所属する団体と仲間たちのリンク

無料ブログはココログ
フォト

« 「晴耕雨読」って言葉が言葉があるけど、自分の場合は、どちらかというと土いじりより、工作が好きなので、「晴工雨読」だよなあ。なんて、思う。 | トップページ | 中野翠の『千円贅沢』どころか、千円札三枚渡して、やっとお釣りがもらえるような高価な靴下。自分史上最高値の高級な靴下。 会社帰りに立ち寄る街文京区の根津に靴下工場があるというのもうれしい。 »

2014年12月14日 (日)

復古的な価値観を唱える平沼さんあたり、「お金より大切なものがある」って言ってくれると、さすが筋の通った保守は違うって思えるのに、原発に対する態度なんか見てると、全然ダメだってわかっちゃう。

アウトドア用品のパタゴニアから

「環境に投票を」2014:第47回衆議院議員総選挙に私たちの声を響かせる

というタイトルでメールが来た。
特定の政党や候補者への支持を呼びかけるものではないけど、一営利企業としてはなかなか勇気と決断を必要とする内容で、パタゴニアという会社の本気度を感じる。

世論調査の対象者の3割近くがうすうす感じていたように、経済は成長しつづけなくてはならないという集団思い込みからそろそろ脱却して、地球の限界や人口 減少、そして経済成長が私たちの幸せを増やすどころか損ないつつある事実を直視する必要があるのではないでしょうか。そして、可能かどうかは関係ない。い まの社会の仕組みを保つために経済成長は必要なのだと思考停止するのではなく、必要だと思っても不可能なこともあることを受け入れて、経済成長に頼らなく ても良い社会に向けて、社会保障をはじめとする社会や経済の仕組みを根本的に変革していくべきではないでしょうか。

選挙がつまらないのは、既成政党が経済成長神話の中で、思考停止していることにも、
原因があるように思える。
候補者個々には、きっとパタゴニアの主張に賛同する人もいると思うけど、政党単位になると最大公約数的な感覚に陥って、思考停止しちゃうんじゃないかな。
共産主義なんて、唯物論と生産力至上主義で、ダメなのはわかっているけど、復古的な価値観を唱える平沼さんあたり、「お金より大切なものがある」って言ってくれると、さすが筋の通った保守は違うって思えるのに、原発に対する態度なんか見てると、全然ダメだってわかっちゃう。
環境を守るって、保守主義の最たるものだと思うんだけどな。

見かけ上の右派・左派なんてジャンル分けにだまされず、80数年後の22世紀にはいまよりずっとキレイな空気と国土を残すことに尽力してくれる個々の政治家や政党に投票したいと思う本日の選挙なのです。

昨日結婚式を挙げた長男が、自分と同じ年齢になったときに、美しく住んだ青空を見られるようにと、そんな祈りを込めて、スピーチした。

美しい青空と汚染されていない国土。この二つのモノがあれば、どんなに貧乏でも明日への希望はいくらでもわいてくる。
タイトルは忘れたけど、若い頃読んだキリスト者内村鑑三か矢内原忠雄の本に、そんな本があった遠い記憶がある。
隅田川の対岸にそびえる巨大なバベルの塔を眺めながら、チャペルで牧師さんの説教を聞いている時に、ふとそんな記憶が脳裏をよぎった。

Photo

反原発を唱えるちゃんとした右翼の鈴木邦男さんとの対談本がよかったので、本日は坂本龍一のKOKOな気分。

« 「晴耕雨読」って言葉が言葉があるけど、自分の場合は、どちらかというと土いじりより、工作が好きなので、「晴工雨読」だよなあ。なんて、思う。 | トップページ | 中野翠の『千円贅沢』どころか、千円札三枚渡して、やっとお釣りがもらえるような高価な靴下。自分史上最高値の高級な靴下。 会社帰りに立ち寄る街文京区の根津に靴下工場があるというのもうれしい。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 「晴耕雨読」って言葉が言葉があるけど、自分の場合は、どちらかというと土いじりより、工作が好きなので、「晴工雨読」だよなあ。なんて、思う。 | トップページ | 中野翠の『千円贅沢』どころか、千円札三枚渡して、やっとお釣りがもらえるような高価な靴下。自分史上最高値の高級な靴下。 会社帰りに立ち寄る街文京区の根津に靴下工場があるというのもうれしい。 »

最近のトラックバック

最近の記事

最近のコメント

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31