交流している団体のリンク

  • 流山市立博物館友の会
    ブログ主が所属する千葉県東葛飾地域で活動する文化団体。発足から50年近く郷土史の掘り起こしを中心に、様々な活動を展開している。
  • ダムダン空間工作所
    建築家石山修武氏が創設した建築設計事務所。那須のセルフビルドでは多大なご支援をいただきました。
  • 開拓工務店
    自宅のリフォームでDIY作業に協力してくれました。カナダで修行してきた棟梁のユニークな感性が光ります。
無料ブログはココログ
フォト

« 那須高原でやったように「呑んだら作れ!作ったら呑め!」ってランチタイムからビールが登場する男同士のDIYも楽しかったけど、女性も加わったモリスの言う「レッサーアート」としてのDIYはもっと楽しい。 | トップページ | ひとつの家族の小さな歴史に、戦後日本の様々な社会問題が影を落としていることを、改めて今痛感している。 »

2014年11月 3日 (月)

濡れ縁としては役目を終えても、違う部分に使えば、まだまだ現役で、息を吹き返す。 10年の歳月だけが醸し出す味って奴は、金では買えない価値。 捨ててしまうにはもったいない。

連休三日目。
今日は昨日の続きで、デッキ部分の補修。
すでに加工済みのランバーの取り付けだけだからと、
軽く考えていたのに、荷物をどけて、確認したところ、
塗装済みのランバーが長すぎたことに気づく。
早速、木材カットが加わって、一手間増えて、午後まで仕事がずれ込んだ。
新しいモノを作ることに比べて、いまあるモノを直すのは、冒険だなあと思う。
予期せぬアクシデントが、降ってわいたように発生する。
何が登場するのかわからない不安が、常につきまとう。

それでもなんとか、午後3時過ぎに完成。
オスモカラーを厚く塗りすぎたらしく、未だに乾ききっていないのが辛い。
いい塗料だけど、使いながら適量を把握してゆくしかない。

Photo

取り外した古材は、腐った部分を取り除いて、再生させる。
濡れ縁としては役目を終えても、違う部分に使えば、まだまだ現役で、息を吹き返す。
10年の歳月だけが醸し出す味って奴は、金では買えない価値。
捨ててしまうにはもったいない。
研磨材の入った不織布で、ゴシゴシこすると、汚れが取れて、いい感じの古材に変身した。
この古材で何を作ろうか考えるのが楽しみ。
先日覗いた東金町のリサイクル建材の店、柳沢商店で残りの材料を仕入れてもいいな。

今回は一階の濡れ縁とデッキを直したけど、二階の北側バルコニーも痛みが激しい。
二階なので、足場なしの工事は難しくなるが、早めにやらないと危険だ。
長い間あちこち飛び回って、家が傷むのを見て見ぬふりをしていたツケが一気に回ってきたようだ。
冬になって雪が降る前に、始めよう。
これから、まだまだ大忙しだ。

昨日から、バーズとディランにかわって、ビーチボーイズがマイブーム。

break away from
That empty life and
My world is new

って、カール・ウィルソンが歌うBreak Away。
ブライアンがドロップアウトして、人気が下降線をたどった時期の地味な曲だけど、
かなり好き。ホントに好き。日曜の終わりをこの曲で気分良く終わりたい。

« 那須高原でやったように「呑んだら作れ!作ったら呑め!」ってランチタイムからビールが登場する男同士のDIYも楽しかったけど、女性も加わったモリスの言う「レッサーアート」としてのDIYはもっと楽しい。 | トップページ | ひとつの家族の小さな歴史に、戦後日本の様々な社会問題が影を落としていることを、改めて今痛感している。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 那須高原でやったように「呑んだら作れ!作ったら呑め!」ってランチタイムからビールが登場する男同士のDIYも楽しかったけど、女性も加わったモリスの言う「レッサーアート」としてのDIYはもっと楽しい。 | トップページ | ひとつの家族の小さな歴史に、戦後日本の様々な社会問題が影を落としていることを、改めて今痛感している。 »

最近のトラックバック

最近のコメント

2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31