交流している団体のリンク

  • 流山市立博物館友の会
    ブログ主が所属する千葉県東葛飾地域で活動する文化団体。発足から50年近く郷土史の掘り起こしを中心に、様々な活動を展開している。
  • ダムダン空間工作所
    建築家石山修武氏が創設した建築設計事務所。那須のセルフビルドでは多大なご支援をいただきました。
  • 開拓工務店
    自宅のリフォームでDIY作業に協力してくれました。カナダで修行してきた棟梁のユニークな感性が光ります。
無料ブログはココログ
フォト

« ホントに久々の「スモール・タウン・トーク」登場です。 | トップページ | 復古的な価値観を唱える平沼さんあたり、「お金より大切なものがある」って言ってくれると、さすが筋の通った保守は違うって思えるのに、原発に対する態度なんか見てると、全然ダメだってわかっちゃう。 »

2014年12月12日 (金)

「晴耕雨読」って言葉が言葉があるけど、自分の場合は、どちらかというと土いじりより、工作が好きなので、「晴工雨読」だよなあ。なんて、思う。

「晴耕雨読」って言葉が言葉があるけど、自分の場合は、どちらかというと土いじりより、工作が好きなので、「晴工雨読」だよなあ。なんて、思う。
そうだ、本を2~3000冊くらいは持ち込んで、名前のない那須のDIY空間に森のDIY図書室「晴工雨読」なんて名前つけるのもいいなあ。

お天気がよければ、デッキに出てDIY。
雨が降ったらJJおじさんこと植草甚一になった気分で、
雨降りだからミステリーでも勉強しよう」なんて感じで、読書三昧。
そこに、美味しいコーヒーがあれば言うことなし。
そういや、JJの本で、ぼくが好きなのはこれ。
JJの本って、不思議なことに、編集の仕方で、ものすごく印象が変わる。
この本は高平哲郎のセンスが生きていて、80年代に高平哲郎のテレビ番組を楽しんだ世代としては、すうっと入っていける感じが好き。

どうも今日は話が、とっちらかって、まとまんない。
明日が息子の結婚式で、意識してないけど、ちょっと動揺しているのかしら。
それにしても気分は「晴工雨読」。そしてコーヒー。
ってんで、3年前に出た「CASA BRUTUS」のコーヒーブックを手に入れた。

まだ30代の頃、宇野鐘二さんというコーヒー焙煎の名人と出会った。
会社をサボって、両国にあった宇野さんの店に何度も通って、コーヒーに関するあれこれを教わった。
そして、本当に美味しいコーヒーとはどんな味なのか、体験できたことは一生の宝だと思う。
10年くらい前、人づてに亡くなったと聞いた宇野さんと過ごした時間が、ふと記憶の底から蘇ってきた。
まるでJJのように70歳を過ぎて、ハードロックを聴く、モダンなお爺さんだったっけ。

DIYと読書とコーヒーとロック、そしてアウトドア。これが私のお気に入りの全てかもしれないな。

”Just In Case It Happens, Yes Indeed
聴くたびに、青空の下、アウトドアに出掛けたくなる、魅惑的な曲。
後にイーグルスで活躍したランディが、ポコのオリジナルメンバーとして残した数少ない録音の一つ。

« ホントに久々の「スモール・タウン・トーク」登場です。 | トップページ | 復古的な価値観を唱える平沼さんあたり、「お金より大切なものがある」って言ってくれると、さすが筋の通った保守は違うって思えるのに、原発に対する態度なんか見てると、全然ダメだってわかっちゃう。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

息子さん明日、結婚式ですか!
おめでとうございます。
親としては、なんとも複雑な心境なのでしょうか?
息子さんはご立派です。
皆さんで遊びに来てください。
お待ちしています。

DENZOさん。コメントありがとうございます。息子夫婦も近くに住むので、交流して、江戸川周辺地域で交流したいですね。楽しみ。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ホントに久々の「スモール・タウン・トーク」登場です。 | トップページ | 復古的な価値観を唱える平沼さんあたり、「お金より大切なものがある」って言ってくれると、さすが筋の通った保守は違うって思えるのに、原発に対する態度なんか見てると、全然ダメだってわかっちゃう。 »

最近のトラックバック

最近のコメント

2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31