交流している団体のリンク

  • 流山市立博物館友の会
    ブログ主が所属する千葉県東葛飾地域で活動する文化団体。発足から50年近く郷土史の掘り起こしを中心に、様々な活動を展開している。
  • ダムダン空間工作所
    建築家石山修武氏が創設した建築設計事務所。那須のセルフビルドでは多大なご支援をいただきました。
  • 開拓工務店
    自宅のリフォームでDIY作業に協力してくれました。カナダで修行してきた棟梁のユニークな感性が光ります。
無料ブログはココログ
フォト

« 世田谷文学館に行ってJJにやられてしまった。 | トップページ | 叢書のようにシリーズ化したストリート・ガイドブックを通じて、東京・千葉・埼玉にまたがるEDO RIVER CITYという幻の200万都市を、勝手に作ろうという無謀な試みは、自分の中の「風街」を作る作業なのかもしれない。 »

2015年7月 5日 (日)

「BOOK5」に「オバケダイガク」の北野留美さんのことが載っていた

「つゆのあとさき」という作品があったが、永井荷風は雨が好きな作家だと思う。
濹東(ぼくとう)綺譚の中では、驟雨雷鳴の中で、ヒロインのお雪さんに出会う。
そう言えば「
雨瀟瀟」なんてタイトルの作品もあった。

以前は憂鬱な梅雨時だと思っていたこの季節が、近年愛おしく思えるようになってきた。
最近は真夏の暑さが度を超していて、一時期テレビの天気予報でよく聴いた「25度以上は熱帯夜」なんていう言葉もあっという間に死語になり、30度以下ならホッとするような、息絶え絶えの夏。

暑くもなく、寒くもなく、ちょうどいい気温で、過ごしやすいこの時期は、読書にはもってこいの季節だ。そこで週末の金曜日に池袋ジュンク堂の「リトルプレス」のコーナーで、2冊購入した。

ジュンク堂に行くと数十種類のリトルプレス(ZINE)が並んでいて、どれを買おうか迷ってしまうのだが、デザイン優先の文章が少ないモノ、企業の広告が載っている本格的なタウン誌風のプロの香りがするモノはなるべく避けて選ぶと、案外選択肢は少ない。

その中から、今回は金沢の有志が作っている「そらあるき」と、トマソン社という個性的な書店が出している「BOOK5」を購入した。
「そらあるき」はタウン誌の色彩が濃いので、説明はスキップ。
なんと言っても、面白いのは「BOOK5」だな。
トマソン社

Book5_1


休刊した雑誌「彷書月刊」に似たような雰囲気がある。
ぼくは愛書家ではないので、「彷書月刊」の読者にはならず、いまではAmazonで電子本のビジネス書を買い、iPhoneで読書するような、へたれ読書家だから、ブッキッシュな人たちから見たら、許せない野郎だということになる。
なかなかこの世界はディープで、ぼくのようないい加減な人間を寄せ付けない訳で、鉛筆で本に書き込みを入れる度に、この世界に住んでる友達から、怒られてばかりだ。

そんなへたれ読書家だけど、「BOOK5」に「オバケダイガク」の北野留美さんのことが載っていたので、つい買ってしまった。

オバケダイガク

Book5


「BOOK5」載っている北野さんのコメントによれば、もともとネットで書いていたということで、ウェブサイトの方も、かなり充実していて面白い。
こういうやり方をすれば、念願の「新葛飾土産・アンプラグド」を作れるかなと、ちょっと背中を押された気分になる。

「オバケダイガク」を教えてくれたのが、市川真間のブックカフェ「ローゼンホルツ」さん。
この場所も、とにかく不思議で、面白いんだけど、その話はまた次の機会にしよう。

往年の妹尾河童の本のように、手書きの文字がびっしりと並んだ「オバケダイガク」の紙面は素朴な迫力に満ちていて、すごくいい。
ぼくも愛読者になっていまいそうだ。

お散歩兼ねて、玉ノ井カフェまで行こうかしらん。

James Taylor - Rainy Day Man

« 世田谷文学館に行ってJJにやられてしまった。 | トップページ | 叢書のようにシリーズ化したストリート・ガイドブックを通じて、東京・千葉・埼玉にまたがるEDO RIVER CITYという幻の200万都市を、勝手に作ろうという無謀な試みは、自分の中の「風街」を作る作業なのかもしれない。 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 世田谷文学館に行ってJJにやられてしまった。 | トップページ | 叢書のようにシリーズ化したストリート・ガイドブックを通じて、東京・千葉・埼玉にまたがるEDO RIVER CITYという幻の200万都市を、勝手に作ろうという無謀な試みは、自分の中の「風街」を作る作業なのかもしれない。 »

最近のトラックバック

最近のコメント

2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31