交流している団体のリンク

  • 流山市立博物館友の会
    ブログ主が所属する千葉県東葛飾地域で活動する文化団体。発足から50年近く郷土史の掘り起こしを中心に、様々な活動を展開している。
  • ダムダン空間工作所
    建築家石山修武氏が創設した建築設計事務所。那須のセルフビルドでは多大なご支援をいただきました。
  • 開拓工務店
    自宅のリフォームでDIY作業に協力してくれました。カナダで修行してきた棟梁のユニークな感性が光ります。
無料ブログはココログ
フォト

« ぼくが尊敬するウィリアム・モリスって、庭にも一家言あった人らしく。 これからの夢はベランダ版モリスの庭ってのはどうでしょう。 | トップページ | 最近は自給自足の暮らしに役立つ変なモノを作ったり、発見したりするのが面白い »

2015年3月22日 (日)

基本的に青空工房ではドリル以外の電動工具は使わないことにしている。 なるべく化石燃料で作った電気を使わないようにしたいので、文明の利器に頼らず、あえて古臭いやりかたで、やってみたいのです。

今週読んだ本のうち、面白かったのは馬場未織『週末は田舎暮らし』。

著者の家族が、南房総に家付きの土地を買って、月二回週末に通って、畑仕事をする顛末を記した本。
いままで散々、類書が出版されてきたテーマだけど、田舎で着実に人間関係を構築して、
都会と田舎を結ぶ活動に展開してゆく著者のしなやかな感性が、イマという時代を感じさせて読み進めるほどに、希望が湧いてくる良書だった。

こういう本を読むと、自分も体を動かしたくなってくる。

ベランダにワークベンチを設置して、最低限の工具をそろえると、青空工房の準備完了。
基本的に青空工房ではドリル以外の電動工具は使わないことにしている。
なるべく化石燃料で作った電気を使わないようにしたいので、文明の利器に頼らず、あえて古臭いやりかたで、やってみたいのです。
楽をしようと電動工具を使うと、騒音で近所からクレームが来る恐れもあるので、このやり方は腕が疲れるけど、精神衛生上も、なかなかいい。

階下で暮らす母からの依頼もあり、年末に廃材で作ったベンチの小型版を作ることにした。

1Photo

のこぎりや、まっすぐ切るためのソーガイドなどなど、この数か月、ちまちまと小遣いで買い揃えた小道具が、結構活躍してくれて、至極満足。
替え刃式じゃない、古式ゆかしい両刃のこぎりなんて、生まれて初めて買ったような気がする。

午後から仕事を始めたから、足を二本作ったところで、日没。
屋外灯はあるけど、電燈の下では青空工房にならないので作業を終えて、残りの作業は来週までのお楽しみにとっておくことにした

イーグルスの「デスペラード」という曲。
友達からLPを借りて、リアルタイムで聞いた高校1年の時分は、大嫌いな曲だった。
フランク・シナトラの「マイ・ウェイ」みたいで、じじくさい、ダサい曲だって思っていた。

それから40数年たって、ふと聴きたくなった。

結婚披露宴の演出ブログ の言葉を借りると、

年を重ねて頑固になり,自分の生き方を変えようとしない男に優しく語りかける歌。

なんだか、いまの自分にはぐっとくる歌詞で、いい。すごくいい。
そして、イーグルスもいいけど、いまは年老いてパーキンソン病で苦しむイーグルスの盟友リンダ・ロンシュタッドの若かりし黄金時代のライブが、ものすごく切ない。

« ぼくが尊敬するウィリアム・モリスって、庭にも一家言あった人らしく。 これからの夢はベランダ版モリスの庭ってのはどうでしょう。 | トップページ | 最近は自給自足の暮らしに役立つ変なモノを作ったり、発見したりするのが面白い »

住まい・インテリア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ぼくが尊敬するウィリアム・モリスって、庭にも一家言あった人らしく。 これからの夢はベランダ版モリスの庭ってのはどうでしょう。 | トップページ | 最近は自給自足の暮らしに役立つ変なモノを作ったり、発見したりするのが面白い »

最近のトラックバック

最近のコメント

2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31