交流している団体のリンク

  • 流山市立博物館友の会
    ブログ主が所属する千葉県東葛飾地域で活動する文化団体。発足から50年近く郷土史の掘り起こしを中心に、様々な活動を展開している。
  • ダムダン空間工作所
    建築家石山修武氏が創設した建築設計事務所。那須のセルフビルドでは多大なご支援をいただきました。
  • 開拓工務店
    自宅のリフォームでDIY作業に協力してくれました。カナダで修行してきた棟梁のユニークな感性が光ります。
無料ブログはココログ
フォト

« この歌い手さん二人は、日頃どれほど節制して、修練を積んでいるのだろうと考えたら、 生きて、元気な体で、この貴重なライブに遭遇したという事実に、グッときて、涙が出そうになった。 | トップページ | この本の冒頭で、錦糸町から大塚までの都02路線が紹介されてるけど、この感覚、どっかで体験したことある。なんだろうって、考えたら、永井荷風の「深川の唄」だった。 »

2014年5月31日 (土)

低料金のコミュニティバスの観光目的利用って、いいでしょ。 そして、小さな旅のお供には、小さなガイドブックも必要と考えて、作っちゃうことにしました。

昨日は、急いで仕事を切り上げ、夕方土浦へ。
天気はサイコーで、気分も上々。
待望のキララちゃんバスに乗って、45分間の土浦市内観光を体験する。
駅の改札を抜ける瞬間、不思議なことに突然、頭の中でバッファロー・スプリングフィールドの「オン・ザ・ウェイ・ホーム」が鳴り響いた。
ということで、土浦のマイ・テーマソングはこの曲で決まり。

CSN&Yのライブ「4ウェイ・ストリート」では、作曲者のニール・ヤング自身が歌った名曲だが、リッチー・フューレーが歌ったオリジナルバージョンが、心ウキウキで、気分なのだ。

キララちゃんバスは初めて乗るけど、BコースとCコースは多少イメージがわくので、全く足を踏み入れたことのない地域を巡るAコースの「市民会館循環」に乗ることにした。

路線図は下記の通り。

キララちゃんバス

どうですか。45分間もバスに乗って、市内を見て歩いて、たったの100円ですよ。

一日乗車券だって、たったの300円です。

これ利用しない手は、ないでしょう。

バスの出発時刻まで、20分間あったから、のんびりとベンチに腰掛けて、空を眺めた。

Img_2526

低いビルの向こうには、大きく青空が広がる。

こういう、なんてことのない、ぼーっとする時間が貴重だ。

東京では、こんなゆったりした気分で、バスを待つことなどない。

イライラ、せかせか、まだ来ないのかと気をもみながらバスを待つのは、ストレスになる。

実際に走ってみたAコースでは霞ヶ浦に面した土浦港のマリーナを巡るあたりも、花が綺麗で見応えがあるが、何と言っても最後の真鍋地区、善応寺から旧水戸街道に入って、桜橋までの道のりは見事。

旧街道らしく、クランクのカーブが続き、古民家が並ぶ風景が渋い。

葛飾金町の新宿にも同じ様な場所があるが、ほとんど往時の面影を失っていて、虚しくなるばかり。

ここでは、いまだに江戸の旧街道が生きているのがうれしい。

低料金のコミュニティバスの観光目的利用って、いいでしょ。

そして、小さな旅のお供には、小さなガイドブックも必要と考えて、作っちゃうことにしました。

Img_2527

仲間と飲んでるうちに、どんどん、そんな話になって。

こういう展開は、きっと上手くいく。そんな予感があります。

秋には完成する予定です。

さあ、これから忙しくなるぞ。

 

« この歌い手さん二人は、日頃どれほど節制して、修練を積んでいるのだろうと考えたら、 生きて、元気な体で、この貴重なライブに遭遇したという事実に、グッときて、涙が出そうになった。 | トップページ | この本の冒頭で、錦糸町から大塚までの都02路線が紹介されてるけど、この感覚、どっかで体験したことある。なんだろうって、考えたら、永井荷風の「深川の唄」だった。 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« この歌い手さん二人は、日頃どれほど節制して、修練を積んでいるのだろうと考えたら、 生きて、元気な体で、この貴重なライブに遭遇したという事実に、グッときて、涙が出そうになった。 | トップページ | この本の冒頭で、錦糸町から大塚までの都02路線が紹介されてるけど、この感覚、どっかで体験したことある。なんだろうって、考えたら、永井荷風の「深川の唄」だった。 »

最近のトラックバック

最近のコメント

2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31