので、忘れていた名曲。 この曲、なんか、いまの俺の気分にすごくしっくりくる。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1353509/66756219

この記事へのトラックバック一覧です: 菊地さんは「きもの」が那須の古町で共愉的な道具として、Kさんを始めとする若い人たちに受け入れられて、人と人を繋ぎ始めていることを、嬉しそうに語ってくれた。:

« 高齢化、少子化し、人口減少社会になり、グローバリズムに疲れた日本人に必要なのは、「なんとか維新」や「アホのミクス」で尻を叩くことじゃなく、落ち着いて暮らせる新しい江戸時代を作ることだと思うんですけど、間違ってるのかな、俺 | トップページ | YouTubeを見ていて発見したのがポコの"Staring At The Sky" レコードで持っているのに、長いこと聴いてないので、忘れていた名曲。 この曲、なんか、いまの俺の気分にすごくしっくりくる。 »

最近のトラックバック

最近の記事

最近のコメント

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30