所属する団体と仲間たちのリンク

無料ブログはココログ
フォト

« 最近は自給自足の暮らしに役立つ変なモノを作ったり、発見したりするのが面白い | トップページ | そんな清々しい気分の中で、最近こだわっているのがオーガニックもさることながら、アコースティックな自給自足スタイル。 »

2015年3月28日 (土)

女性がDIYの世界にどんどん入ってくることで、ぼくが苦手にしている男くさい趣味のDIYの世界に、日常感とモード感が漂い始めるとうれしい。

玉川高島屋SCに「tukuriba」という女性向けのDIYスタジオができたというので、ちょっと興味があって、機会があれば見てみたいと思っていたら、本日の朝日新聞朝刊の「フロントランナー」で、その店を立ち上げた園芸資材会社プロトリーフの佐藤崇嗣さんが紹介されていた。
tukuriba

これって、こういう気鋭の企業家も着目するするくらい女性のDIYが静かなブームになっているってことでしょう。
以前も書いた通り、手間暇も金もかけて非日常的な作品作りに没頭する男の趣味としての、DIYってやつが苦手で。
Dなんて雑誌や本に載っている作品例の写真も、「うーん」って感じで、大工さんが作った家具みたいなデザインが多くて、あんまり面白くない。

Photo_2

ぼくは自分で下手なデザインするのをやめて、会員登録すると無料のMakeTのサイトから、設計図をダウンロードした。
年末に大型ベンチを作ったけど、今回は残った材料で小型ベンチをつくることにした。

例によって、電動の丸のこを使わないから、時間と労力はかかるけど、その分仕上がりはキレイになる。先週から青空工房で作り始めて、LEDランプの世話になって、夜まで作業して、やっとこさ完成。母にプレゼントした。
先月手に入れたワークベンチのお陰で、一人でも仕事が出来ることがわかったから、これから製作ペースを上げてゆこう。

こんな風に女性目線で、お金も手間もかけずに、不用品なんか材料に、知恵を働かせて作ったような暮らしの道具に強く惹かれてしまう。
女性がDIYの世界にどんどん入ってくることで、ぼくが苦手にしている男くさい趣味のDIYの世界に、日常感とモード感が漂い始めるとうれしい。

そう言えば建築家石山修武が『現代の職人』という本で、田園調布「PATE屋」の林のり子さんを評して、こんな風に書いたことを思い出す。

昔、と言ってもそんなに古くはない昔。女性のほとんどはみんな職人であった。

林さんが書いたエッセイがこの本。晶文社から出た『かつおは皮がおいしい』の改訂版だ。

この現象は、とても一過性のブームとは思えない。
何か、深いところで、消費文明が終わり始めているように思う。
だって、今からたった50年前、ぼくの祖父がいまの僕の年齢だった頃までは、エネルギーも食べものも、たいていのモノは自分で作っていたわけだし。 何でも買って、済ましちゃうのって、人間の歴史からすれば一瞬のことでしょ。

今年70歳になるベテランだけど、最近急にカーリー・サイモンのファンになってしまった。
はすっぱな歌を歌っても、どことなく品の良さが伝わってくる不思議なキャラクター。
日本にこういう歌い手いたかなあ。
今夜は、ジェイムス・テイラーと離婚直後に出した、悲しくなるほど美しいアルバム「トーチ」から "Blue Of Blue"

« 最近は自給自足の暮らしに役立つ変なモノを作ったり、発見したりするのが面白い | トップページ | そんな清々しい気分の中で、最近こだわっているのがオーガニックもさることながら、アコースティックな自給自足スタイル。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1353509/59440648

この記事へのトラックバック一覧です: 女性がDIYの世界にどんどん入ってくることで、ぼくが苦手にしている男くさい趣味のDIYの世界に、日常感とモード感が漂い始めるとうれしい。:

« 最近は自給自足の暮らしに役立つ変なモノを作ったり、発見したりするのが面白い | トップページ | そんな清々しい気分の中で、最近こだわっているのがオーガニックもさることながら、アコースティックな自給自足スタイル。 »

最近のトラックバック

最近の記事

最近のコメント

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30