交流している団体のリンク

  • 流山市立博物館友の会
    ブログ主が所属する千葉県東葛飾地域で活動する文化団体。発足から50年近く郷土史の掘り起こしを中心に、様々な活動を展開している。
  • ダムダン空間工作所
    建築家石山修武氏が創設した建築設計事務所。那須のセルフビルドでは多大なご支援をいただきました。
  • 開拓工務店
    自宅のリフォームでDIY作業に協力してくれました。カナダで修行してきた棟梁のユニークな感性が光ります。
無料ブログはココログ
フォト

« こんな淋しい気分の時に聴くのは、決まってこの曲。 リッキー・リー・ジョーンズの「My One And Only Love」 ぼくは、この曲で故人を供養したい。 | トップページ | 菅生沼とその周辺に行けば、お馬鹿な平成ジャパンを尻目に、じぶんひとりだけ、気分はすでにニューヨーカーだぜ。 »

2015年5月30日 (土)

いい歳をして「女子会」などとのたまう、昨今の奥様たちとは全く異なる、或いは武家のような男尊女卑の家庭で、亭主関白を受け入れる奥様とも異なるタイプの、生涯働きづめに働いて、愚痴ひとつこぼさない男勝りの女が、かつて日本にいたことに思いをはせて欲しいと思う。

今週の水曜日、ノー残業デイなので、急いで仕事を切り上げて、テアトル新宿に映画『百日紅』を観に行った。
この日だけ特別のメイキング映像が見られて、ちょっと得した気分。
しかも水曜サービスデイで大人1100円。
このパターンくせになりそう。

それはさておきこの映画、前評判がよかっただけに、逆に期待せず観に行ったのだが、こちらの想像を大きく超えた素晴らしい出来だった。

監督の原恵一さんが、どれだけ杉浦日向子に心酔しているのか、よくわかった。
「原作のイメージを損なわないことを心がけた」といった趣旨の発言をしているが、その努力が見事に結実している。

江戸時代に生きているわけじゃないから、この映画が江戸の空気感を伝えているかどうかなんて、わからない。

だけど、杉浦日向子の見ていた江戸はしっかりと、過不足なくとらえている。
例えば、こんな絵をイメージしてみよう。

A0023387_145216401
司馬江漢「三囲景(みめぐりのけい)」 1783年(天明3年) 26.5×38.7cm。 紙本銅版筆彩。江漢画並に刻。国立国会図書館蔵。ディジタル貴重書展サイトから。左右逆転した。

上は杉浦日向子が北斎同様、大好きだった司馬江漢の作品。

写し絵なので、本来の見え方になるように左右逆転した墨田区の三囲神社の風景画で、中央の土手の上を今は、首都高速道路が通っている。
正面に小さく見える山は筑波山。
江戸時代は西の富士山と並ぶ、東のランドマーク。
映画の中でも、三囲神社の幻想的な景色が印象的で、瞬間的にこの作品を思い出した。

それから、声優として起用した杏がいい。
ぼくはもともと彼女のファンだったけど、20代の葛飾応為(お栄)をやらせるなら、やはり彼女以外のキャスティングは考えられない。
原作では、地黒だの、あごだのと容姿を揶揄するような台詞が多いのだが、映画では原作と違って、お栄の顔がずいぶん美人になって、杏のイメージそのものだ。

映画の出来不出来とは関係なく、気になったことがある。
映画館の入り口に各新聞の映画評が掲示されていて、その中のひとつに「主人公のお栄が粗野な印象で、感情移入できない」と書いてあった。

評者は、多分女性が自分のこと(一人称)を「オレ」と呼び、キセルでタバコを吸って、さばさばした物言いなので、粗野な印象を抱いたのだと思う。

だけどね。
明治30年代に茨城県で生まれたぼくの祖母は、終生自分のことを「オレ」って呼んでいた。
たいへん温厚で仏様のような、と言われた祖母だったが、目下の者は呼び捨てが普通だった。だからぼくは映画でお栄を見た時、祖母を思い出した。
昭和30年代頃までの日本は江戸と陸続きだったと、いまになって強く思う。
現代人の好悪の感覚では、理解できないアジアだったころの日本がそこにはあった。

そしてそれが、江戸期から明治あたりに関東で生まれ育った庶民の女の自然の姿で、いい歳をして「女子会」などとのたまう、昨今の奥様たちとは全く異なる、或いは武家のような男尊女卑の家庭で、亭主関白を受け入れる奥様とも異なるタイプの、生涯働きづめに働いて、愚痴ひとつこぼさない男勝りの女が、かつて日本にいたことに思いをはせて欲しいと思う。

ずいぶん、長いエントリになってしまった。
まだ書き足りない気がするけど、今日はここまでにしよう。
あ、音楽のことを書き忘れていた。

この映画で唯一気になったのが主題歌。
なんで椎名林檎なんだろう。彼女の声を聴いて、2007年に公開された映画『さくらん』を連想してしまった。
江戸期の吉原を描いたあの映画では効果的に使われていたと思うけど、この映画は土屋アンナじゃなくて、杏=お栄が主人公なのです。
何か、すごい違和感があった。

日向子さんが好きだったのはロックだけど、ザ・バンドやライ・クーダーやリトルフィートに10CC。
それから、お葬式用に彼女がチョイスしたのがベートーベンの「悲愴」だった。

そうだな。今日はライ・クーダーの「アクロス・ザ・ボーダーライン」にしよう。

« こんな淋しい気分の時に聴くのは、決まってこの曲。 リッキー・リー・ジョーンズの「My One And Only Love」 ぼくは、この曲で故人を供養したい。 | トップページ | 菅生沼とその周辺に行けば、お馬鹿な平成ジャパンを尻目に、じぶんひとりだけ、気分はすでにニューヨーカーだぜ。 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« こんな淋しい気分の時に聴くのは、決まってこの曲。 リッキー・リー・ジョーンズの「My One And Only Love」 ぼくは、この曲で故人を供養したい。 | トップページ | 菅生沼とその周辺に行けば、お馬鹿な平成ジャパンを尻目に、じぶんひとりだけ、気分はすでにニューヨーカーだぜ。 »

最近のトラックバック

最近のコメント

2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31