交流している団体のリンク

  • 流山市立博物館友の会
    ブログ主が所属する千葉県東葛飾地域で活動する文化団体。発足から50年近く郷土史の掘り起こしを中心に、様々な活動を展開している。
  • ダムダン空間工作所
    建築家石山修武氏が創設した建築設計事務所。那須のセルフビルドでは多大なご支援をいただきました。
  • 開拓工務店
    自宅のリフォームでDIY作業に協力してくれました。カナダで修行してきた棟梁のユニークな感性が光ります。
無料ブログはココログ
フォト

« 今週は、古くなって捨てられそうになっていたディレクターチェアにステンシルでメッセージを書き入れて、リメイクしてます。新しいもの買うより、廃物に命を吹き込むことの方がずっと楽しいから。 | トップページ | 生い先みじかいんだから、ツマラナイ本を読んでる時間なんてないのよ。 ジャンルにこだわらず、先入観を捨てて、名作をじゃんじゃん読んで、自分の感受性に水やりしてあげないと、ココロがどんどん磨り減ってしまいます。だって、こんな殺伐とした、お馬鹿な世の中なんだからさあ。 »

2015年9月30日 (水)

子ども時代に読み損ねた本を、大人になって読むのも、なかなか楽しいもんだからね。 小学校二年生まで、家には子どもの本が二冊しかない貧乏な少年時代だったから、読み損ねた児童文学は山ほどあるし。

昨日の夜、だいぶ帰りが遅くなったけど、それでも開いている新松戸のトキワブックスで「フイナム・アンプラグド」を買った。

古書店もいいけど、やはり、都心部の大型書店に行って新刊本を漁るのは刺激的だ。

埼玉に転勤した今は日常的に都心部に出るのが難しいので、遅い時間まで開いている地元の本屋さんは、町の宝物だと思う。
大切に守ってあげないといけない。
かつては新松戸界隈で5,6店はあった本屋だが、路面店はこの店だけ、生き残っている。

トキワブックスよ、永遠なれ。

それはさておき、「フイナム・アンプラグド」だが、相変わらず不思議な雑誌だ。
あえて言うなら、30年以上昔のポパイやホットドッグプレスの香りがするというべきか。

特集らしきものはあるんだけど、気が散り過ぎなのか、どんどんズレてゆく感じで、そのずれ方が案外いい味を出している。

Magazine for the hipってサブタイトルにあるけど、全部読んでも、hipって何だかわかんないよ。でも、好きだな。この雑誌。
厚さの割に安いし、無名のライターたちが一生懸命書いてる記事に好感が持てる。

ってことで、この雑誌のお陰で、『トム・ソーヤーの冒険』と『ハックルベリー・フィンの冒険』を読むことにした。

子ども時代に読み損ねた本を、大人になって読むのも、なかなか楽しいもんだからね。
小学校二年生まで、家には子どもの本が二冊しかない貧乏な少年時代だったから、読み損ねた児童文学は山ほどあるし。

で、ハックルベリーといえば、やっぱりこれ。
ヘップバーンが優しく「マイ・ハックルベリー・フレンド」と歌う名曲。
誰でも知ってるから、紹介するのは野暮ってもんでしょう。

« 今週は、古くなって捨てられそうになっていたディレクターチェアにステンシルでメッセージを書き入れて、リメイクしてます。新しいもの買うより、廃物に命を吹き込むことの方がずっと楽しいから。 | トップページ | 生い先みじかいんだから、ツマラナイ本を読んでる時間なんてないのよ。 ジャンルにこだわらず、先入観を捨てて、名作をじゃんじゃん読んで、自分の感受性に水やりしてあげないと、ココロがどんどん磨り減ってしまいます。だって、こんな殺伐とした、お馬鹿な世の中なんだからさあ。 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 今週は、古くなって捨てられそうになっていたディレクターチェアにステンシルでメッセージを書き入れて、リメイクしてます。新しいもの買うより、廃物に命を吹き込むことの方がずっと楽しいから。 | トップページ | 生い先みじかいんだから、ツマラナイ本を読んでる時間なんてないのよ。 ジャンルにこだわらず、先入観を捨てて、名作をじゃんじゃん読んで、自分の感受性に水やりしてあげないと、ココロがどんどん磨り減ってしまいます。だって、こんな殺伐とした、お馬鹿な世の中なんだからさあ。 »

最近のトラックバック

最近のコメント

2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31