所属する団体と仲間たちのリンク

無料ブログはココログ
フォト

« そうだ、このエントリはぼくにDIY本作りの楽しさを教えてくれた旅行作家で、グラフィックデザイナーの故中村哲夫さんに捧げよう。 | トップページ | 人間の外側を取り巻いている「自然」→自分の体の内外で共鳴する「宇宙」へと、 視点を変えることで新しく見えてくるものがある。 もしかしたらこの本と出会って、何か、とてつもなく、 大きなモノを発見してしまったのかもしれない。 »

2016年2月28日 (日)

競争を避けて、早春に急いで命を繋いでいる福寿草のような春の妖精たちがいる。 実際の生き物の世界は、「生存競争」だ、「弱肉強食」だ、「自由競争」の市場社会が人間の進むべき自然な社会なのだ、なんていう粗雑な論理の対極にある。

高月美樹さんが作った「「和暦日々是好日」をパラパラと眺めていたら、節分草、福寿草、片栗、一輪草など、寒さの残るウチに咲いて、幻のように消えてしまう花たちを、スプリング・エフェメラル(春の妖精)呼ぶのだと書いてあるのを発見した。

多くの草花が繁茂し始める前の、わずかな期間を狙って、花をつけ数少ない虫を呼び寄せて、夏にはすっかり地上から姿を消す。

競争を避けて、早春に急いで命を繋いでいる福寿草のような春の妖精たちがいる。
実際の生き物の世界は、「生存競争」だ、「弱肉強食」だ、「自由競争」の市場社会が人間の進むべき自然な社会なのだ、なんていう粗雑な論理の対極にある。

身近な自然の中に、驚くばかりの精緻な世界がある。

2月もそろそろおしまい。
少しずつ暖かい日が多くなってきて、柔らかい日差しが心地よい。
ウチの周りに、那須高原のような大自然はないけど、外に出て、小さな自然の中を散歩するのもいいな。

先週末も仕事で、ブログは更新できず、プライベートはバタバタしどうしだ。
その上、平日、早朝から夜遅くまで、時間に追われながら忙しなく働いている今、休みの日くらい、自然のリズムに身を浸したい。

経済学の世界で、工業的時間に対して、農業的時間の意義を唱えた室田武の名著『水土の経済学』を紹介したいのだが、25年前に文庫化されたこの本もとっくの昔に絶版になっている。

そして、この25年間は、室田さんの考えた方向とは真逆に進んでいて、

すでにかげりをみせはじめている工業を、農業が後追いして心中する

ような議論がまかり通って、「TPPで攻めの農業だあ!エイ・エイ・オー!!」的、状況になっていることはご存じの通り。

いつまで続くのだろうか、日本社会に蔓延するこのうすらバカ的展開は。

去年、尾崎亜美さんの「春の予感」をリンクしたから、今日は同じように春を感じさせる「マイ・ピュア・レディ」を。

浪人時代の寒い冬が終わって、入学式当日、大学のキャンパスに入った瞬間に、クラブの勧誘で流れていたのがこの曲。
もう40年近い昔の歌だけど、未だに新鮮な気持ちになる名曲だなあ。

« そうだ、このエントリはぼくにDIY本作りの楽しさを教えてくれた旅行作家で、グラフィックデザイナーの故中村哲夫さんに捧げよう。 | トップページ | 人間の外側を取り巻いている「自然」→自分の体の内外で共鳴する「宇宙」へと、 視点を変えることで新しく見えてくるものがある。 もしかしたらこの本と出会って、何か、とてつもなく、 大きなモノを発見してしまったのかもしれない。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« そうだ、このエントリはぼくにDIY本作りの楽しさを教えてくれた旅行作家で、グラフィックデザイナーの故中村哲夫さんに捧げよう。 | トップページ | 人間の外側を取り巻いている「自然」→自分の体の内外で共鳴する「宇宙」へと、 視点を変えることで新しく見えてくるものがある。 もしかしたらこの本と出会って、何か、とてつもなく、 大きなモノを発見してしまったのかもしれない。 »

最近のトラックバック

最近の記事

最近のコメント

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31