交流している団体のリンク

  • 流山市立博物館友の会
    ブログ主が所属する千葉県東葛飾地域で活動する文化団体。発足から50年近く郷土史の掘り起こしを中心に、様々な活動を展開している。
  • ダムダン空間工作所
    建築家石山修武氏が創設した建築設計事務所。那須のセルフビルドでは多大なご支援をいただきました。
  • 開拓工務店
    自宅のリフォームでDIY作業に協力してくれました。カナダで修行してきた棟梁のユニークな感性が光ります。
無料ブログはココログ
フォト

« 大沼さんはウェブサイトで「日本の靴文化を土浦から変える」と書いている。 「靴文化」は「足の文化」「歩く文化」に繋がってゆく。 | トップページ | 明治生まれの爺さん達が集まった時だけ生まれる空気感がなんともいえず、いつまでも浸っていたかった。 »

2014年3月28日 (金)

金曜の夜だから、大人っぽくダークなカサンドラ・ウィルソンのいい曲を探したのに、全然、気分が出ないの。

本日、新雅史『商店街はなぜ滅びるのか』(光文社新書)を読了。
光文社って女性雑誌を出してる軟弱な出版社なんて、偏見をもっていたけれど、
最近の「女性自身」や「VERY」なんか見ていると、権力におもねることもなく、
しっかりとした見識をもった骨のある出版社だと知って、ちょっと見直している。

商店街を経済史と社会史の観点から分析した本って、珍しい。
地域や商店街活性化といったテーマの本は建築系を含めて、
うんざりするほど、沢山読んだが、これは一頭地を抜く好著でした。
近代家族の問題を、生業と関連づけて論じるところが、上野千鶴子直伝で、目からウロコ。
ぼくが書いた野田争議と労働者の問題とも、家族・職業といった点で実は通底している問題意識なのです。
全体的にとても面白かったけど、解決策がちょっと弱いので、マイナス1点です。

マジメな話はここで終わり。

でもって、昼休みに、ひとまず、一ヶ月悩んだ小冊子の原稿を書き終えたので、今夜はリラックスして、ウィスキーなど飲んでます、。

金曜の夜だから、大人っぽくダークなカサンドラ・ウィルソンのいい曲を探したのに、全然、気分が出ないの。

カサンドラって、晩秋から冬のイメージだもんな。

それに、基本的に人間がダークじゃないので、こうなったら、ピチカート・ファイブで「春なのに~♪」なんて感じで、行ってみたいと思います。

皆さんよい週末を。



« 大沼さんはウェブサイトで「日本の靴文化を土浦から変える」と書いている。 「靴文化」は「足の文化」「歩く文化」に繋がってゆく。 | トップページ | 明治生まれの爺さん達が集まった時だけ生まれる空気感がなんともいえず、いつまでも浸っていたかった。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 大沼さんはウェブサイトで「日本の靴文化を土浦から変える」と書いている。 「靴文化」は「足の文化」「歩く文化」に繋がってゆく。 | トップページ | 明治生まれの爺さん達が集まった時だけ生まれる空気感がなんともいえず、いつまでも浸っていたかった。 »

最近のトラックバック

最近のコメント

2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31