所属する団体と仲間たちのリンク

無料ブログはココログ
フォト

« 懐かしい音楽、懐かしい友達、そして明日への希望 | トップページ | まさか、ポートランドのDIY文化がソローやエマソンを媒介に自分の書いた本に繋がってくるとは…。 »

2014年9月28日 (日)

今は21世紀だというのに、ヘイトスピーチとデモを一緒にするような政治家が跋扈し、公共放送のトップが「政府が右ということを左というわけにはいかない」などと宣うぼくたちの国と、「自分らしさを自由に表現する手段として、ZINEという自分のメディアを、“DIY”する。」ZINEカルチャーを育んだアメリカという国。 あなたは、どっちの国の未来に希望を見出しますか。

「最近、アメリカのポートランドが面白いらしいよ」って友達から聞いたので
少し興味がわいて、いろいろ調べ始めたら、ホントに面白いことになってる。

「アーバンネイバーフッド」ポートランドに行ってみた

「大量生産、大量消費、大量廃棄」の現代文明に何の疑問も持たず、エネルギーとジャンクフードをがぶ飲みするお馬鹿なアメリカ人なんて、古くさいステロタイプなイメージをくつがえす、ライフスタイル先進都市がアメリカに出来ていた。

雑誌「スペクテイター FROM OREGON WITH DIY」に詳しいレポ―トがあるが、

DIY文化が発達しており、古材の流通センターがあったり、自動車のかわりに自転車が主要な交通手段になっていたり、いろいろ興味深いけど、個人的にはZINEの文化が根付いているところに、強く惹かれた。

DIY精神が根付く街、ポートランドのZINEカルチャーを見てみよう

ポートランドは、州憲法により、表現の自由が広く認められている、オレゴン州の最大都市。また、欲しいものは自分でつくり、生活をより豊かに楽しむ「DIY精神」が、深く根付いている街でもあります。

ポートランドを取材したキュレーターの松岡由希子さんによれば、そういうことらしい。
今更だが、こういうアメリカがあることを再認識してちょっと反省し、そして嬉しくなった。

今は21世紀だというのに、ヘイトスピーチとデモを一緒くたにするような政治家が跋扈し、公共放送のトップが「政府が右ということを左というわけにはいかない」などと宣うぼくたちの国と、「自分らしさを自由に表現する手段として、ZINEという自分のメディアを、“DIY”する。」ZINEカルチャーを育んだアメリカという国。

あなたは、どっちの国の未来に希望を見出しますか。

「小さな集まりのためのガイド」がコンセプトのポートランドを代表するライフスタイルマガジン「KINFOLK」を紹介するサイトを見ていたら、モノ・フォンタナというミュージシャンを発見した。
ピアノを中心として、コラージュのようにいろいろな音が積み重ねられてるのに、不思議な静謐を感じる。

「KINFOLK」のビジュアルとマッチしそうな気持ちのいい音楽だ。

« 懐かしい音楽、懐かしい友達、そして明日への希望 | トップページ | まさか、ポートランドのDIY文化がソローやエマソンを媒介に自分の書いた本に繋がってくるとは…。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 懐かしい音楽、懐かしい友達、そして明日への希望 | トップページ | まさか、ポートランドのDIY文化がソローやエマソンを媒介に自分の書いた本に繋がってくるとは…。 »

最近のトラックバック

最近の記事

最近のコメント

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31