所属する団体と仲間たちのリンク

無料ブログはココログ
フォト

« いま考えていることを断固として語りたまえ。そして明日は、たとえ今日いったこのすべてと矛盾していても、そのときに考えていることを断固として語るのだ。 | トップページ | 「近頃の若者は」って、批判的に言われることが多いけど、 ここに出てくる若者たちは、みんな上手にDIYを暮らしに取り入れているなあと感心してしまう。 »

2014年10月25日 (土)

ライフスタイル系の雑誌を見ると、どれも同じように、まったりだの、ほっこりだの、ロハスだの、スローなんとかだの、テンプレートのような表現と、同じような書き手。もううんざりです。

「ラジカルデザインへのいざない」というヘンテコなタイトルは早世した小野二郎の著書『ウィリアム・モリス ラディカル・デザインの思想』にインスパイアされて名付けた。

大企業がより多くの売り上げをあげるための広告や、あるいは為政者が隠された意図を誤魔化して、大衆を操作するために、デザイン会社や広告会社がやっている活動をデザインと呼ぶなら、モリスはデザイナーですらないと思う。

根源的に自分たちの暮らしを取り巻く環境に異議申し立てをしてゆく不断の活動が、ぼくの考えるラジカルデザイン。別の言葉で言い換えれば、DIYと呼ぶことも出来るかもしれない。

そして、ラジカルデザインから一歩進んで、自分に残された余命を考えて、やらずに死んで一番心残りなのは何だろうって考えたら、建築史学者だった藤森照信が自ら設計を始めたように、自分でも狭義のデザインや表現活動をやってみたくなった。
もちろん業務ではなく、趣味ですが。

昨今のデザイナーさんたちの仕事に不満がつのるばかり。
ライフスタイル系の雑誌を見ると、どれも同じように、まったりだの、ほっこりだの、ロハスだの、スローなんとかだの、テンプレートのような表現と、同じような書き手。もううんざりです。
平賀源内や山東京伝のようなトンデモナイ奴、どうして出てこないんだろう。

晶文社を作った小野二郎の著作もそうだけど、小野二郎の下で編集者をやっていた津野海太郎さんの『小さなメディアの必要』という本に、三郷市の早稲田図書館で出会った時、目の前が大きく開けたような気がした。
けけど、出会ってから25年間ほとんど何も出来なかった。
やっと、この本が大好きだって、自信を持って書ける。

オリジナルの犀の本は絶版だけど、無料で電子本が読めるので、リンクを張ります。

無料版『小さなメディアの必要』

こうして、ゆっくりと新しい小さなメディア「ラジカルデザインへのいざない」の世界を作ってゆけばいい。

米米CLUBじゃないよ。 80年代密かに好きだったTom Tom Club  -  Wordy Rappinghood 

« いま考えていることを断固として語りたまえ。そして明日は、たとえ今日いったこのすべてと矛盾していても、そのときに考えていることを断固として語るのだ。 | トップページ | 「近頃の若者は」って、批判的に言われることが多いけど、 ここに出てくる若者たちは、みんな上手にDIYを暮らしに取り入れているなあと感心してしまう。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« いま考えていることを断固として語りたまえ。そして明日は、たとえ今日いったこのすべてと矛盾していても、そのときに考えていることを断固として語るのだ。 | トップページ | 「近頃の若者は」って、批判的に言われることが多いけど、 ここに出てくる若者たちは、みんな上手にDIYを暮らしに取り入れているなあと感心してしまう。 »

最近のトラックバック

最近の記事

最近のコメント

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31