交流している団体のリンク

  • 流山市立博物館友の会
    ブログ主が所属する千葉県東葛飾地域で活動する文化団体。発足から50年近く郷土史の掘り起こしを中心に、様々な活動を展開している。
  • ダムダン空間工作所
    建築家石山修武氏が創設した建築設計事務所。那須のセルフビルドでは多大なご支援をいただきました。
  • 開拓工務店
    自宅のリフォームでDIY作業に協力してくれました。カナダで修行してきた棟梁のユニークな感性が光ります。
無料ブログはココログ
フォト

« いまの時代にジョン・サイモンの感覚って、ぴったりかもしれないからね。 | トップページ | いとうさんの言う「身を低くして見上げて静かに扱ってきたもの」を甘く見ないほうがいいよ。 »

2014年9月15日 (月)

大事なお客さんが来るので、昨日は、しばらく 本格的な掃除をしていなかった我が家を大掃除した。

大事なお客さんが来るので、昨日は、しばらく 本格的な掃除をしていなかった我が家を大掃除した。

なんだか、気持ちまでリフレッシュして、大げさに言うと明鏡止水な気分だ。

なんとなく 間があいてしまった 友達と再会すること
買ったまま本棚に放り込んだままになっている 本を読むこと

どれも素敵だ。
よどんだ心の中にフレッシュエアが入ってくるようで爽快。

テレビを見ていたら、流山の特集をやっていた。
呉服屋新川屋のご主人や、料亭柳家の若女将
面識のある人たちとテレビの画面で再会するのも、また不思議。

再会と言えば、ピンクレディーや上田知華 ジャンルは違えど、ぼくと同年の生まれで、20代に一世を風靡した女性たちが人生の折り返し点を過ぎて、活動を再開するのが嬉しい。

そんな復活をとげた女性の中の一人が、ジューシー・フルーツのイリア


そりゃ、寄る年波には勝てず、あの美貌もだいぶ小じわが目立つようになったのは仕方ない。それでも出てきたというのが素敵だ。
この人、ホントに音楽が、ギターが好きだったんだって、改めて思った。
そして、もしかすると、何かやり残した感が、あったのかもしれない。
新曲も出たという。

先日、同級生が亡くなったばかり。
少しずつ、少しずつ、みんな旅だってゆく。
うん。年齢なんか関係ない。
人生最後の日に、悔いを残さぬように、早速今日から、やり切ることだけ考えてみよう。

« いまの時代にジョン・サイモンの感覚って、ぴったりかもしれないからね。 | トップページ | いとうさんの言う「身を低くして見上げて静かに扱ってきたもの」を甘く見ないほうがいいよ。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« いまの時代にジョン・サイモンの感覚って、ぴったりかもしれないからね。 | トップページ | いとうさんの言う「身を低くして見上げて静かに扱ってきたもの」を甘く見ないほうがいいよ。 »

最近のトラックバック

最近のコメント

2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31