所属する団体と仲間たちのリンク

無料ブログはココログ
フォト

« さあ、これから赤瀬川原平全著作読破という目標が出来た。 老後の楽しみが一つ増えた。 | トップページ | 那須高原でやったように「呑んだら作れ!作ったら呑め!」ってランチタイムからビールが登場する男同士のDIYも楽しかったけど、女性も加わったモリスの言う「レッサーアート」としてのDIYはもっと楽しい。 »

2014年11月 1日 (土)

こうして、日曜日の江戸が終わり、月曜日の明治が始まる。

高月美樹さんの『和暦日々是好日』によれば、「第五十三候 小雨、時々ふる」とある。

あさから静かな雨が降ったり、やんだり。

昨日は以前から会員になっている仙台羅須地人協会の東京支部

(通称東京・羅須地人協会)が始まるというので、神田の会合に参加してきた。

先日のエントリにも書いたように、今は人様と協力して何か大きなことをやるより、

普段の暮らしの見直しによって、自分の内面というフロンティアを発見することに強い関心がある。
参加すべきかどうか迷ったが、このプロジェクトの精神的な柱が、宮沢賢治と並んで長年探求しているウィリアム・モリス。

しかも普段の「暮らしや働き方の見直しの提案」を主要なテーマの一つに掲げている。

コンビニエンスストアでの仕事に絶望して以来25年間、自分にとって一番大事にしてきたテーマに深く関係するプロジェクトを知人が始めた訳だから、これも何かの縁かと思い
恐る恐る参加してみた。

結論から書くと、とても素敵な会合だった。
一座の中心にいる御年80歳超えの経済学者大内秀明先生の若さに驚かされた。
何を食べて、どういう暮らし方をすれば、あんなに色つや良く、元気でいられるんだろう。

大内先生の本で最初に買ったのは、この本だったけど、画期的な本だった。
モリスの関係書籍は20年以上前に平凡社から長谷川堯『建築逍遙』という好著が出てから、長いこと、あまりいい本が出なくて、どれを読んでも似たり寄ったり。
モリスに対する関心も徐々に薄れていた矢先に、大内先生の本が出て、パッと視界が開けたような気分になったことを思い出す。

そんなことを思っていたら、『ユートピアだより』に登場する22世紀の英国人たちが、実年齢よりもずっと若く見えるという話を思い出した。
この会合はモリスが描いたユートピアが一つのテーマであり、大内先生は『ユートピアだより』を自ら地で行っていると考えたら合点がゆく。

ブログを一新して、たった一人立つと考えて、懇意にしている人たちのウェブサイトまで削除して、リンクを張るのは止めにしたのに、新たに仙台羅須地人協会のリンクを作ってしまった。それくらい、気持ちのいい会合だった。

東京・羅須地人協会がテーマとする「東北の復興に連帯する文明の転換的生き方」は、まさに拙ブログが追い求めていた課題そのもの。
江戸期より昔まで立ち返って考えてみよう、という意見もあったが、一番身近な前近代が江戸時代だから、たまには江戸時代が終わる時点まで立ち返ってみることも必要かなと思う。

それなら、杉浦日向子が彰義隊の最期を描いた『合葬』などどうだろう。



こうして、日曜日の江戸が終わり、月曜日の明治が始まる。

今朝はイーハトーブのくにへ捧げる曲、たまにはユーミンなど。

« さあ、これから赤瀬川原平全著作読破という目標が出来た。 老後の楽しみが一つ増えた。 | トップページ | 那須高原でやったように「呑んだら作れ!作ったら呑め!」ってランチタイムからビールが登場する男同士のDIYも楽しかったけど、女性も加わったモリスの言う「レッサーアート」としてのDIYはもっと楽しい。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1353509/57850285

この記事へのトラックバック一覧です: こうして、日曜日の江戸が終わり、月曜日の明治が始まる。:

« さあ、これから赤瀬川原平全著作読破という目標が出来た。 老後の楽しみが一つ増えた。 | トップページ | 那須高原でやったように「呑んだら作れ!作ったら呑め!」ってランチタイムからビールが登場する男同士のDIYも楽しかったけど、女性も加わったモリスの言う「レッサーアート」としてのDIYはもっと楽しい。 »

最近のトラックバック

最近の記事

最近のコメント

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31