所属する団体と仲間たちのリンク

無料ブログはココログ
フォト

« なにしろ主人公の谷文晁って、俺が住んでた200年前に、同じ町下谷根岸で生まれたというのだ。 そうなりゃ、もうご近所のおじさん。 | トップページ | グラミー賞に輝いた『ミズーリの空高く』など、ヘイデンの参加したアルバムを何枚か持っているけど、どれも共通したシンプルな美しさと深みを感じさせる作品ばかりだ。 ものすごく、センスのいい人だったんだと思う。 »

2014年7月 6日 (日)

この異常なメガロポリスに飼い慣らされないように、いつまでも違和感を感じる感受性を維持できるように、地方都市に、自分にとっては懐かしき記憶のある土浦に通い続けるのだろう。

まるでリゾート地のような幕末の江戸が描かれた広重の「江戸百」を見るたびに、翻っていまの東京の異常な過密都市化に、つくづく嫌気がさす。
少々過密でも、こんな白壁が並び、町中で七夕を祝うような東京なら素敵なのに。

Photo

例えば、ぼくが小さい頃住んでいた台東区の金杉地区は幕末こんな感じだった。

Photo_2

松戸に住んで、東京で仕事をするライフスタイルを続けていると見えなかったことが、土浦にひんぱんに通うようになって、よく見えてきた。

いままで、東京で育って、千葉、埼玉に住んだだけ。首都圏を出たことすらない。
松戸市は人口48万で、茨城の県都水戸市の27万のほぼ2倍。
自分のイメージでは県南最大の都市だと思っていた土浦が14万で、松戸の隣の小都市流山市の17万に比べても、3万人も少ない。

そう。地方はびっくりするほど、人が少ないのだ。
「仕事がない」というのがその主な理由だろう。
だけど、そろそろみんな疲れだしている。
いや、そんなことないか。疲れてるのはぼくだけかな。

昨日書いたガンジーではないが、この異常なメガロポリスに飼い慣らされないように、いつまでも違和感を感じる感受性を維持できるように、地方都市に、自分にとっては懐かしき記憶のある土浦に通い続けるのだろう。
こんな素敵な詩があったことを思い出した。

自分の感受性くらい

                       茨木のり子
      
      ぱさぱさに乾いてゆく心を
      ひとのせいにはするな
      みずから水やりを怠っておいて
      
      気難しくなってきたのを
      友人のせいにはするな
      しなやかさを失ったのはどちらなのか
      
      苛立つのを
      近親のせいにはするな
      なにもかも下手だったのはわたくし
      
      初心消えかかるのを
      暮らしのせいにはするな
      そもそもが ひよわな志しにすぎなかった
      
      駄目なことの一切を
      時代のせいにはするな
      わずかに光る尊厳の放棄
      
      自分の感受性くらい
      自分で守れ
      ばかものよ
      

35年くらい前、大阪からレコードデビューして、あっという間に解散したスターキング・デリシャスというR&Bのバンドを思い出していたら、そんなことを書きたくなった。

ボーカルの大上留利子さんは、いまでも大阪の歌のおばちゃんとして、ボーカル教室をやっているらしい。

後年大阪から綾戸智恵が出てくるずっと前に、綾戸智恵よりずっとソウルフルな歌を聴かせてくれて、そのままずっと大阪に留まって、歌のおばちゃんとして生きている大上さんの生き方が、ぼくにはかっこよく見える。

« なにしろ主人公の谷文晁って、俺が住んでた200年前に、同じ町下谷根岸で生まれたというのだ。 そうなりゃ、もうご近所のおじさん。 | トップページ | グラミー賞に輝いた『ミズーリの空高く』など、ヘイデンの参加したアルバムを何枚か持っているけど、どれも共通したシンプルな美しさと深みを感じさせる作品ばかりだ。 ものすごく、センスのいい人だったんだと思う。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

東京の周りの都市はそこそこ人がいるのになかなか栄えないですよね。
それは、ちょっと電車に乗って東京に行くと何でもあって
買い物だって選ぶ楽しみが増える。
だから、人が住んでるわりにお金が落ちてこない。
それが松戸や市川でもその影響を受けてしまうんですね。
それが、土浦だとその傾向がもっと強くて、
なお人口も少ないとなると過疎化がさらに進んでしまう
悪循環になってしまいますよね。
だから、アンチ東京を掲げて個性的な町づくりをするしかないのでは?
でもみんなわかっているけどなかなかアイデアがでないんですよね。
土浦は逆に考えると東京に近いことを武器に
東京から人が呼べるような魅力的なものを作れればいいと思うのですが…。
具現化するのは相当難しいし、時間がかかりそうですね。
皆さんで知恵をだしてがんばってください。
応援しています。

デンゾーさん。コメントありがとうございます。SCを全国展開するイオングループの悪口を言うのは簡単ですけど、それでは何も解決しないですね。土浦なら、東京は無理でも、人口が急増しているTX沿線から人が呼べるような町を作っていこうと、いろいろやってます。まずは、町の魅力再発見を目指して、いろいろな人材を集めているところです。14万人程度の小さな町なので、風通しの良さにびっくりします。

ご無沙汰しております。忙しく活動しているようで何より、俺の方は袋かけが終わり一区切りついたところ。八月末の開園までは都合がつけやすい。そこで君の気が向いたらの話だが、片山と三人でビールでもどうかな?もしその気になったら、携帯電話にメールを入れてくれないか。携帯電話の番号は年賀状に記載していたと思うので確認してほしい。このメールアドレスは実家のものなので、月に数回しかチェックできない。長瀞にもネット環境を整えたいのだが、なかなか踏み切れないでいる。再会を楽しみにしている。

岩間君。連絡ありがとう。激務で体も心もボロボロです。こんな状態が8月初旬まで続くけど、それを過ぎればOKです。連絡します。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« なにしろ主人公の谷文晁って、俺が住んでた200年前に、同じ町下谷根岸で生まれたというのだ。 そうなりゃ、もうご近所のおじさん。 | トップページ | グラミー賞に輝いた『ミズーリの空高く』など、ヘイデンの参加したアルバムを何枚か持っているけど、どれも共通したシンプルな美しさと深みを感じさせる作品ばかりだ。 ものすごく、センスのいい人だったんだと思う。 »

最近のトラックバック

最近の記事

最近のコメント

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30