交流している団体のリンク

  • 流山市立博物館友の会
    ブログ主が所属する千葉県東葛飾地域で活動する文化団体。発足から50年近く郷土史の掘り起こしを中心に、様々な活動を展開している。
  • ダムダン空間工作所
    建築家石山修武氏が創設した建築設計事務所。那須のセルフビルドでは多大なご支援をいただきました。
  • 開拓工務店
    自宅のリフォームでDIY作業に協力してくれました。カナダで修行してきた棟梁のユニークな感性が光ります。
無料ブログはココログ
フォト

« ぼくたちはマイホームを「はやくはやく」手に入れるために、銀行からお金を借りて、その急ぎ賃を銀行に払う。だからキャピタリズムは、「ゆっくりゆっくり」が大嫌い。 | トップページ | 何人たりとも中に入らせない「自分の王国」は大事。 強欲なキャピタリズムやグローバリズムの風、吹き荒れる21世紀のいま、手放してはいけない大切なもの。 だけど、そこは「自前の王国」じゃないと、本来の意味で心の独立国とは言えない。 »

2015年2月22日 (日)

課税制度のような国家レベルの政策論じゃなく、個人政策論として一番大事なことは、昨日も書いた「ゆっくりゆっくり」の思想なんじゃないかな。強欲なキャピタリズムって、ぼくたちに「待つ」精神的なゆとりを奪うことで、利益を掠め取ってゆくものだから。

よく晴れた土曜日の午後、松戸駅近くのMAD CITYが運営するスペース「FAN CLUB」に行って、吉野太喜氏による「トマ・ピケティ『21世紀の資本』から考えるまちづくり」と題した勉強会に参加した。
吉野さんはミクロ経済学を勉強している在野の研究者。

経済学者といえば、1月末に大内秀明先生の出版記念会で、マルクス経済学者が集まるパーティーに潜り込んだとき、ある偉い大学教授の「プロレタリアートに文化などない」「アジアやアフリカの音楽なんて価値がないけど、白人が物珍しさから取り上げただけ」という上から目線の暴論に、怒髪天をついたことを思い出しながら、近代経済学者である吉野さんの話を聞いた。

そこで感じたことは、現代社会に生きるぼくたち消費者にとって、『21世紀の資本』最大の貢献は、それが情報処理技術が圧倒的に進歩した現在だから、作り得た経済学書で、強欲なキャピタリズムを礼賛する新自由主義経済理論の間違いを豊富な資料によって実証したこと。

所得や資産の格差が広がることによって、社会は不安定になり、無理に経済成長を目指して金持ちをより金持ちにするような政策をとっても、格差が広がるだけで、諸国民の富は増加しないということ。

そこに経済学者水野和夫さんのベストセラー『資本主義の終焉と歴史の危機』の末尾にある次の言葉を重ねると、また少し見えてくるものがある。

ゼロインフレであるということは、今必要でないものは、値上がりがないのだから購入する必要がないということです。消費するかどうかの決定は消費者にあります。ミヒャエル・エンデが言うように豊かさを「必要な物が必要なときに、必要な場所で手に入る」と定義すれば、ゼロ金利・ゼロインフレの社会である日本は、いち早く定常状態を実現することで、この豊かさを手に入れることができるのです。

ピケティの言う資本税云々の政策論は為政者が考えることで、僕たち消費者には手の届かない場所にあり、いまの自分の行動には結びつかないけど、強欲なキャピタリズムがみんなを幸せにしないことを実証し たことは、これからボディーブローのように効いてくるように思う。

「アベノミクス」なるものの成否云々などどうでもいいのだ。どうせ大間違いなのだから。
それよりも、水野さんが言うように、消費を煽り、「早く、早く」と消費者をせかす、終焉しつつあるキャピタリズムに翻弄されないようなライフスタイルを取り戻すこと。
今すぐに行動すべきは、それぞれ消費者個人や街の単位でキャピタリズムから身を守る術を身に付 けてゆくことでしょう。

例えば、

○コーヒーを飲むならスターバックスではなく、地域の個人経営のカフェに行く。
○日常の買い物もスーパーではなく、なるべく個人商店に行く。
○個人店がなければ、生活クラブやパルのような生協のお店に行く。
○家を建てるなら、極力住宅ローンを借りない方法を模索する。
○借りるとしても最小限にして、強欲なキャピタリズムに貢献する大手都市銀ではなく、「ろうきん」のような筋の良い金融機関から借りる。
○そして、当然だけど、ハウスメーカーではなく、地域の工務店に家作りの相談に乗ってもらう。
○地域の工務店の敷居が高かったり、設計力に疑問がある場合は、信頼できる建築家を見つけて、相談に乗ってもらう。

ちょっと考えただけでも、これだけの個人的戦術が出てきた。
これらは、ぼくの祖父が元気だった昭和30年代までは当たり前だったこと。

以前住んでいた三郷の北部が、大規模商業施設によって町の形まで変えられて、三井の町になってしまったことを思うと、いま松戸旧市街が素敵なのは、商店主たちが立ち上がって、内発的に町をよくしようと努力していること。
もちろん、MAD CITYのような若者たちの多大なる貢献が最重要ポイントなのかもしれないし、吉野さんのような若い在野の経済学者が、松戸を訪れて、低い目線から情報を発信していることも忘れてはいけない。

そして、課税制度のような国家レベルの政策論じゃなく、個人政策論として一番大事なことは、昨日も書いた「ゆっくりゆっくり」の思想なんじゃないかな。強欲なキャピタリズムって、ぼくたちに「待つ」精神的なゆとりを奪うことで、利益を掠め取ってゆくものだから。

このまえブログで紹介した『「しないこと」リストのすすめ』の著者辻信一さんの主著に『スロー・イズ・ビューティフル』がある。

以前この本を読んだとき、もう一つ腑に落ちなくて、あまり良い読者になれなくて、本棚の奥にしまい込んである。
だけど、強欲なキャピタリズムから身を守るための戦略指南書として、もう一度読み返してみると、また違った読み方も出来るかなあと感じている。

ずいぶん長いエントリになってしまったな。ロイド・カーンのことを書きたかったけど、また今度にしよう。

今日は、セネガル出身の偉大なシンガー、ユスー・ンドゥールをフィーチャーした坂本龍一の「ジャバラム」を、あのマルクス経済学者の偉い先生に謹んで捧げます。

« ぼくたちはマイホームを「はやくはやく」手に入れるために、銀行からお金を借りて、その急ぎ賃を銀行に払う。だからキャピタリズムは、「ゆっくりゆっくり」が大嫌い。 | トップページ | 何人たりとも中に入らせない「自分の王国」は大事。 強欲なキャピタリズムやグローバリズムの風、吹き荒れる21世紀のいま、手放してはいけない大切なもの。 だけど、そこは「自前の王国」じゃないと、本来の意味で心の独立国とは言えない。 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ぼくたちはマイホームを「はやくはやく」手に入れるために、銀行からお金を借りて、その急ぎ賃を銀行に払う。だからキャピタリズムは、「ゆっくりゆっくり」が大嫌い。 | トップページ | 何人たりとも中に入らせない「自分の王国」は大事。 強欲なキャピタリズムやグローバリズムの風、吹き荒れる21世紀のいま、手放してはいけない大切なもの。 だけど、そこは「自前の王国」じゃないと、本来の意味で心の独立国とは言えない。 »

最近のトラックバック

最近のコメント

2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31