所属する団体と仲間たちのリンク

無料ブログはココログ
フォト

« 結論や持論を押しつけるのではなく、読み手は不断に考えさせられる。大きな思想に「倚りかからず」 自前の思想を保ち続けることを、ぼくたち日本人全員に要求し続けた人生だったのかなと思う。 | トップページ | アイデアインクのこのシリーズでは、佐久間裕美子『ヒップな生活革命』が、とても気に入り、繰り返して読んでいるが、『本の逆襲』も繰り返して読む愛読書になりそうだ。 »

2015年7月26日 (日)

『「デモ」とは何か』や『はじめてのDiY 何でもお金で買えると思うなよ! 』を読んでいると、DIYが単なる日曜大工という範疇を乗り越えて、ある種の新しい思想として、立ち上がる瞬間に立ち会っているようなワクワク感がある。

先週に引き続き、積ん読状態にあった本の虫干しをしている。

毎度繰り返される国政選挙結果に絶望して、天下国家を論じるような本を読んでも、選挙で一票を投じることくらいしか出来ない一般大衆には、あまり意味がないと思って、放り出してしまった本ばかりだ。

岩波新書の『岸信介』に引き続いて、いま読んでいるのは孫崎享『戦後史の正体』。

たしか、出版した当時、かなりのベストセラーになったはず。
高校生でも読める本というのが、編集上のコンセプトで、実際に読みやすいし、何よりも面白い。

一般的にはアメリカべったりのイメージがある岸信介が、実は自主独立派だという主張も一理あって、目から鱗が落ちた。

それよりも興味深いのは、吉田茂。
吉田茂って、ぼくが小学生だったころ、国葬になった偉い人という印象だったが、一皮むくと、問題点だらけの、三流総理大臣だったのね。
高田保の『ぶらりひょうたん』というエッセイ集に、大磯の地元で粗野な振る舞いをする吉田茂のことが書かれている。
同胞に対して粗野な振る舞いをするような人間は、どこかでバランスをとろうとしているからだと思っていたけど、そうかGHQにぺこぺこしてたから、周囲の日本人には威張り散らしていたって訳ねと、納得。

さらに乱読で、今朝から『森の生活』で知られるH・D・ソローの『市民の反抗(不服従)』も読み始めた。

ごく少数の者たち、たとえば英雄、愛国者、殉教者、偉大な改革者、それに人間の名に価する人間などが、肉体や頭脳ばかりでなく、良心をもって国家に仕えており、だからこそ彼らの大部分は国家に抵抗せざるを得ないのだ。そこで彼らは一般に、国家からは敵として扱われる。

150年以上前にソローが当時のアメリカ政府に対して放った言葉が重く、心にのしかかる。

以上の虫干しに加えて、金曜日に池袋のジュンク堂に行ったら、緊急フェア「民主主義を取り返せっ!!」をやっていたので、その中から数冊購入。

その中ではNHKブックスの五野井郁夫『「デモ」とは何か』が面白い。

まだ読み始めたばかりだが、この本を読むと、いま起きているのは、冷戦時代に政党や労働組合が主導したデモとは、根底から違うカルチャーのデモが始まっている気がする。

毛利嘉孝さんが書いた『はじめてのDiY 何でもお金で買えると思うなよ! 』の中で

DiYの政治のなかで重要な概念に「直接行動・非暴力」というのがあります。

と書いている。

『「デモ」とは何か』や『はじめてのDiY 何でもお金で買えると思うなよ! 』を読んでいると、DIYが単なる日曜大工という範疇を乗り越えて、ある種の新しい思想として、立ち上がる瞬間に立ち会っているようなワクワク感がある。

そしてそのワクワク感が、様々な分野に広がっている。
若い女の子の間でDIY作業がブームなのと、デモで若い女の子が、マイクを持って為政者に抗議するのは、一見関係ないようでいて、じつは深いところで繋がっているように思えてならない。

The Clash I Fought The Low

 

« 結論や持論を押しつけるのではなく、読み手は不断に考えさせられる。大きな思想に「倚りかからず」 自前の思想を保ち続けることを、ぼくたち日本人全員に要求し続けた人生だったのかなと思う。 | トップページ | アイデアインクのこのシリーズでは、佐久間裕美子『ヒップな生活革命』が、とても気に入り、繰り返して読んでいるが、『本の逆襲』も繰り返して読む愛読書になりそうだ。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 結論や持論を押しつけるのではなく、読み手は不断に考えさせられる。大きな思想に「倚りかからず」 自前の思想を保ち続けることを、ぼくたち日本人全員に要求し続けた人生だったのかなと思う。 | トップページ | アイデアインクのこのシリーズでは、佐久間裕美子『ヒップな生活革命』が、とても気に入り、繰り返して読んでいるが、『本の逆襲』も繰り返して読む愛読書になりそうだ。 »

最近のトラックバック

最近の記事

最近のコメント

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31