交流している団体のリンク

  • 流山市立博物館友の会
    ブログ主が所属する千葉県東葛飾地域で活動する文化団体。発足から50年近く郷土史の掘り起こしを中心に、様々な活動を展開している。
  • ダムダン空間工作所
    建築家石山修武氏が創設した建築設計事務所。那須のセルフビルドでは多大なご支援をいただきました。
  • 開拓工務店
    自宅のリフォームでDIY作業に協力してくれました。カナダで修行してきた棟梁のユニークな感性が光ります。
無料ブログはココログ
フォト

« 武蔵野線沿いの町が、最近妙に気になる。 新八柱・新松戸・南流山・新三郷が面白い。歴史の重みがない代わりに、すこーんっと抜けて、開放的な空気感がある。何かワクワクするようなことが始まりそうな予感だってある。 | トップページ | 下総台地から江戸川が間近に見える国府台の絶景。 永井荷風もこの辺りに引っ越すことを、考えていた時期があると『断腸亭日乗』にある。 こよなく崖からの眺めを愛した荷風さんらしい。 »

2015年8月30日 (日)

両親の介護やら、何やらいろいろあって、家から外に出られなくなってしまったけど、 それもまた、楽しんでしまえるような趣味を再発見して、ちょっとだけ嬉しい秋なのです。

かみさんの仕事が土日関係なく入ってしまうので、休みになると家事が忙しくて、家族が寝静まった真夜中になってブログを書いてます。
虫の声は、すっかり秋の夜更けという感じで、このまま夏は終わってしまうのかしら。
大嫌いな夏だけど、やっぱり正しい時期に終わってくれないと、決まり悪いです。

眠気覚ましに飲むのは、新松戸のユアコーヒーで買ったケニアのコーヒー。
フルーツのような自然の酸味と甘みが、心地よくて、リラックスさせてくれるのです。

藪から棒ですが、、マリア・マルダーの「真夜中のオアシス」って、40年前に初めて聴いて、エイモス・ギャレットの、羽毛が頬をなでるようなギターにぶっ飛びましたね。

そして、今聴いても、やっぱり奇跡の名曲。ちょっと聴いてみて下さい。

そんな感じで、うっとりしながら、ブログ書いてますが、何を言いたいかというと、このところ10数年ぶりに料理への情熱が復活していて、買い物にも力が入るのです。

あの時分は息子が食べ盛りで、かみさんは夜勤が多かったから、休日の晩ご飯はぼくが作ったものでした。難しいテクニックを使わないで美味しいモノを作るには、料理研究家のケンタロウの本が、とても役に立って、一番愛読していたのがこの本。

久しぶりに、本棚の奥から引っ張り出して、「なすの揚げ漬け」を娘に作ってあげたら、すこぶる評判がいいので、調子にのってケンタロウの料理本がリバイバルしてます。

「和食」同様、当時重宝したのが「ケンタロウのフライパンひとつでうれしい一週間」という本。
いまは、文庫になっているくらいだから、結構人気あったのでしょう。

娘のご飯を作るついでに、つまみを作って、ビールを飲むのもちょっとしたマイブーム。

茨城の「常陸野ネストビール」も、軽井沢発の「よなよなエール」も好きだけど、飲み比べていいと思うのは、埼玉県のCOEDO BEER の「瑠璃」

瑠璃

飲みやすいのに香味・苦みもしっかりあって、バランスがいい。
何よりも素敵なのはクリーミーな泡のおいしさ。
ということで、目下の所、これが自分的にはナンバーワン。

珈琲を煎れるのも、料理を作るのも、しばらく手放していた習慣というか趣味。
長いこと家庭をほったらかしにして、外に出ずっぱりだったから、忘れてしまっていた。
両親の介護やら、何やらいろいろあって、家から外に出られなくなってしまったけど、
それもまた、楽しんでしまえるような趣味を再発見して、ちょっとだけ嬉しい秋なのです。

« 武蔵野線沿いの町が、最近妙に気になる。 新八柱・新松戸・南流山・新三郷が面白い。歴史の重みがない代わりに、すこーんっと抜けて、開放的な空気感がある。何かワクワクするようなことが始まりそうな予感だってある。 | トップページ | 下総台地から江戸川が間近に見える国府台の絶景。 永井荷風もこの辺りに引っ越すことを、考えていた時期があると『断腸亭日乗』にある。 こよなく崖からの眺めを愛した荷風さんらしい。 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 武蔵野線沿いの町が、最近妙に気になる。 新八柱・新松戸・南流山・新三郷が面白い。歴史の重みがない代わりに、すこーんっと抜けて、開放的な空気感がある。何かワクワクするようなことが始まりそうな予感だってある。 | トップページ | 下総台地から江戸川が間近に見える国府台の絶景。 永井荷風もこの辺りに引っ越すことを、考えていた時期があると『断腸亭日乗』にある。 こよなく崖からの眺めを愛した荷風さんらしい。 »

最近のトラックバック

最近のコメント

2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31