交流している団体のリンク

  • 流山市立博物館友の会
    ブログ主が所属する千葉県東葛飾地域で活動する文化団体。発足から50年近く郷土史の掘り起こしを中心に、様々な活動を展開している。
  • ダムダン空間工作所
    建築家石山修武氏が創設した建築設計事務所。那須のセルフビルドでは多大なご支援をいただきました。
  • 開拓工務店
    自宅のリフォームでDIY作業に協力してくれました。カナダで修行してきた棟梁のユニークな感性が光ります。
無料ブログはココログ
フォト

« 21世紀は信じられないほど地価の高い東京都心から少し離れた場所に、最先端文化の中心が移ってゆく、そんな気がしてならない。 | トップページ | 大工さんだって多くの専門家の手を借りて家を作るわけで、大事なことは、セルフビルドか否かじゃなく、住まいを供給する住宅流通の中で、流通チャネルを支配するチャネルリーダーになること。20年前に日経流通新聞に取材された時語った構想を、いま再び世に問いたい。 »

2015年1月31日 (土)

ほんの数年前まで停滞したイメージのあった松戸が寺井元一さんという一人の若者の出現で、どんどん変貌しているのは面白いけど、彼を見ていて、町と関わってうまくいかないことを人のせいにしてはいけないと、少し反省。

久しぶりに気持ちよく晴れた日の午後。
電車を乗り継いで、稔台の古本屋で予約しておいたライオネル・ラバーン『ユートピアン・クラフツマン』を購入。
モリス主義者小野二郎の死去からまだ数年後、晶文社が元気だった1985年の発行。
今日はここから、現代のユートピアン・クラフツマンを探す松戸市内散歩を楽しむことにした。
昨日雪の中を5キロほど歩いたら、年明けから続いていたヒザの痛みがすっかり消えて、歩く自信が復活した。

まずは稔台から、最近オーガニックタウン化が目覚ましい八柱まで歩く。
車のエンジン音が喧しい大通りを避けて、狭くて曲がりくねった道を歩く。
たとえ辺りの景色は平凡な住宅街でも、車に脅かされないこういう道を歩いていると、それだけで幸せな気分になる。
気持ちよい日向を選んで歩く。犬を連れて歩く人が目立つ。
自分も犬を飼っていたからわかるけど、この道がリラックスして歩ける小道だという証拠。

物思いに耽りながら歩いていたら、八柱駅についたので、左に曲がってさくら通りを行くとすぐに、omusubi不動産に着いた。

omusubi不動産

omusubi不動産はMAD CITYにいた殿塚さんという若者が作ったユニークな不動産屋さんで、八柱の地域情報も発信しているので、今回のミニツアーでは外せないスポットだ。
そこで気になるスポットのパンフレットを譲ってもらい、その中から今日はSLOW COFFEEに行くことにした。

1

ビルの二階にあるこのカフェはドッグランとトリミングサロンを併設していて、愛犬と一緒に入れるのがいい。
以前書いたように
「晴耕雨読」って言葉が言葉があるけど、自分の場合は、どちらかというと土いじりより、工作が好きなので、「晴工雨読」だよなあ。なんて、思う。
20年前に宇野さんという知る人ぞ知る焙煎名人と出会ってしまったので、ぼくのコーヒーの評価は厳しいから、コーヒーにはまだまだ改良の余地があるように思えるけど、温かい雰囲気とオーガニック素材のスイーツが嬉しかった。また来たいな。
SLOW COFFEEを辞して、八柱駅から電車で松戸駅に向かう。
今日と明日の二日間松戸駅近くのPARADISE AIRで「NEW MAD PARADISE」というオープンスタジオのイベントがあるのだ。
台東区の「モノマチ」の時に、台東デザイナーズ・ヴィレッジに行ったことがある人は、何となくイメージがわくかもしれない。
開いている部屋を全部回ったけど、その中でも様々なワークショップをやっているクラボというグループの人たちが一番面白かった。
クラボ

現代悠廓

やりたいことは尽きないけれど、明日死んでも後悔しない

234

どうも、ぼくはアート、アートした作品よりもその場で連れて帰りたくなるようなクラフトに惹かれるらしい。

気持ちのいい若者たちと、気持ちの良い会話が弾んで、あっという間に帰りの時間になってしまった。
ほんの数年前まで停滞したイメージのあった松戸が寺井元一さんという一人の若者の出現で、どんどん変貌しているのは面白いけど、彼を見ていて、町と関わってうまくいかないことを人のせいにしてはいけないと、少し反省。
そして、昨日のエントリで書いたように東京は最先端文化の発信地の地位を徐々に周辺の町に譲ってゆくように思える。即、松戸がそうなると言うわけじゃないが、希望のつぼみが膨らみ始めていることは間違いない。

そう言えば今週、松戸を含む江戸川周辺の葛飾エリアを歌い込んだ曲を探していたら、ちょっと古いけど大変な名曲を発見した。今までこのバンドを知らなかったことが恥ずかしい。「トーキョーから少し離れたトコロに住み始めて〜」というフレーズが、いまのぼくの気分にしっくりとなじむ。
ここ数日、この曲にぞっこん惚れ込んで、毎日数回聴いている。
カーネーションの「EDO RIVER」

« 21世紀は信じられないほど地価の高い東京都心から少し離れた場所に、最先端文化の中心が移ってゆく、そんな気がしてならない。 | トップページ | 大工さんだって多くの専門家の手を借りて家を作るわけで、大事なことは、セルフビルドか否かじゃなく、住まいを供給する住宅流通の中で、流通チャネルを支配するチャネルリーダーになること。20年前に日経流通新聞に取材された時語った構想を、いま再び世に問いたい。 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

案内もらったのに、昨日結局いけませんでした。
まちおこしは結局小さなことの積み重ねですね。
時間と体力が必要なのかもしれません。

DENZOさん、忙しいところ、お誘いしてしまい申し訳ありませんでした。「勝手に」と「DIY」の感覚を共有する若者たちが少しずつ、町を変え始めていることが、実感できたイベントでした。いまはささやかな規模ですが、これからも、少しずつ、着実に進歩してゆくと思います。温かく見守って下さい。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 21世紀は信じられないほど地価の高い東京都心から少し離れた場所に、最先端文化の中心が移ってゆく、そんな気がしてならない。 | トップページ | 大工さんだって多くの専門家の手を借りて家を作るわけで、大事なことは、セルフビルドか否かじゃなく、住まいを供給する住宅流通の中で、流通チャネルを支配するチャネルリーダーになること。20年前に日経流通新聞に取材された時語った構想を、いま再び世に問いたい。 »

最近のトラックバック

最近のコメント

2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31