交流している団体のリンク

  • 流山市立博物館友の会
    ブログ主が所属する千葉県東葛飾地域で活動する文化団体。発足から50年近く郷土史の掘り起こしを中心に、様々な活動を展開している。
  • ダムダン空間工作所
    建築家石山修武氏が創設した建築設計事務所。那須のセルフビルドでは多大なご支援をいただきました。
  • 開拓工務店
    自宅のリフォームでDIY作業に協力してくれました。カナダで修行してきた棟梁のユニークな感性が光ります。
無料ブログはココログ
フォト

« 初めてのZINEを作り終えて、ここからどこへ向かうのか、いまはまだ混沌としている。 次の企画は、いったい誰を相手にして、何を伝えようとするのか。 | トップページ | そんな芦野だが、いま「那須きものスタイル」というグループが日常生活できものを着る活動していることを知った。 »

2016年1月31日 (日)

「物欲の世界」にいると、お店が沢山あって、買い物が出来るのが便利な町で、繁栄しているように見える。けれども、いったん物欲が消えてしまうと、見える世界が変わってしまう。

今日は朝からずっと自宅ベランダのペンキ塗りだった。
リフォームの予算が足りないので、始めたペンキ塗りだけど、慣れてくると結構楽しい。
傷んだ材木をチェックしながら、塗装するのは、木が喜んでいるようで、嬉しくなる。

もう少し暖かくなったら、書庫の整理が始まるだろう。
それまでは、買い物をしても、家が狭いので、置く場所もない。
午後から、近所のショッピングセンターに行ったのに、買いたいモノが何もないことに気づく。

先週は去年一度読んだ菅付雅信『物欲なき世界』を再読した。
朝刊の新聞広告によると第4刷が出来た話題作というコトらしい。

自分でも、物欲が減退したと感じるが、それは歳をとったせいだけじゃない気がする。
それは、昨年、ZINE「懐かしき未来 その1」を作っている時から感じていた。
そして、21世紀の今、むしろ物欲があると幸せになれないって、事実に気づいてしまった。

「物欲の世界」にいると、お店が沢山あって、買い物が出来るのが便利な町で、繁栄しているように見える。

けれども、いったん物欲が消えてしまうと、見える世界が変わってしまう。
例えば、いま関心を持って見ている那須町芦野を、思い浮かべる。
クルマで30分ほどかけて、黒磯まで行かないと、大きなお店はない、ある意味では辺鄙な町。
ところが、「物欲なき世界」では、お店がないコトが弱点どころか、むしろ強みに転じる可能性がある。

なにしろ、古代からの道がいまでも、壊されずに残っている。
今となっては、鉄道が通らなかったことが、この町に幸いし、芭蕉や西行が見た景観が奇跡的に保存されている。
芭蕉の時代どころか、昭和時代まで生きていた文豪の痕跡すら消えているのが、今の東京である。
数年前に芥川龍之介の旧宅を探して、田端を歩いたが、北区が設置したプレートが建っているだけで、住居の痕跡は何一つ残っていなかった。
芥川賞に名を残す、日本近代を代表する文豪の家にして、こんな有様である。

それを思えば、芦野がどれだけすごい、日本の宝か、わかるでしょう。
景観だけではない、いま町では古い日本の文化を継承するために、3月には「きものまつり」というイベントを行うという。
この町で、「物欲なき世界」の楽しさを、じっくり体験してみたい。

今日の一曲は、毎年、この時期になると聴きたくなるサー・ローランド・ハナ・トリオの「スケーティング・イン・セントラルパーク」

« 初めてのZINEを作り終えて、ここからどこへ向かうのか、いまはまだ混沌としている。 次の企画は、いったい誰を相手にして、何を伝えようとするのか。 | トップページ | そんな芦野だが、いま「那須きものスタイル」というグループが日常生活できものを着る活動していることを知った。 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 初めてのZINEを作り終えて、ここからどこへ向かうのか、いまはまだ混沌としている。 次の企画は、いったい誰を相手にして、何を伝えようとするのか。 | トップページ | そんな芦野だが、いま「那須きものスタイル」というグループが日常生活できものを着る活動していることを知った。 »

最近のトラックバック

最近のコメント

2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31