所属する団体と仲間たちのリンク

無料ブログはココログ
フォト

« 叢書のようにシリーズ化したストリート・ガイドブックを通じて、東京・千葉・埼玉にまたがるEDO RIVER CITYという幻の200万都市を、勝手に作ろうという無謀な試みは、自分の中の「風街」を作る作業なのかもしれない。 | トップページ | 「 そして、今日の状況下では、カリスマ的リーダーは、間違った指導性を発揮せざるをえない。カリスマ的リーダーは、新しい現実に向かってではなく、昨日という過去に向かって進まざるをえない。」PFドラッカー『新しい現実』より »

2015年7月16日 (木)

どうして、アメリカにくっついていれば安心なんて、ノー天気な国家ビジョンが21世紀になってわき上がってくるんだろう。50年間争い続けて、とうとうアメリカを屈服させたキューバ人のしたたかさにこそ、学ぶべきだろう。いくら勇ましいことを言っても、ひ弱な国家ビジョンしか持たない連中に21世紀の日本を任せる訳にはいかない。

自公政権の強行採決が行われて、さすがに、いろいろ考えてみた。現在の日米関係をみれば、アベ某の言う集団的自衛権なるものが、自衛隊をアメリカの傭兵部隊にする権利(義務?)になることは明白で、到底賛同などできるわけもなく。

だけど、いったん戦争が始まってしまえば、きっとおれは、勝利のために最大限の協力をするだろう。「花子とアン」の蓮子さまのように子どもに「武運長久」と言って、戦場に送り出すだろう。自国が蹂躙されるのは、断固拒否したいから。

だからこそ、絶対に戦争を起こさないような国際関係や社会の仕組みを作って、備えておくべきだと、強く思う。

そもそもこんなに食料自給率の低い国が、外国と争って、勝てるわけないじゃん。
まずは、TPPなんてやめて、食料自給率を高める努力が必要。
ぼくは自衛隊が違憲だとは思っていないけど、国土を防衛するためには、どんな種類の武力が必要なのかも、検証する必要がある。アメリカの言いなりでつまらぬ武器を高額で買わされるのはまっぴらごめんだ。
この際、お金持ちのアメリカに勝利した貧乏なベトナムの戦い方だって、参考にすべきだと思う。

どうして、アメリカにくっついていれば安心なんて、ノー天気な国家ビジョンが21世紀になってわき上がってくるんだろう。50年間争い続けて、とうとうアメリカを屈服させたキューバ人のしたたかさにこそ、学ぶべきだろう。いくら勇ましいことを言っても、ひ弱な国家ビジョンしか持たない連中に21世紀の日本を任せる訳にはいかない。

いまから、ドラッカーを読んで、おれも猛勉強しなくちゃ。ああ忙しい。

1

« 叢書のようにシリーズ化したストリート・ガイドブックを通じて、東京・千葉・埼玉にまたがるEDO RIVER CITYという幻の200万都市を、勝手に作ろうという無謀な試みは、自分の中の「風街」を作る作業なのかもしれない。 | トップページ | 「 そして、今日の状況下では、カリスマ的リーダーは、間違った指導性を発揮せざるをえない。カリスマ的リーダーは、新しい現実に向かってではなく、昨日という過去に向かって進まざるをえない。」PFドラッカー『新しい現実』より »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 叢書のようにシリーズ化したストリート・ガイドブックを通じて、東京・千葉・埼玉にまたがるEDO RIVER CITYという幻の200万都市を、勝手に作ろうという無謀な試みは、自分の中の「風街」を作る作業なのかもしれない。 | トップページ | 「 そして、今日の状況下では、カリスマ的リーダーは、間違った指導性を発揮せざるをえない。カリスマ的リーダーは、新しい現実に向かってではなく、昨日という過去に向かって進まざるをえない。」PFドラッカー『新しい現実』より »

最近のトラックバック

最近の記事

最近のコメント

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30