所属する団体と仲間たちのリンク

無料ブログはココログ
フォト

« 仲間と協力して、土浦で「土浦懐かしき未来塾」をほそぼそと立ち上げたのも、まさに高橋敏さんの言う「江戸の教育力」に、ほんの少しでも近づきたいと思ったから。 | トップページ | モーツァルトの「きらきら星変奏曲」。 聴くたびに心ワクワクになる名曲。 ああ、こんな曲を聴きながら「キララちゃんバス」に乗って、霞ヶ浦の上に広がる星空を眺めに行きたい。 »

2014年6月28日 (土)

懐かしき未来人たちに会いに行こう。 きっと、そこで出会う人たちが、二二世紀になっても、世界中の人々から畏敬と羨望のまなざしを向けられる「良き日本人」なのだと思うから。

昨日は、久しぶりに仕事を定時で切り上げ、日暮里から勝田行きの電車に飛び乗り、土浦へ。
「土浦懐かしき未来塾」の会合に参加した。
新メンバーが二人。
落語に造詣の深い方々で、落語談義に花が咲く。

ちょうど二年前に、こんなことを書いた。

胸くそ悪くなるドジョウ君のことなど、しばし忘れて、今夜も落語で眠りたい。

ドジョウ君の暴走で、どんどんダメになる世の中を憂いていた時期すら懐かしく思えるほど

窮屈になる一方の暗い世相の昨今だが、こんな時こそ、落語がいい。

我が心の平安を取り戻すためには落語が欠かせない。

中野翠は『今夜も落語で眠りたい』で、こんな風に書いている。

○とにかく、私は志ん朝さんの高座に接するたび、江戸・明治の都会人が築きあげて来た生活的教養の一大体系を感じ、その幻の町の中に誘い込まれる喜びにしたったのだ。

○一日の終わりに楽しむ娯楽。グデーッと寝そべり、目を閉じ、放心した状態でも楽しめる娯楽。
人生の後半、いや終盤になるほどネウチがわかる娯楽。
いろいろな意味で、落語こそ最終娯楽ーと私は思っている。

日本にはかつて、こういう人たちがいた。

僕の周りにも、あなたの周りにも、いた。

杉浦日向子はこう、書く。

うつくしく、やさしく、おろかなり。そんな時代がかつてあり、人々がいた。そう昔のことではない。わたしたちの記憶の底に、いまも睡っている。

懐かしき未来人たちに会いに行こう。

きっと、そこで出会う人たちが、二二世紀になっても、世界中の人から畏敬と羨望のまなざしを向けられる「良き日本人」なのだと思うから。

 

« 仲間と協力して、土浦で「土浦懐かしき未来塾」をほそぼそと立ち上げたのも、まさに高橋敏さんの言う「江戸の教育力」に、ほんの少しでも近づきたいと思ったから。 | トップページ | モーツァルトの「きらきら星変奏曲」。 聴くたびに心ワクワクになる名曲。 ああ、こんな曲を聴きながら「キララちゃんバス」に乗って、霞ヶ浦の上に広がる星空を眺めに行きたい。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 仲間と協力して、土浦で「土浦懐かしき未来塾」をほそぼそと立ち上げたのも、まさに高橋敏さんの言う「江戸の教育力」に、ほんの少しでも近づきたいと思ったから。 | トップページ | モーツァルトの「きらきら星変奏曲」。 聴くたびに心ワクワクになる名曲。 ああ、こんな曲を聴きながら「キララちゃんバス」に乗って、霞ヶ浦の上に広がる星空を眺めに行きたい。 »

最近のトラックバック

最近の記事

最近のコメント

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31