交流している団体のリンク

  • 流山市立博物館友の会
    ブログ主が所属する千葉県東葛飾地域で活動する文化団体。発足から50年近く郷土史の掘り起こしを中心に、様々な活動を展開している。
  • ダムダン空間工作所
    建築家石山修武氏が創設した建築設計事務所。那須のセルフビルドでは多大なご支援をいただきました。
  • 開拓工務店
    自宅のリフォームでDIY作業に協力してくれました。カナダで修行してきた棟梁のユニークな感性が光ります。
無料ブログはココログ
フォト

« 細野さんのバックでコーラスをつけた大瀧詠一さんが亡くなって初めての夏は、この歌もまるで鎮魂歌のようにきこえてしまう。 | トップページ | 偉い人たちよ、霞ヶ関や永田町界隈で、蠢いている時間があったら、坂を下りて日本の隅々まで、自分の足で歩いてごらん。ローカル線やバスに乗って。 »

2014年7月28日 (月)

新しい蔵書空間を作りたいので、2年ぶりの曝書をしたら、脳みそまでリフレッシュした感じだ。

金曜日、土曜日と連日、土浦に出かけて、今日も出かけて、3連休をとったのに、
慌ただしい三日間。
ブログを書く暇もなく、もう23時すぎだ。
30数年ぶりに高校時代の部活仲間と会うことになったり、
全く新しい人との出会いがあったり、
毎日がダイナミックに動いていて、なんだか先が読めない状況になっている。
けれども、歳をとった分だけ、賢くなって、軸足がぶれないから周りがよく見える。
曝書という言葉があって、本を日干しすることらしい。
転じて、本棚の整理を行うことも曝書の一つ。
こんど、新しく仲間と本を作ることになりそうだ。
この2年間、曝書をせず、何をやろうか、ウダウダしていたが、やっと方向が決まった。
新しい蔵書空間を作りたいので、2年ぶりの曝書をしたら、脳みそまでリフレッシュした感じだ。
ちょっと疲れたので、今日はここまで。

BGMは一緒に本を作る仲間が好きだって言ってくれたバッファロー・スプリングフィールドの「オン・ザ・ウェイ・ホーム」を、ニール・ヤングのソロライブバージョンで。
こうして静かに真夏の夜は更けてゆくのです。

« 細野さんのバックでコーラスをつけた大瀧詠一さんが亡くなって初めての夏は、この歌もまるで鎮魂歌のようにきこえてしまう。 | トップページ | 偉い人たちよ、霞ヶ関や永田町界隈で、蠢いている時間があったら、坂を下りて日本の隅々まで、自分の足で歩いてごらん。ローカル線やバスに乗って。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 細野さんのバックでコーラスをつけた大瀧詠一さんが亡くなって初めての夏は、この歌もまるで鎮魂歌のようにきこえてしまう。 | トップページ | 偉い人たちよ、霞ヶ関や永田町界隈で、蠢いている時間があったら、坂を下りて日本の隅々まで、自分の足で歩いてごらん。ローカル線やバスに乗って。 »

最近のトラックバック

最近のコメント

2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31