所属する団体と仲間たちのリンク

無料ブログはココログ
フォト

« 半年かけた第1回目のZINEづくりは、ひとまずこれで終了。 ちょっと淋しい「終わりの季節」 | トップページ | ポートランドの「ツール・ライブラリー」というDIY用の工具を貸し出す工具ライブラリーについて調べていて見つけた本で、大月ヒロ子さん、富井雄太郎さんという人が企画した『クリエイティブリユース』は内容も装幀も斬新だ。 »

2015年12月26日 (土)

「懐かしき未来」の表紙だけでは、中身がわからないと思うので、目次を含む冒頭の部分のみ編集したPDFファイルを作って、添付します。

今回のZINE「懐かしき未来 その1」で取り上げたTree-Bで、トイピアノのコンサートをやるというので、行ってきた。

木太聡(きたあきら)さんという若いピアニストが今夜の主役。

オモチャのピアノで、一時間以上のコンサートって、想像がつかないんだけど、とにかく行って見た。

Toypiano_2

トイピアノだけでなく、電気ピアノと鍵盤ハーモニカや鉄琴も使うのだが、それはさておき、木太さんの演奏が始まると、次第に音の響きに引きこまれてゆく。
懐かしい、まるで母の胎内で聞いたことのあるような、心の一番奥深くに眠っている記憶を呼び覚まされる演奏を、ソファに腰掛けてリラックスして聴けるので、心と体の疲れが癒やされるような気がする。

それなのに、不思議と眠くならず、頭はしっかりと覚醒している。
きっと、イマジネーションを刺激されるからだと思う。

抽象画のようなセロニアス・モンクのピアノを聴く時の雰囲気にも似ているかもしれない。

Toypiano_3Toypiano_4

「懐かしき未来」という言葉にぴったりと寄り添うような、不思議な演奏をたっぷりと楽しんだ。
それと、「懐かしき未来」の表紙写真だけでは、中身がわからないので、目次を含む冒頭の部分のみ編集したPDFファイルを作って、添付します。

「懐かしき未来(見本版)」をダウンロード

気に入って、全文読みたいと思った方はメール等にて連絡して下さい。
事前に本を送るので、郵便振替口座で送料と本代を支払ってもらえればOKです。

シリーズのサブタイトルを”Get Creative and Save Money with DIY ”に変更しました。

これから進むべき方向性がより、明確化してきたと思います。

今夜の曲は木太聡さんの最新アルバムにある「静物のための習作」

« 半年かけた第1回目のZINEづくりは、ひとまずこれで終了。 ちょっと淋しい「終わりの季節」 | トップページ | ポートランドの「ツール・ライブラリー」というDIY用の工具を貸し出す工具ライブラリーについて調べていて見つけた本で、大月ヒロ子さん、富井雄太郎さんという人が企画した『クリエイティブリユース』は内容も装幀も斬新だ。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1353509/63164536

この記事へのトラックバック一覧です: 「懐かしき未来」の表紙だけでは、中身がわからないと思うので、目次を含む冒頭の部分のみ編集したPDFファイルを作って、添付します。:

« 半年かけた第1回目のZINEづくりは、ひとまずこれで終了。 ちょっと淋しい「終わりの季節」 | トップページ | ポートランドの「ツール・ライブラリー」というDIY用の工具を貸し出す工具ライブラリーについて調べていて見つけた本で、大月ヒロ子さん、富井雄太郎さんという人が企画した『クリエイティブリユース』は内容も装幀も斬新だ。 »

最近のトラックバック

最近の記事

最近のコメント

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31