所属する団体と仲間たちのリンク

無料ブログはココログ
フォト

« きっと、土浦の家々に残る古いアルバムには、こんな美しい南田洋子の写真が眠っているに違いない。 | トップページ | いまの時代にジョン・サイモンの感覚って、ぴったりかもしれないからね。 »

2014年8月31日 (日)

都道府県別魅力度ランキング最下位というのも、なるほどと納得する。 自分で情報を取りに行かない、軽佻浮薄な現代人に、茨城の魅力などわかりゃしない。 いや、わかられちゃ困る。このブログを読んでいる人以外には。

長い間、行ってみたいと思っていた笠間に、昨日はじめて行った。
友人から、「益子よりいいよ」って聞いていたけど、何か用事がないと、なかなか行けないもんでしょ。

回廊ギャラリー門で、陶芸家高橋協子さんの個展と、パートナーの寿夢子(山口由美)さんによる昔語りのイベントがあるということで、「土浦懐かしき未来塾」の仲間に誘われて、
ヒョコヒョコ付いていった。

さっそく、笠間芸術の森公園から見下ろすと、小高い丘が連続して水墨画のような景観に引き込まれる。
まるで、隠れ里に入り込んだような気分で、いつまでもここに佇んでいたくなる。
案内してくれた女性Nさんが、この町に通う気持ちがよくわかる。

そんな笠間の中でも、一際目をひくハイセンスな空間回廊ギャラリー門で、古い民話を聞くのである。
公式ウェブサイトより詳しい紹介のあるサイトを見つけた。

回廊ギャラリー門

まるで土浦から来た我々一行を歓迎するかのように、玄関の前でハスの花がお出迎え。

201408301

20140830_3

回廊を吹き抜ける穏やかな風が、たまらなく心地よく、強い日差しを優しくしてくれる。
拍子木が鳴って、昔語りのイベントが始まると、昨日まで灰色のビル街で忙しなく働いている普段の会社員生活を忘れ、幻想的な物語の世界に浸り、心が解放されて行く。

寿夢子さん、高橋協子さん、ふたりのコラボレーションを堪能した後、
笠間の町を散策する。

先週、江戸期の俳人で画家である与謝蕪村について、少しだけ学んだ。

20代の若き日、今の茨城県で暮らした蕪村もこんな景色をみたのだろうか。

そして、牛久の小川芋銭研究センターで北畠先生から与謝蕪村と、その最大の継承者小川芋銭の関係について教えていただいたことを思い出した。

小川芋銭研究センター

知れば知るほど、茨城は面白い。そして、深い。
急ぎ足で観光しようとすると、薄っぺらで安っぽい部分しか見えない。
ところが、ひとたび、腰を据えて入って行くと、興味の尽きない土地であることに気づく。
あまり知られていないのは、首都圏の都市と違って、情報を発信する力が不足しているだけだ。

都道府県別魅力度ランキング最下位というのも、なるほどと納得する。
自分で情報を取りに行かない、軽佻浮薄な現代人に、茨城の魅力などわかりゃしない。
いや、わかられちゃ困る。このブログを読んでいる人以外には。

さあ、感度の鈍い人たちが注目していない今のうちに、土浦を拠点に、牛久や笠間で、あるいは霞ヶ浦周辺の水郷地域で遊ぶ贅沢を楽しみましょう。こっそりとね。

« きっと、土浦の家々に残る古いアルバムには、こんな美しい南田洋子の写真が眠っているに違いない。 | トップページ | いまの時代にジョン・サイモンの感覚って、ぴったりかもしれないからね。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

回廊ギャラリーで民話はいいですね!
私もこのギャラリー大好きです。
今度詳しく教えてください。

デンゾーさん。コメントありがとうございます。ブログでコメントをもらうとホントに嬉しいですね。FBよりハードル高いですからね。やはり「門」お好きでしたか。店主の女性とも話しましたが、栗原さんのことは知らなかったみたい。「キララ館」にはしっかりと資料がありました。作品は在庫切れでしたが。あの公園は素晴らしいですね。何度でも行きたくなります。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« きっと、土浦の家々に残る古いアルバムには、こんな美しい南田洋子の写真が眠っているに違いない。 | トップページ | いまの時代にジョン・サイモンの感覚って、ぴったりかもしれないからね。 »

最近のトラックバック

最近の記事

最近のコメント

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30