交流している団体のリンク

  • 流山市立博物館友の会
    ブログ主が所属する千葉県東葛飾地域で活動する文化団体。発足から50年近く郷土史の掘り起こしを中心に、様々な活動を展開している。
  • ダムダン空間工作所
    建築家石山修武氏が創設した建築設計事務所。那須のセルフビルドでは多大なご支援をいただきました。
  • 開拓工務店
    自宅のリフォームでDIY作業に協力してくれました。カナダで修行してきた棟梁のユニークな感性が光ります。
無料ブログはココログ
フォト

« 水丸さんのお陰で、土浦を歩いて、びびっとくるモノを感じ、それ以来、ワアワア言ってるのが、単なる地元びいきとは違うんだって、再認識した。ちょっとうれしい。 | トップページ | 新しい蔵書空間を作りたいので、2年ぶりの曝書をしたら、脳みそまでリフレッシュした感じだ。 »

2014年7月21日 (月)

細野さんのバックでコーラスをつけた大瀧詠一さんが亡くなって初めての夏は、この歌もまるで鎮魂歌のようにきこえてしまう。

毎年、夏が来ると、この曲が聴きたくなる。
はっぴいえんどの「夏なんです」

このブログでも、何度も登場しているような気がする。
まあ、MY歳時記ってことで、ご了承ください。
これ、聴かないとぼくの夏が来ないのです。

たしかはじめて聴いたのが、はっぴいえんどが解散した年。16歳の夏だったと思う。
そう考えると、もう40年以上も聴いているのか。

子どもの頃、夏休みになると茨城の田舎で一ヶ月以上過ごした。
この歌を聴くと、そんな子ども時代の夏休みの光景が心に浮かんで、切ない気持ちになる。
松本隆が描く心象風景が見事。

霞ヶ浦の上空には、「もんもんもこもこの入道雲です」

細野さんのバックでコーラスをつけた大瀧詠一さんが亡くなって初めての夏は、この歌もまるで鎮魂歌のようにきこえてしまう。

もうすぐ、「ぎんぎんぎらぎらの夏なんです」

« 水丸さんのお陰で、土浦を歩いて、びびっとくるモノを感じ、それ以来、ワアワア言ってるのが、単なる地元びいきとは違うんだって、再認識した。ちょっとうれしい。 | トップページ | 新しい蔵書空間を作りたいので、2年ぶりの曝書をしたら、脳みそまでリフレッシュした感じだ。 »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 水丸さんのお陰で、土浦を歩いて、びびっとくるモノを感じ、それ以来、ワアワア言ってるのが、単なる地元びいきとは違うんだって、再認識した。ちょっとうれしい。 | トップページ | 新しい蔵書空間を作りたいので、2年ぶりの曝書をしたら、脳みそまでリフレッシュした感じだ。 »

最近のトラックバック

最近のコメント

2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31